検索

ニュース・検索結果

【J2:第52節 湘南 vs 柏 柏レポート】「石崎監督4度目の正直」のドラマは起きた! 柏が勝利で2位に上がってJ1昇格を内定。アウェイ・平塚競技場をホームに変えて歓喜の渦! [ J's GOAL ](06.12.02)

12月2日(土) 2006 J2リーグ戦 第52節
湘南 0 - 3 柏 (14:05/平塚/9,704人)
得点者:'33 フランサ(柏)、'53 石川直樹(柏)、'64 リカルジーニョ(柏)
★ハイライト&会見映像は【こちら】
----------

平塚駅から競技場までの木々が、黄色く色づく並木道。今季の最終戦14時キックオフからの90分にドラマを期待し、「勝つしかない」戦いに挑む。昼間といえど空気の冷たさを感じる中、競技場を見渡せばアウェイ側の大半を埋め尽くした柏サポーターの黄色が輝いていた。選手入場時に掲げる『一心同体』パネルが配られ、選手に熱いメッセージが送られる様は、半ば柏のホームかのようだ。

今日の試合には柏の全選手が帯同した。ベンチ入りメンバーがアップする姿を見守る選手会長のMF大谷は、ケガで離脱中の自分が出場出来なかった最終戦の行方を「今年のチーム、やばいくらい本当にいいんですよ!今日は絶対に決めてくれますよ」と笑顔で話してくれた。昨日の練習の雰囲気も楽しく明るく終えて、平塚へと乗り込んだチーム。仙台での神戸戦が気になるが、柏はとにかく「勝つしかない」最終戦。

キックオフの笛が吹かれた。しかし「前半立ち上がりはリズムが悪く、硬かった(石崎監督)」柏は、湘南に攻め込まれる時間帯も多く、GK南のナイスセーブや湘南のシュートがことごとくバーに当たって跳ね返ったことなどに助けられた。実際、シュート数も前半は湘南の半分(湘南10/柏5)。
そんな中で奪ったMFフランサの先制点。柏は1-0とリードして後半に入った。ハーフタイムには、中盤右に入っていたMF谷澤に代えて、DF小林亮が投入され、MF蔵川が1つ前の位置へ。ここから柏は「前へという気持ちで(蔵川)」ペースを掴み出し、前節に続いて「入ったのは、たまたまです!」と言うDF石川のヘディングゴールが決まる。後半8分で2点リード。さらに後半19分、「ここで気を抜くなよと思ってたよ。選手たちもそう思ってくれていて、集中してくれた」と石崎監督が振り返るここ何節かの課題を克服するかのようなMFリカルジーニョの追加点が入り、3-0で守り切って試合終了。

神戸戦の試合結果の確認が遅れたため、試合終了のホイッスルを聞いても微妙な空気が一瞬流れたが、2位を確認した後は両こぶしを天にあげる選手、ピッチにひざまずき喜び叫ぶ選手、ベンチから飛び出す選手やスタッフと肩を抱き合う選手…柏の喜びの姿へと光景を変えた。「今日は後半、耐え切れた事が結果に繋がった(蔵川)」柏が、今季『一心同体』で目指してきた「J1昇格内定」を決めたのだ。

「最後まで何が起るか分からない(蔵川)」と思いながら臨んだ今日の試合だったが、「まさか、こういう結果までとは思ってなかった」と石川。続けて「レイソルの仲の良さが、チームを1つにして昇格に導いてくれたと思う」と話した。本日初スタメンのDF近藤は「ちょうど1年前は松葉杖で降格決定に涙していたが、信じられない。試合終了直前に辛かったときのことも思い出してウルウルきちゃってました」と言葉をつまらせた。
また「嬉しいというかほっと安心したって感じだね」とJ1挑戦で「4度目の正直」を達成した石崎監督は、試合後に「サポーターに、おめでとうございます!と言いたい」とアウェイ側の柏ゴール裏へ進み、感謝の思いを言葉にした。
指揮官を慕って柏に来て、ベテランとして今季のチームを引っ張ってきたDF岡山とMF山根が、そしてキャプテンGK南が、しっかりと抱き合う姿も見られた。手術後ながら、アウェイ神戸戦(11/11)からもチームに帯同していたFW北嶋、昨年多くの選手がチームを離れる中で柏に残り、J2柏を戦い抜いたMF平山、来季の契約が結ばれないと発表されたが柏ジュニアユースから柏で育ってきたFW宇野沢…。選手たちは目を真っ赤にして大泣きしている。サポーターからも「おめでとう!ありがとう!」との声が聞こえ、ここはホームかと思わせるほどの空気が大きく包み込む。
「アウェイなんじゃから、何やっとるんじゃ」と石崎監督が遠慮する中で、岡山に引っ張られた監督が、周りに集まった選手、スタッフ達に囲まれた輪の中から大きく3度、宙に舞った。
「札幌戦でも体が動けてなかったし、スタメンには入らないと思った。チームが勝つ事が今日は第一優先だから。最後にちょっとFWで入れるのを期待してたけど(笑)」と話すDF岡山は、今日は1分もピッチには立たずにベンチから『一心同体』で試合を見守っていた。バスに乗り込む前には「これでサポーターの気持ちに追いつけた。ようやく『同志』になれたと思う。これまではサポーターに引っ張ってもらってる部分が大きかったから。『一心同体』のサポーターのお陰!」としみじみ目を細めて語った。

試合後、選手たちは『一心同体』の気持ちで試合を見つめていた600人のサポーターが待つパブリックビューイング会場・柏サッカー場での「J1昇格内定の祝勝会」へと移動した。チームバスが到着する頃には、ゴール裏とメインスタンドが黄色一色に埋まる約5,000人のサポーターが集まり、セレモニーがスタートした。「昨年の12/10は悔し涙でしたが、今年は嬉し涙です(柏・小野寺社長)」「今日はとにかく飲みましょう!(GK南)」の挨拶の後、石崎監督の乾杯の発声が終わるや否や、選手念願のビールかけがキックオフした。
チームとスタッフとフロントとチームマスコットのレイ君と、そして「どんな時も優しく応援し続けてくれた(MFリカルジーニョ)」サポーターと…ともに喜びあう空気がいつまでも心地よく祝勝会は、終わりを惜しむようにしばらく続いた。「J1へみんなで帰ろう」との誓いを実現させた今日の柏。J1昇格内定おめでとう!


以上

2006.12.02 Reported by 脇本カオル

※【J2:第52節 湘南 vs 柏 湘南側レポート】
http://www.jsgoal.jp/news/00041000/00041663.html