【名古屋 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:そろそろ出るか、内田健太の“飛び道具”。

2017年4月21日(金)



“飛び道具”は、いくつあってもありすぎということはない。名古屋というチームにとってのそれは今までは圧倒的な高さだったが、空中戦を主とするチームでなくなった今季においては、もはやセットプレーやパワープレーは彼らの代名詞ではなくなっている。代名詞と表現すべきは「ボールを止めて、蹴る」という基本技術の集積が生み出すパスワークや創意にあふれた攻撃か。では、今季の名古屋の“飛び道具”とは何か。

現時点で言えば、直接フリーキックがそれにあたるといえる。もちろん、結果はまだそれほど得られてはいない。7節の讃岐戦で玉田圭司が流し込んだ一発だけで、そう表現するのはまだ早いかもしれない。しかし、名古屋にはもう一人フリーキックのスペシャリストがおり、虎視眈々とそのチャンスを窺っているのである。かなり勿体つけたが、それはJ2リーグの対戦相手には既に強く認識されてもいるだろう。「この左足で食ってきた」が口癖の、内田健太(写真)のことである。

セットプレー時には中央で合わせる側に回ることも多い内田だが、その左足のフリーキックは高精度かつ強力。セットプレーを蹴らせても多彩な球種を操り、それはもちろん直接FKでも生かされるスキルだ。岡山との開幕戦でも惜しいキックを披露し、「もう一つ手前に落とせばよかった」とその技量の深さを垣間見せた。普段から居残りでFKを蹴り込むことも多く、日々の鍛錬に余念はない。讃岐戦での玉田のFKの際にも隣りに並んで構えたのだが、「オレが蹴る」と大先輩に言われては手の出しようもない。しかも決められてしまっては、感服するしかない。

「良いキッカーがウチにはいますからね。自分が蹴るのは時間が経ってからです。練習から見せていかないといけない。でも讃岐戦の週は自分もFKの調子がめっちゃ良かったんですよね…。自分が蹴ったFKも手応えは良かったんですが、(杉本)竜士に当たって外れました(苦笑)」

聞けばFKへのこだわりは強く、様々なパターンで決めてきた自負もある。ここまでの8試合で蹴ったFKでは、壁の足元を抜こうとするキックも数回見せるなど、自ら仕掛ける形も多い。「あの形でも決めてきていますからね」と不敵に笑う内田は、「いろいろなアイデアは持っているし、駆け引きもします。でも、パッとボールの前に立った時の直感を、大事にするようにしています」とFKキッカーならではの感覚を語る。決める自信はある。そしてどうすれば蹴ることができるかも、理解している。

「練習あるのみですよ。タマさんに『お前が蹴れ』って言ってもらえるように、練習からバンバン決めていきます」

今節はボランチでの起用が濃厚。これまでよりも一列前のポジションとなることで、背番号39がFKに関わる回数は増えるはずだ。今週も非公開練習でガンガン蹴っているだろうことは間違いないが、その調子やいかに。右の田口泰士、左の玉田、内田と揃う名古屋の新たな飛び道具だが、内田の左足にも是非ご注目いただきたい。



文:今井雄一朗(名古屋担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月22日(土)14:00KO パロ瑞穂
名古屋グランパス vs レノファ山口FC