クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2014第3ターン優勝:新潟

    2014第3ターン優勝新潟

  • 2014第2ターン優勝:浦和

    2014第2ターン優勝浦和

  • 2014第1ターン優勝:浦和

    2014第1ターン優勝浦和

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第4ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第731回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 千葉 vs 磐田 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 名古屋 vs F東京 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 C大阪 vs 甲府 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 川崎 vs 清水 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 広島 vs 大宮 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 G大阪 vs 仙台 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 vs 徳島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 新潟 vs 鹿島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 鳥栖 vs 神戸 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 福岡 vs 松本 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 富山 vs 栃木 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 岐阜 vs 大分 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 愛媛 vs 長崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
実際のtotoを購入

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 181勝235負(第730回時点)

 C大阪−甲府は残留争いを繰り広げる同士の直接対決。C大阪が勝ち点30で17位、甲府が同33で13位だが、C大阪が勝てば得失点差の関係で順位が入れ替わる。C大阪は勝たなければならず、開始直後から積極的に攻撃を仕掛けるだろう。とはいえ、甲府は最近5試合で2失点と守備が堅い。攻めるC大阪に守る甲府という展開になり、1点が明暗を分けると予想される。C大阪には南野、杉本、カカウらワンチャンスを決める能力を持つFWが多い。「1」を押さえたい。
 川崎−清水は勝ち点51で4位の川崎が有利。清水は残留争いの渦中にいて16位に沈んでいる。しかし、川崎は前節の甲府戦に1−2で競り負けるなど、下位に取りこぼしている。清水にとっては勝ち点を稼ぐチャンスだが、勝ち切るほどの力はない。「0」で対応したい。
 J2の福岡−松本は「2」が本命。昇格請負人である反町監督が率いる松本は、いよいよ昇格が目前に迫る。最近4試合は3勝1分けと好調で福岡には過去3勝2分けと相性もいい。この試合での波乱はない。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 170勝246負(第730回時点)

"J1は激しい優勝争いもここへ来て浦和とG大阪の一騎打ちの様相をみせているが、 今節は2位のG大阪が足踏み≠キる可能性が高いと見た。相手はJ1残留争いの渦中にある14位仙台。しかも12年以降の対戦成績はG大阪の2敗2分けと相性も悪い。仙台勝利の「2」で勝負したい。 一方、J2では自動昇格枠2位の松本が一気に初のJ1昇格を決めると予想した。アウェーでの福岡戦に乗り込むが、12位の福岡はプレーオフ進出も厳しい状況。対戦成績も対福岡戦は現在3連勝中と得意にしており、こちらも松本勝利の「2」。
 リーグ戦も終盤に突入すると単純な力関係よりもモチベーションが勝敗を左右する。順位が下位でも残留争いが懸かっているチームは侮れない。勝ち点差3以内にひしめく17位のC大阪と13位の甲府は死闘となりドローの「0」、また、優勝争いから一歩後退した4位川崎Fは降格圏16位の清水に足元をすくわれると予想して清水勝利の「2」とした。

スポーツ報知

スポーツ報知 182勝234負(第730回時点)

 前回の横浜M―C大阪、甲府―川崎の2カードもズバリ的中。ますます予想は絶好調だ。今回の注目カードはJ1残留争いを繰り広げるC大阪―甲府。ここは【2】でいいだろう。C大阪は前節、横浜Mと0―0のスコアレスドロー。この0―0というスコアは今季のC大阪には最悪の数字だ。なぜなら、今季はすでに0―0を4度マーク。その翌節はすべて敗れている。0△0新潟→1●2柏、0△0甲府→0●1鳥栖、0△0F東京→4●5川崎、0△0広島→1●2神戸。すべて1点差の敗戦だ。また、昨季も城福監督率いる甲府は11月は〇△△と負けなし。終盤の勝負強さは健在と見る。
 川崎―清水は【1】。FW大久保はオレンジが“大好物”だ。昨季の得点は新潟戦で3、大宮戦で2、清水戦が2で、対オレンジ7得点。今季も9月23日の大宮戦でハットトリックをマークするなど、その相性の良さは健在だ。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 165勝251負(第730回時点)

終盤戦となってきたJリーグ。注目は今節にも昇格が決まる可能性があるJ2で2位を走る松本だ。敵地で福岡との対戦となるが、福岡に対しては通算成績で負けなし。ここは松本が優勢と見たいところだ。J1に目を移せば、リーグ制覇が難しい情勢となってきた3位・鹿島と4位・川崎の状態が気になるところ。優勝争いは首位・浦和と2位・G大阪のマッチレースの様相を呈しているが、鹿島も川崎も奇跡を信じて勝利への高い意欲を見せている。それぞれの対戦相手も清水、新潟と決してアンパイ≠ナはないが、負けはおろか、引き分けでも完全終戦となるだけに勝利が必要となってくる。ともに名門クラブの意地を見せると予想する。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 175勝241負(第730回時点)

名古屋とFC東京の中日ダービーは、田口とダニルソンを出場停止で欠く名古屋が不利。松本山雅も敵地だが、もはや悲願のJ1昇格への勢いは止められない。ここもすんなり勝って、磐田の勝敗関係なしに自動昇格を決めるはずだ。ホームの優位性を生かして勝つのは3カードのみ。最近の試合内容から広島、G大阪と、既に最下位&J2降格決定の徳島が相手となる柏の3チーム。鹿島はアウェーの新潟戦は勝ちきれない印象。優勝争いからも一歩後退の感があり、J1残留に燃える新潟の気迫に押されそう。場合によっては黒星もある。C大阪と甲府の残留争いのライバル対決は激しいせめぎ合いの末、ドロー。川崎も16位の降格圏に順位を下げ、尻に火がついた清水に飲み込まれそうだが、清水も決め手不足なので「0」決着の可能性大。大分はJ2プレーオフ圏にとどまるためにも白星が欲しいところだが、アウェーでどこまで…。やはりドローあたりが妥当か。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 169勝247負(第730回時点)

 残留を争う17位C大阪と13位甲府の対戦は引き分けの「0」をマークする。過去のリーグ戦での対戦はJ1とJ2合わせて17試合あるが、C大阪のホームゲームではC大阪から見て△△●△△△●●。8試合中5試合が引き分け。「0」となる確率が非常に高い。今季両チームの戦い方から、ホームのC大阪が攻め、甲府が守りを固めるという試合展開が予想される。C大阪は攻め込みながら甲府の守りを崩せず、甲府もカウンターやセットプレーでゴールを狙うも決めきれない。結局0―0のスコアレスドローか。

J's GOAL

J's GOAL編集部 167勝249負(第730回時点)

 前節の敗戦で、優勝の望みが断ち切られたF東京の気持ちの落ち込みは大きいはず。拮抗した成績が残る名古屋戦ではあるが、拮抗しているがゆえにホーム名古屋の勝利を予想。降格圏に沈むC大阪は、勝点3差で先をゆく甲府と直接対決。どうしても勝ちたいC大阪に対し、最悪でも引き分けがOKな甲府は精神的に優位に立つ。ここは引き分けと予想。柏対徳島は柏の勝利で間違いない。
 松本は、福岡に勝てば他会場にかかわらずJ1昇格が決まるが、その松本を率いる反町監督は、新潟を率いていた2003年に勝てば昇格というアウェイの福岡との試合を落とし、昇格が先送りになった経験がある。「フットボールというゲームの怖さを感じた試合」という名言を残した会場で、運命の試合を迎える。J1昇格はそう簡単ではないといういう意味でもここは福岡の勝利と予想。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません