検索

J's GOALニュース

【J2:第8節 湘南 vs 横浜FC】プレビュー:強さは順位にあらず。湘南か、横浜FCか。フルパワーが神奈川ダービーを制す。(12.04.15)

4月15日(日)J2 第8節 湘南 vs 横浜FC(16:00KICK OFF/BMWスチケット販売はこちらリアルタイムスコアボード
簡単予想で賞品GET!totoリーグ3投票受付中!
----------

湘南強しの声をよく耳にする。6勝1分の負けなし、リーグ最多得点で首位に立っているのだから、結果を見ればたしかに強いと言えるかもしれない。

ただ、その表現には違和感も拭えない。遠い喩えになってしまうかもしれないが、強肩で知られる読売ジャイアンツの高橋由伸がかつて、「純粋に肩が強い選手はほかにいる」と語ったことがある。つまり肩にのみ頼っているのではなく、俊足や打球に対する予測、送球のコントロールなど、一連の要素の集約が彼を強肩たらしめている。

それは取りも直さず現在の湘南にも当てはまろう。走り負けない。球際を譲らない。一歩を速く、遠くまで踏み出す。個々のポテンシャルの発揮とともに、やるべきタスクをまっとうする。揺るぎなく、誠実に。チームとして誰かに頼るわけではなく、それぞれの最大限を目指し続ける姿勢が結果に繋がっている。強さありきの結果ではない。

曹貴裁監督は言う。
「勝っていても課題はたくさんある。一戦一戦、どうすれば選手たちが成長するかを考えるその連続で、つねに自問自答を繰り返している。横綱相撲なんてひとつもないし、我々はぜんぜん強くない。強いと思った瞬間に終わりだと思う。いつも目の前の試合にフルパワーを注ぐことだけを考えている」

湘南がフルパワーを傾ける次なる相手は、おなじ神奈川を根城にする横浜FCだ。ここまで3分4敗と、湘南とは対照的に勝利がない。山口素弘監督に代わった直後はホームで甲府に敗れたが、翌節のアウェイ草津戦では勝点1をもぎ取っている。前節は山形に逆転負けを喫したものの、ドローに持ち込んだ草津戦から三浦知良が先発し、佐藤謙介もスタメンに戻るなど、前線から中盤、そして最終ラインに至るまでテコ入れが進められている。

一方は首位、もう一方は21位と、少なくともここまでの神奈川ダービーの両雄の明暗はくっきり分かれている。だが、「パフォーマンスが悪ければひっくり返される差」と曹監督が語るように、各チームの拮抗は混戦模様のテーブルが示している。すなわち現在の順位は勝負の参考にはならない。そもそも昨季は2戦2勝と横浜FCがホーム、アウェイともに制しているのだ。加えて初勝利に対するモチベーションも高いに違いない。

「難しいゲームになると思う」前節の町田戦で3試合ぶりにスタメンに復帰した菊池大介は警戒心を隠さない。
「いまはどのチームと戦っても差がない。勝っても負けてもおかしくないゲームばかり。一つひとつのプレーで勝つことが次のプレーに繋がり、それがチームの勢いになっていく。まずはそういう基本のところをしっかりやりたい」

第5節熊本戦をはじめ、これまでの苦しい時間帯をひも解いても、主導権争いにセカンドボールはより重みを増そう。「ポジショニングが大事になる。FWやサイドハーフとの連携も含めて、相手のプレッシャーをいかにかいくぐるかも大事」永木亮太はそう引き締めた。もちろん中盤のみならず、チームとしての主体的な連動が攻守において前提になることは言うまでもない。

「モト(山口監督)は選手がいきいきとプレーすることを大事に考えていると思う。選手たちも意欲的になっているはず。気持ちを入れてくるに違いないし、我々と力に差がないことは間違いない。我々はいつもと同じように高いテンションで試合に臨む」あらためて指揮官は語る。つねと変らず、結果はフルパワーの先に見えてくる。

以上

2012.04.14 Reported by 隈元大吾

本格的toto予想はこちらから!

この記事の評価