【C大阪 vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:「より勝ちたい気持ちが強い」古巣対決に挑む/尹晶煥監督

2017年3月17日(金)


JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第1節から、わずか中2日という短い間隔でやってくる、J1リーグ戦第4節。3年ぶりのリーグカップ戦にて今季の公式戦初勝利を果たしたC大阪は、リーグ戦での初白星を目指して、鳥栖との対戦に臨む。この一戦を最も楽しみにしているのは、かつて鳥栖にてプレーヤーとして活躍しただけでなく、指揮官としてもチームをJ1に定着させた指揮官、尹晶煥監督(写真)だ。

ルヴァンカップの試合後の記者会見で、「次戦は(古巣でもある)サガン鳥栖との対戦になりますので、より勝ちたい気持ちが強いです」と述べた尹監督。普段の会見コメントではここまでストレートに感情表現することがめったになく、クールな印象もあるだけに、それだけこの試合には特別な思いを持っているとも言えよう。「私は鳥栖で指導者を始めました。いい想い出もたくさんあります。もちろん、そうではないところもありますが、でも、鳥栖に対していい考え方を持ちたいし、それが今、鳥栖のベースになって、(J1)残留もできているので。そういうチームと試合することを楽しみに、期待しています」。尹監督は試合前日の記者陣との囲み取材に対しても、鳥栖への強い想いを吐露している。

その尹晶煥イズムもチームにいきづいている鳥栖とのマッチアップは、現在のC大阪にて、尹監督の目指すサッカーがどれだけ浸透できているか、そのバロメーターともなるだろう。「チームのために犠牲になったり、チームのために献身的に走るということが、チームのコンセプト」というのが、尹監督が掲げる今のC大阪が目指すサッカー。それをどこまで体現し、指揮官の想いに桜色の戦士たちが応えられるか。この一戦は尹監督だけでなく、両チームにとって、楽しみな試合になるのは間違いない。

文:前田敏勝(C大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第4節
3月18日(土)15:00KO 金鳥スタ
セレッソ大阪 vs サガン鳥栖