J2・J3入れ替え戦第2戦 直前!金沢 監督・選手コメント

2016年12月3日(土)

■森下仁之監督
(第2戦が今季最後の試合になりますが、練習前の円陣では選手たちにどんな声をかけましたか?)
「第1戦、先勝しましたけど、ハッキリ言って1-0の勝ち自体はそれほど大きなアドバンテージではないという話。(第1戦に)勝ったので、次、引き分ければ勝ち抜けになりますけど、頭(最初)から引き分けを狙って戦って、簡単に引き分けることはできない。第2戦もしっかり勝ち切る、勝つことを目指してやること。過去、(J2・J3)入れ替え戦自体の歴史は浅いけど、上(のカテゴリー)のチームが2連勝したことはない。自分たちはきっちり二つ勝って、このJ2に(残留するに)ふさわしいということを見せましょう、表現しましょうということを話しました。」

(試合に向けてどんな準備をしますか?)
「先週と同じ。選手を見ていると、そんなに気負うようなところもないし、安心しているわけでもない。このチームは良いときも悪いときもずっと変わらず一週間しっかりトレーニングしてくれる。ベテランが引っ張ってくれたり、若い選手も意欲に満ちている。そういうチーム。」

■馬渡和彰選手
(第2戦に臨むにあたり、金沢には1点のアウェイゴールがあるが?)
「相手に1点取られたら変わらない。その1点はあってないようなものだと考えている。僕もそうだし、みんな「勝ちにいく」ということを言っている。本当に先取点が大事になってくる。1点を取ったら、相手は2点取らないといけなくなる。メンタル面、心理戦のところでもうまく駆け引きできたら良い。相手は時間が経つにつれて焦ってくる。うまく守りながら、一発仕留められたら良い。」


■廣井友信選手
(第2戦に臨むにあたり、金沢には1点のアウェイゴールがあるが?)
「1-0はあまりアドバンテージではないと思っている。逆にそれで気の緩みが出たり、「失点ゼロで抑えれば勝てる」となってしまうと、向こうも一発がある。普通に戦って勝ちにいくのが一番。その中でリスクなくやって、時間の針を進めていったり、逆にこっちが1点取れたら可能性はぐっと広がる。だから、あまり受けに回る感じではない。」


■安柄俊選手
(入れ替え戦は普段のリーグ戦と違った?)
程よい緊張感でやれた。アウェイでしたけど、アップのときから金沢のサポーターの皆さんがすごく良い雰囲気を作ってくれた。選手としては良いモチベーションで挑めた。サポーターの後押しもあって、チームの雰囲気も良かった。

(金沢は1点のアウェイゴールを奪っているが?)
最後、あの時間帯に点が取れて先勝できたのはだいぶ大きかった。第2戦で気持ち的に守りに入ったら、相手の勢いは相当あると思うので、第1戦の結果はあまり気にせずに、自分たちはチームとしてひとつにまとまって、しっかり勝ちを狙いにいきたい。

■合わせてウォーミングアップコラムもどうぞ。
金沢⇒ラストゲーム

J2・J3入れ替え戦 第2戦
12月4日(日)12:30KO 富山
ツエーゲン金沢 vs 栃木SC