クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第2ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第709回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 浦和 vs 新潟 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 F東京 vs 鹿島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 vs 仙台 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 名古屋 vs 徳島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 C大阪 vs 横浜M 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 G大阪 vs 甲府 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 清水 vs 川崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 大宮 vs 広島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 神戸 vs 鳥栖 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 山形 vs 北九州 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 水戸 vs 群馬 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 札幌 vs 大分 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 岐阜 vs 横浜C 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 84勝111負(第698回時点)

 W杯のため中断していたJ1が再開する。浦和の原口、柏の田中など海外移籍した選手がいれば、横浜Mのドゥトラのように7月末で引退する選手もいる。また、新潟が指宿、横浜Mがラフィーニャを獲得するなど各チームに動きがあった。すべてを考慮した予想が必要だ。
 浦和−新潟はどちらも大きな動きがあった。浦和は原口が移籍し、新潟は指宿や山本を獲得している。浦和は戦力ダウン、新潟は戦力アップが見込める。ただ、浦和はもともと選手層が厚く、首位のチームだ。一方、新潟も新戦力がすぐに機能するかどうかわからない。ひとまず、今節は「0」で対応したい。
 C大阪−横浜Mは「2」が本命になる。C大阪は新監督を迎えたばかりで、まだ未知数だ。そのうえ、火曜日の川崎戦(第12節順延分)で退場した南野が出場停止となる。C大阪には難しい一戦になる。
 J2は山形−北九州に注目だ。山形が勝ち点31、北九州が勝ち点33で、この一戦の結果によって順位が入れ替わる。第9節の対戦は中島の決勝点で山形が1−0で勝利しているが、両者の実力は接近している。引き分けの可能性も十分にある。「0」を押さえたい。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 77勝118負(第698回時点)

 15日に未消化のリーグ戦を行ったACL組以外は2カ月ぶりのリーグ戦。首位の浦和は8位の新潟と対戦する。浦和はここまでチーム最多の4得点をマークしていたFW原口がドイツ移籍。原口のドリブル回数59回は今季日本人最多で成功率も56.7%と高く、まさに浦和の今季前半戦の攻撃陣を支えていた。その穴を埋められるか、この試合だけでなく後半戦の浦和を左右しそうだ。新潟にはホームのリーグ戦は負けなしだけに問題はなさそう。勝ち点1差で2位につけている鳥栖はアウェーで4位神戸との上位対決。今季の神戸はホームのリーグ戦では4勝3分けと負けなし。5月21日のナビスコ杯での同カードはホームの神戸が3−2で勝利している。カギは鳥栖のサイド攻撃がはまるか、神戸がそれを防げるか。鳥栖のクロスによるアシストはリーグ最多の7回、うち4回が左SBの安田だ。今季クロスから神戸は3失点しているだけに安田→豊田のゴールシーンが見られそうだ。J2では9位札幌が3連勝中。小野が出場可能となりさらに上位進出か。

スポーツ報知

スポーツ報知 85勝110負(第698回時点)

 W杯後の大久保は要注意。清水―川崎は【2】で決まりだ。12日のC大阪戦で川崎の日本代表FW大久保はPKによる1ゴールで再出発した。W杯後最初のリーグ戦でのゴールは2010年に続き、“2大会連続”。再出発となる1戦で点を取れる男の決定力はさびついてはいない。神戸に所属していた2010年は7月17日のF東京戦で1ゴール。そして、1試合では終わらず、同25日の大宮戦でも1ゴールで、再開から2戦連続弾。今回もこの流れが来そうな気がする。加えて、ゴトビ監督が指揮を執った11年以降、川崎は清水と〇△△〇〇〇と4勝2分けの負けなし。ここは【2】以外はこない。
 浦和―新潟はリーグ全20戦で浦和の15勝4分け1敗。ここは【1】だ。F東京―鹿島も最近リーグ8戦で鹿島の6勝2分け。ここは【2】となる。柏―仙台は最近リーグ5戦で仙台の2勝3分け。そうなると【2】だ。流れには逆らわない。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 84勝111負(第698回時点)

浦和はホームに新潟を迎える。06年7月に黒星を喫して以来、新潟には14戦12勝2分けと負けていない。圧倒的な相性を武器に、勝利で首位固めに入る。柿谷がチームを去ったC大阪は、横浜Mと対戦。リーグ戦3連敗中と浮上へのきっかけをつかみたいが、川崎戦で一発退場となったMF南野が出場停止で、合流したばかりのフォルランの出場も微妙だ。横浜Mには直近4戦負けなしと相性はいいが、攻撃陣のタレントを欠くだけにドロー決着が濃厚か。神戸は鳥栖に対してホーム5戦無敗(3勝2分け)。通算成績でも6勝2分け1敗と抜群の相性を誇っており、きっちりと勝ち点3を手にする。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 83勝112負(第698回時点)

 いよいよJ1が再開する。1ヶ月間もの中断で現在のチーム状況を推し測るのは難しいが、首位の浦和は堅そうだ。天皇杯2回戦では格下相手とはいえ、ほぼベストメンバーで8点を挙げて快勝。原口がヘルタ・ベルリン(ドイツ)に移籍したのは痛いが、1トップに入った興梠とトップ下の李、柏木の連係も良く、攻撃陣は全く問題ない。さらに、再開初戦の相手となる新潟には過去20勝4分け4敗と圧倒している上、J1ではホームの埼スタで一度も負けていないデータも好材料。このカードは「1」で。
 FC東京は中断前のナビスコ杯で最後は3連敗と崩れたが、現在のチーム状態はいい。後半戦に向けて、最大のプラス材料は右膝負傷で長期離脱していた梶山の戦列復帰だ。持ち味のボールキープ力は健在だが、無駄をそぎ落としたシンプルなプレーで周囲を生かす。まだフル出場は難しそうだが、背番号「10」の復活は大きな武器となる。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 85勝110負(第698回時点)

 浦和は新潟を大の得意としている。J1リーグ戦では06年から11勝4分けで15試合連続負けなし中。ホームでは10試合で8勝2分けと過去に1度も負けたことがない。昨年の対戦は2―0、1―0と2戦ともに完封勝ちだ。
 今季の浦和は、W杯による中断期間を挟んでいるものの、第10節からJ1歴代3位タイの5試合連続無失点と堅守が光る。今回の新潟戦も無失点なら、93年の清水、96年の横浜Fがマークした6試合連続のJ1最長記録に並ぶことになる。ホーム浦和勝ちの「1」を塗りつぶす。

J's GOAL

J's GOAL編集部 82勝113負(第698回時点)

J1にとっては長い中断明け最初のゲーム(ACL組は除く)なので、今節は第2の開幕戦。火曜日に未消化だった第12節を戦ったACL組はコンディションは厳しいけれど、試合勘は考慮しないといけない。過去の対戦成績や今シーズンの戦いぶりだけでなんとなくの予想ならできるが、中断期間中の補強や監督交代など要素が多いだけに、無理しないで気楽に賭けてみようと思う。その中で、名古屋対徳島、神戸対鳥栖はポイントとしたい。名古屋対徳島は徳島の負けを予想するのが大方のところ、第2の開幕戦という要素を加味して徳島の勝ちで勝負したい。名古屋もまだ盤石ではないだけに隙があるのでは…と。神戸対鳥栖は、開幕から躍進を続ける4位と2位の対戦。他のJ1クラブからすれば戦い難い相手で、その両チームの激突は内容にも興味深々。カードが多く出そうな予感もするが、鳥栖の勢いを買って「2」で買う。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません