クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2014第1ターン優勝:浦和

    2014第1ターン優勝浦和

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第3ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第721回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 清水 vs 浦和 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 大宮 vs 鹿島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 横浜M vs 名古屋 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 新潟 vs 仙台 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 広島 vs G大阪 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 甲府 vs 鳥栖 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 F東京 vs 神戸 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 川崎 vs 徳島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 C大阪 vs 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 千葉 vs 北九州 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 岐阜 vs 札幌 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 松本 vs 岡山 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 愛媛 vs 山形 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 138勝174負(第720回時点)

 横浜M−名古屋は現在の順位から判断すると勝ち点33で10位の横浜Mが有利だ。しかし中村、ラフィーニャ、中町ら主力がけがを抱え、3、7日に行われたナビスコ杯・柏戦に2連敗するなど、チーム状態にやや不安がある。名古屋は最近のJリーグ3試合で1勝2分けと負けがなく、10日に開催された天皇杯4回戦でも群馬を1−0で下している。勢いでは名古屋がまさり、「2」を押さえたい。
 広島−G大阪は天皇杯4回戦と同じカード。中2日での再戦となる。天皇杯では3−1でG大阪が勝利。広島はナビスコ杯も含めて過密日程での試合が続き、選手に疲労がある。加えてU−21日本代表に野津田、吉野と2人を送り出している。選手編成も含め厳しい一戦。ここは「2」が本命になる。
 J2の千葉−北九州は敵地に乗り込む北九州が有利。柱谷監督率いる北九州は粘り強い戦いを続け、4位をキープしている。10日の天皇杯でもJ1の甲府をPK戦の末に下した。「2」で勝負したい。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 129勝183負(第720回時点)

現在12位の清水はホームに首位・浦和を迎え撃つ。7月末に大榎新監督が就任して以来、リーグ戦では1勝1分け3敗と苦しんでいるが、7日の天皇杯4回戦・FC東京戦では積極的に若手を起用した采配が的中し、3大会ぶりにベスト8進出。指揮官は「1カ月前と比べて選手がハードワークできるようになった。チーム内の競争意識も非常に高くなっている」と手応えを口にする。エース大前はここまで公式戦5試合連続ゴールと好調をキープ。さらに欧州選手権予選でチームを離れていたFWノヴァコヴィッチの復帰も好材料だ。課題であるセットプレーからの失点さえ注意すれば、首位の浦和にひと泡吹かせることは十分可能。下克上≠ノ期待して「1」を狙いたい。大熊新監督を迎えたC大阪と柏の対戦は、最近リーグ5試合連続負けなしと好調な柏の勢いを買って「2」。徳島と対戦する川崎Fは大久保が出場停止となるが、優勢は揺るがないと予想し「1」とした。J2の松本―岡山戦は大崩れしない岡山の堅守を評価して「0」で勝負する

スポーツ報知

スポーツ報知 138勝174負(第720回時点)

 10日の天皇杯4回戦と同じ場所で2戦連続の対戦となる広島―G大阪。天皇杯はG大阪に軍配が挙がったが、リーグ戦は広島が勝つ。なぜなら森保サンフレッチェは同じ相手に連戦で連敗はしないからだ。
 森保体制になってから、公式戦で同じ相手との連戦は過去3度ある。10年はアジアCLでアデレードU(オーストラリア)と●〇、13年ナビスコ杯準々決勝で柏と●〇、14年元日の天皇杯決勝と富士ゼロックス・スーパー杯で横浜Mと戦い、●〇だ。いずれも初戦は●だが、必ず2戦目は勝っている。初戦の黒星を糧にして、次に生かせるのが広島。この法則にならうと、【1】だ。
 大熊清監督を解任し、渋谷洋樹監督が就任した大宮はホームで鹿島と対戦するがここは鉄板の【2】。大宮の監督が日本人監督の場合、過去のリーグ・鹿島戦は●●●●●△●●△△△と4分け7敗。鹿島に分があると見ていいだろう。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 125勝187負(第720回時点)

 10年ぶりとなるシーズン2度目の監督交代に踏み切った16位・C大阪は、リーグ戦5試合負けなしの6位・柏をホームに迎える。リーグ戦11試合未勝利でクラブワースト記録にあと1試合と迫っているC大阪だが、10日の天皇杯では大熊新監督の初陣を勝利で飾り明るい兆しも見られた。 ただ、ナビスコ杯から中5日の柏に対し、C大阪は中2日の過密日程。加えてMF山口、長谷川らを欠き、股関節痛のFWカカウの出場も微妙な状況で、引き分けが濃厚か。 リーグ戦10試合負けなしの8位・FC東京に対し、神戸も連勝で5位に浮上した。好調な両チームだが、対戦成績ではホーム8勝5分け2敗とFC東京が圧倒。相性の差でFC東京が優位か。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 134勝178負(第720回時点)

 今節の注目は、今季2度目の監督交代を断行したC大阪だ。リーグ戦で11試合も勝利から見放されているが、10日の天皇杯4回戦では磐田に2-0で快勝するなど、今回はカンフル剤の効き目がありそうだ。磐田戦では主力のフォルランをスタメンから外していたが、大熊新監督の采配はチームを活性化させそう。南野が公式戦4試合連続ゴールと絶好調なのも好材料だ。このカードは「1」を推したい。
 7日の天皇杯4回戦では清水に競り負け、公式戦11試合ぶりの黒星を喫したFC東京は、日本代表の親善試合で活躍したFW武藤とDF森重の復帰が非常に大きい。清水戦で今季初出場を果たした梶山も、試合終盤の勝負どころで切り札的な活躍を見せそうだ。過去の対戦成績では東京が16勝9分け6敗と大きく勝ち越しているなど相性もいい。このカードは「1」で。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 134勝178負(第720回時点)

 横浜―名古屋戦は、引き分けの「0」をマーク。今回がJ1リーグ戦通算50試合目の対戦となるが、過去の対戦成績は横浜から見て19勝12分け18敗とほぼ五分の星となっている。最近は△△●△△○●△と8試合中5試合が引き分けで、「0」となる確率が非常に高い。ちなみに、その引き分けの5試合のスコアはいずれも1―1。ここ最近の傾向から「0」を予想する。
 清水―浦和戦は、清水勝ちの「1」。首位チームとの対戦で分が悪いように思えるが、清水はFW大前ら攻撃陣が上り調子。大穴の「1」で勝負する。

J's GOAL

J's GOAL編集部 128勝184負(第720回時点)

失点が続く清水に対し、攻撃力が爆発している浦和の対戦は、順当に浦和の勝利と予想。大宮の監督交代がどう作用するかが未知数だが、安定感のある鹿島が一枚上手。鹿島勝利と予想。守備は手堅いが、得点力に難がある広島と、攻撃好調のG大阪の対戦は引き分けで勝負したい。プレーオフ圏内を争う千葉対北九州はともに点を取り合う展開を予想。引き分けで勝負。2位につける松本対5位岡山の上位対決も引き分け決着と予想。守備に安定感を欠く愛媛に対し、攻守でバランスを取る山形の対戦は、山形の勝利と予想する

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません