【山形 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:阪野豊史、最前線に立つ者として

2017年3月18日(土)



コースを限定しながら相手のセンターバックにアプローチし、ボランチにパスが入れば味方ボランチと一緒にはさみ込む。そこからボールが再びバックラインに戻されれば、反転してそこにも食らいついていく。自らのミスでボールを失うこともあるが、そんなときもすぐに守備に切り換え、奪い返しに向かう。体力的に厳しい状況でも、消耗が激しいこうした作業をけっしてサボることがない。山形の1トップ・阪野豊史の献身性はチーム内でも際立っている。

昨シーズンは愛媛で全試合に出場したが、愛媛の総失点は試合数より少ない40。複数失点は9試合。波の少ない、堅実なチームだった。今シーズンの山形もアウェイ3連戦はすべて1失点。阪野の守備でのハードワークが明確なスイッチになるだけでなく、味方の負担を大幅に軽くしている。

「そこはチームとして絶対にやらなきゃいけないことだし、求められていることなので。ただ…」阪野が言葉を継ぐ。「それが評価されるのは、チームが勝ったり、自分が結果を残すから。それでこそ、『守備ができていいフォワードだね』となると思う」

阪野がノーゴールに終わった前節、瀬沼優司が得点を挙げたコーナーキックは、クロスに対し阪野がニアに飛び込んで得たもの。タイミング的にはやや不利だったが、抜け目なく、あきらめずにゴールを狙い飛び込んだあのプレーなしでは、あのコーナーキックも、瀬沼のゴールもなかったかもしれない。それでも、チームでもっともゴールに近い位置でプレーする責任感は、そこで満足することを許さない。

「結局守備だけして点取れなかったり、チームが勝てなかったりしたら、そこって評価されないと思う。だから、守備はしっかりベースとして最低限やりつつ、シュートの本数だったり、しっかりチャンスで決めることというのはやっていかなきゃいけないと思います」

明治大時代には天皇杯で山形からゴールを奪い、愛媛でプレーした昨シーズンも山形戦2試合でゴールを挙げてきた山形キラーが、山形の頼もしいエースとしてホーム開幕戦の舞台に立つ。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs カマタマーレ讃岐