検索

ニュース・検索結果

【2010シーズン始動!】新潟:新体制発表記者会見での質疑応答 [ J's GOAL ](10.01.21)

1月21日(木)、東北電力ビッグスワンスタジアムにて、アルビレックス新潟の2010新体制発表会見が行われました。会見での質疑応答は以下の通りです。

新潟公式サイト 2010シーズンチケット販売中!
サッカー検定 申し込み終了迫る!
-----------

Q:目標の順位は?
●黒崎久志監督
「プロである以上、トップを目指すというところは目標にしなければならないと思います。トップを目指しながら1試合1試合大切に戦っていきたいです」

Q:新潟でどんな仕事をしたいか。
●森保一ヘッドコーチ
「黒崎監督が掲げるコンセプト、チーム作りにおいて、自分の力を最大限に発揮し、全力を尽くしてチームに貢献していきたいと思っています。黒崎監督の成功を願って仕事をしていきたいです」
●白井淳GKコーチ
「新潟は去年まで在籍していた北野貴之選手が移籍しましたが、若くていい選手がいます。そういう選手の育成を考えています。昨年はかなり失点が少なかった。バランスも取れていて、いいチームだったと思います。それを継続できるように持っていきたいです」
●マルセロ・フィジカルコーチ
「スタッフとは、みんな何らかの関係がある知り合い同士です。私と監督もそうです。何かのつながりがあって、ここに来ています。昨年よりもいい成績を残し、いいシーズンを過ごすためにここにいると思っているので、頑張りたいです」

Q:今季の補強のポイントは。
●神田勝夫強化部長
「移籍で選手が流出したことで、マイナスのイメージがあるのかもしれませんが、バランスが取れて能力の高い選手が入って来てくれたと思っています。ポイントはバランスでした」

Q:今季のメンバーで、どんな方向性のチーム作りを。
●黒崎久志監督
「システムは決まってませんが、個の能力を生かせるサッカーをしていきたいです。今までやってきた堅守速攻は、新潟らしさ。そこは継続していかなければならないと思います。あとはゴールのところ、勝負の部分で勝ち切ることを考えてやっていきたいと思います」

Q:若手の登用は積極的に行うのか。
●黒崎久志監督
「トレーニングの中で、ゲームに通じるようなプレーができていれば、積極的に使っていきたいと思っています。その点はコーチ陣と話し合いながら経験を積ませていきたいです」

Q:新潟でどのように自分を生かしていきたいか。
●小林慶行選手
「自分を生かすというより、周囲の選手を生かすのが自分の特徴だと思っています。周囲の選手が気持ちよくプレーできるように、気の利いたプレーをしたいと思います。その中で、プロである以上自分を見せていかなければならないので、そこは今まで通りに突き詰めていきたいです」

Q:自分のプレーのアピールを。
●ミシェウ選手
「得点に絡むことと、得点することです。今年はなんとか点を取りたいです」
●河原和寿選手
「栃木ではゴールに対する貪欲さに気付きました。新潟でゴールを決めてこそ、周囲から評価されると思います。ゴールに対しての積極性を見ていただきたいです」
●西大伍選手
「見ている人がわくわくするような、また見たいと思ってもらえるようなプレーをしたいです」
●奥山武宰士選手
「相手がどんなに早いプレスをかけてきても、焦らずにプレーしたいです。今年はゴールも狙います」
●ブルーノ・カスタニェイラ選手
「成長した自分を、サポーターに見てもらいたいです。ゴール前の強さなどです」
●高木貴弘選手
「結果にこだわり、失点数にもこだわりたいです。そのためにはボールを止めることが大事だと思います。それだけではなく、安定したプレーを続けることも大事だと思っています」
●加藤大選手
「見ている人を、あっと言わせるようなスルーパスと運動量を見てもらいたいです」
●小林慶行選手
「特にないです。とにかくチームの勝利に貢献したいという思いだけです」

Q:桐蔭学園、駒澤大とチームメートだった内田潤選手と、プロでは初めて同じチームになるが、どんな思いか。ともにチーム最年長でもあるが?
●小林慶行選手
「正直にうれしいです。高校、大学と一緒にプロを目指して努力してきた仲間と、こういった形で出会えて同じピッチでプレーするチャンスをいただけたというのは、すごく光栄です。最年長ですし、チームを引っ張っていくという気持ちで貢献できたらいいと思います。同級生ですので、意識する部分もあります。お互いに刺激しあって、1選手として高め合っていけたらいいなと思います」

Q:久しぶりの新潟の感想は。昨年の新潟の戦いぶりをどう見ていたか。
●河原和寿選手
「J1の環境は素晴らしいということを改めて感じました。雪の多さにも改めてびっくりしました。昨年、栃木でプレーしている時も新潟の結果が気になっていました。アルビレックスがJ1の上位にいるとき、すごくいい刺激をいただきました。それもあって、ゴールを決めることができたのかなと思います。新潟に復帰できたことをうれしく思いますし、しっかり結果を出して恩返しをしたいです。1分でも多く試合に出て、1つでも多くゴールを決めて、チームに貢献したいと思っています」

Q:対戦相手として、新潟をどう見ていたか。
●小林慶行選手
「ビッグスワンという素晴らしいスタジアム、そこの大勢のサポーター。ここでやるというのは、敵チームとしては嫌でした。そのサポーターたちが味方になってくれると思うと本当に心強いです。新潟というチームについては、代表などに継続して入っている選手が多いわけではありませんが、すごくいい選手がそろっていて、バランスの取れたサッカーするなと。もっといろいろな人が評価をしてもいいような、すごくいいサッカーをするチームだという印象がありました。ここに来られたことを、とてもうれしく思っています」

【黒崎久志監督より補足】
「チームの体制についての補足です。
今までキャプテン、副キャプテンは置いていませんでしたが、今季は置く形にしました。キャプテンは本間勲、副キャプテンは矢野貴章、千葉和彦です」

Q:キャプテン、副キャプテンに指名した理由は?
●黒崎久志監督
「私自身、3年間コーチをやってきて、本間はゲームキャプテンもやっていましたし、チームを引っ張っていくのにふさわしい選手だと思っていました。新潟出身ということもありますし、これまでも新潟のために戦ってきましたが、さらにその部分を求めたいと思い、キャプテンにしました。
副キャプテンの矢野と千葉ですが、矢野はその立場になってチームのことも考えながら、自分のプレーを高め、もう一回り大きくなってもらいたい。日本代表にいちばん近い選手なので、そこも含めて頑張ってもらいたいと思います。
千葉は昨年、試合に出るタイミングがなかなか巡ってこなかったのですが、チームのムードメーカーでもありますし、副キャプテンとして盛り上げてもらいたい。ポジション的にもバランスが取れるように考えて選出しました」

Q:キャプテン、副キャプテンを置こうと思った理由は?
●黒崎久志監督
「選手たちが、自ら考えてプレーをするという部分を伸ばしてやりたいと思いました。キャプテン、副キャプテンを中心に、チームがうまく回っていくようにしたいです。選手が自主的に、そして責任を持って動くことで成長し、チームがまとまるのではないかと思っています」

以上

★新体制発表記者会見でのコメント(1)(2)質疑応答