クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2014第1ターン優勝:浦和

    2014第1ターン優勝浦和

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第3ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第718回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 浦和 vs 大宮 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 徳島 vs 広島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 仙台 vs 横浜M 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 vs 甲府 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 C大阪 vs 神戸 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 名古屋 vs 川崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 G大阪 vs 新潟 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 鹿島 vs F東京 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 鳥栖 vs 清水 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 横浜C vs 福岡 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 岐阜 vs 東京V 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 京都 vs 北九州 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 熊本 vs 札幌 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 126勝160負(第717回時点)

 仙台−横浜Mは本来ならJリーグで2連勝中の横浜Mが有利だ。勝利の立役者はラフィーニャで、2試合で3得点している。ところが、そのラフィーニャは前節の川崎戦で右足関節を捻挫してしまった。診断の結果は全治3週間。横浜Mはエースを欠いての戦いになる。こうなると仙台が有利だ。ユアスタでは6試合連続負けなしというデータもある。「1」で勝負したい。
 鹿島−FC東京は好調を維持する両者の対戦だが、今節はどちらもベストメンバーでは戦えない。鹿島は小笠原、遠藤、植田が出場停止。FC東京は平山、東などがけがのため欠場となる。鹿島にとって小笠原を欠くのは痛いが、ナビスコ杯でも2試合を小笠原不在で戦っている。どちらもルイスアルベルトが代わりに出場し、勝利している。「1」で臨みたい。
 J2の京都−北九州は敵地に乗り込む北九州が有利だ。就任2年目を迎えた柱谷幸一監督のもと、北九州は攻守の切り替えが早い好チームに仕上がっている。現状ではJ1ライセンスがなく昇格できないが、選手たちは高いモチベーションを維持して戦い続けている。「2」を押さえたい。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 119勝167負(第717回時点)

前節ホームで横浜に0−2で敗れた川崎Fだが、今節のアウェー名古屋戦は勝利の「2」と予想した。横浜戦は0−1の前半35分に退場者が出る不利な展開だったが、後半は10人でボールを支配。後半23分のFWレナトのシュートがバーに嫌われるなど運もなかった。風間監督も「自分たちのやるべきことを最後までやってくれた。誇るべき敗戦だった」と手応えを口にしている。失点もPKとミス絡みで、崩されたものではなく、チームに敗戦を引きずる雰囲気は一切ない。
 埼玉ダービーは引き分けを予想した。首位を走る浦和と、3連敗中で9試合勝利のない大宮。チーム状態の差は歴然だが、意地がぶつかり合うダービーでは今季の成績を度外視しても問題ないとみて大穴予想。監督が交代したばかりの両チームの対戦となる鳥栖―清水戦は清水勝利の「2」を予想。選手からの人望のある大榎監督の下で、チームはまとまりをみせている。4連勝中で現在8戦不敗の鹿島は勢いのあるFC東京を相手にそろそろ黒星がつきそう。G大阪、広島は順当勝ちとみた。

スポーツ報知

スポーツ報知 128勝158負(第717回時点)

 今節、最も予想が難しいのは鹿島―F東京の一戦だろう。8戦負けなしで3位の鹿島と9戦負けなしで5位のF東京。必然的に【0】の支持率も上がりそうだが、【2】で勝負する。
 鹿島はMF小笠原を出場停止で欠くのが痛すぎる。2010年以降、小笠原が全くピッチに立たなかった試合(リーグ戦のみ)は〇△△△〇●●●と8戦2勝3分け3敗。勝った2試合も1―0、2―1と1点差で、苦戦は必死だ。また、直近の3試合はすべて8月で、12年は1●2浦和、0●1新潟、13年は3●4清水とすべて負けている。残暑の8月に大黒柱を欠いたチームに勝ちはないとみて、【2】だ。
 前節、2―1で新潟を下した徳島。だが、なぜかホームでは勝てていない。広島の勝ちで【2】。仙台―横浜Mは【1】で勝負。仙台はJ1の対横浜Mは10年9月から〇△〇〇△△△〇と8戦負けなし。相性の良さは今季も続く。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 115勝171負(第717回時点)

まずはさいたまダービー。大宮は浦和戦になると別人のような戦いぶりになる。ここ2試合は浦和が勝利している上にチーム状況にも大きな差があるが、優勝戦線が佳境を迎えると取りこぼしが多くなるケースも浦和は多い。穴狙いで引き分けにマーク。若手のタレントが揃う鹿島―F東京は白熱した試合が予想される。過去5試合では鹿島の4勝1分けと差がついているが、今季の鹿島は若手が主体で波に乗れば強い反面、もろさもある。互角の勝負になるだろう。横浜Mはサポーターの問題が発生した直後の試合で、出直しを期す。「問題の影響があった」と言われたくないであろうイレブンのモチベーションに期待した

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 123勝163負(第717回時点)

 今節の注目カードは鹿島対FC東京。鹿島は直近のリーグ戦で8戦無敗、東京も9戦負けなしと、ともに好調をキープしており、好勝負となりそうだ。過去のリーグ戦成績では、鹿島が16勝6分け5敗と圧倒しているが、今季のリーグ戦では引き分け、ナビスコ杯では東京が3-1と快勝している。今の勢いは全くの互角と言えるが、鹿島にとって痛いのは小笠原、遠藤、植田の出場停止。主力3選手の欠場は戦い方に大きな影響を与えそうだ。このカードは「2」で推したい。
 浦和対大宮のさいたまダービーは、リーグ戦では7勝5分け7敗とまったくの五分だが、現在のチーム状況を考えると浦和の優位は覆りそうにない。大宮はリーグ戦9試合も白星から見放され、現在は3連敗中で明るい材料が見えない。浦和は前節のFC東京戦では4失点を喫して引き分けたが、首位のチームらしい勝負強さを見せつけた。このカードは「1」で。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 123勝163負(第717回時点)

 鹿島―東京という好調クラブ同士の対戦はホーム鹿島勝ちの「1」で勝負。09年以降は、鹿島が6勝3分けと9戦連続負けなしで、ホームでは08年から4勝1分けの5戦負けなしだ。
 浦和―大宮のさいたまダービーは「0」。浦和勝ちの「1」が本命視されるが、大宮が意地を見せて引き分けに持ち込むと見る。
 DF松原がA代表に初招集された新潟だが、MFレオ・シルバ、DF大井が出場停止。不動の主力2人が不在なら負けを予想。相手のG大阪ともJ1リーグ戦で8戦勝ちなし。「1」をマークする。

J's GOAL

J's GOAL編集部 119勝167負(第717回時点)

そこまでの調子がどうあれ、「この戦い」になると全く違ってくる。そんな魔力が存在するのが、さいたまダービーだ。現在17位の大宮と首位・浦和の対戦となれば、普通は浦和勝利を予想するが、ダービーは違う。J1での対戦成績は7勝5分7敗と全くの五分。最近2試合は浦和が連勝しているが、その前の5試合は大宮が3勝2分と負けていない。正直、全く予想がつかない。3連敗中の大宮だが、一発のある選手たちの存在が不気味。一方、浦和の状態も決してよくはないが、前節はF東京に2点差を追いついての引き分け。本当にさいたまダービーは、予想が難しい。
J2も難しい。特に横浜FC対福岡は、プレーオフ出場権争いという意味でも熾烈な戦いになるだろう。11試合連続不敗の横浜FCだが、ドウグラスの出場停止は痛い。3連敗から5戦不敗と立て直しに成功した福岡は、最近3試合2得点のアジア大会日本代表MF金森健志に注目したい。好調同士の戦いは楽しいが、予想は本当にシビアだ。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません