【山口 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:連動した攻と守へ、髙柳一誠の果たす繊細で大きな仕事

2017年4月14日(金)


前線で攻撃の起点になったり、ファーストディフェンダーとなって相手の攻撃を遅らせたりと、クレバーにそつがなく立ち回る。前節の徳島戦では両サイドバックが積極的にオーバーラップ。トップ下でゲームに出た髙柳一誠(写真)は彼らを生かすことに力点を置いた。「サイドバックの2人が運動量を上げて、上がってきてくれる。うまく使ったり、2人目や3人目が絡んで来たりすれば、より攻撃的にできる」。昨年は相手チームとして見ていた山口の良さを、今年はオレンジのユニフォームを着て引き出している。

7試合を終え、細かなパスが通るようになってきた。ポジションが近い和田昌士や米澤令衣との距離感も良くなり、攻撃をいっそう山口らしくする「リズム」が生まれてきた。髙柳は「徳島戦も何度か崩したシーンがあった。オフサイドにはなったが、ゴールにまで繋いだ場面もある。ボールを保持しながら、そういう(ゴールまで繋ぐ)回数やシュートを増やしたい」と述べ、攻撃クオリティの増幅に向け力を入れる。

ただ、攻撃面の手ごたえを得る一方で、前節は最終盤に追いつかれて勝点2を失った。「前線からの守備や連動する全体のディフェンスも大事。90分間、チームとしてアラートにゲームをやらなければならない」と臍をかんだ試合だった。「監督も常々、切り替えのところと1対1の球際のところはずっと言っている。選手もそこは足りないところだと意識してきている」と話し、自身が率先して示す形になっている球際勝負の浸透を今後のポイントに挙げる。特に今節は個人の力がある千葉を迎える。山口が勝ちきるにはチームプレーの質向上と球際で負けない強靱さがカギになり、髙柳のプレーはいっそう重要になりそうだ。

試合前日の4月14日は熊本地震の最初の揺れから1年の節目だった。当時、髙柳は熊本でプレーし、他の多くの選手や熊本サポーターがそうだったように車中泊での避難生活を経験した。その後は巻誠一郎を先頭に子どもたちの笑顔を取り戻そうとチームで力を結集。「サッカー選手として、人として、考えさせられた期間だった」と原点を見つめ直した。

今節対戦する千葉には活動をともにした清武功暉が在籍。髙柳は「勝点3は取りにいくが、共に戦った人たちのためにも頑張らなければいけないという責任がある。コウキもそういう気持ちはあるだろう。ほかのチームに行った選手も気持ちが入ると思う」と節目の試合での奮闘を誓う。

視点を少し変えるとこう語ることもできる。スタンドからゲームを見守る私たちは、選手のひたむきに戦う姿を見ることで、自然とエネルギーや活力をもらっている。彼らに負けず劣らず明日も頑張ろう、と。それはひいては地域の活性化、被災地復興にも繋がるはずだ。

プロスポーツの重要な側面を、髙柳自身もしっかりと認識している。ここ山口を明るくし、未だ応援してくれている熊本にも力を与えたい。地域に支えられたサッカー選手として、「頑張らなければいけないという責任」を胸に、今週末もタフに厳しく戦ってみせる。


文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第8節
4月15日(土)14:00KO 維新公園
レノファ山口FC vs ジェフユナイテッド千葉