【大分 vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:仕事人タイプのクレーバーなDF鈴木義宜

2017年4月14日(金)



前節の山形戦、3失点したが「2点リードされて一度は追い付けたことをポジティブに捉えたい」と表情を崩さずに語った鈴木義宜(写真)。大学4年時に強化指定選手としてチームに帯同した。その歳は試合出場の機会はなかったが、翌年にプロとなり開幕戦から先発出場してからはその座を渡すことなく、2年連続でチームNo.1の出場時間を記録した。今やチームに欠かせない存在だ。

山形戦は「試合の立ち上がりの入り方が悪かった」と相手の前線からの勢いに圧された。今季から顕著になったGKからつなぐビルドアップに、対戦相手は喰いつく。「そこで蹴り出したら進歩がない。コンセプトにチャレンジしなければ先がない」と相手のプレッシャーに臆せず、しっかりパスをつないで、いなして攻撃の機会につなげる強い意志がある。

元々はフィジカルを前面に出し、潰し役のディフェンダーだった。しかし、試合を重ねる度に、「ファウルをせずにインターセプトして、攻撃につながる守備をしたい」とクレーバーな選手に変貌している。「ファウルは判断が良ければしなくてもすむこと。ファウルをすることを否定しないがスマートなプレーをしたい」。目指すは必殺仕事人。淡々と冷静にプレーをして、相手の攻撃を抑え込む。

山形戦の3失点は「守っている人の責任。3点と取られたら勝てない。次は無失点に抑えたい。僕らが失点しなければ勝点を積み上げることができる」と守備人としての屈辱を今節の金沢戦で果たす。


文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第8節
4月15日(土)14:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs ツエーゲン金沢