クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2014第1ターン優勝:浦和

    2014第1ターン優勝浦和

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第2ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第717回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 清水 vs 鹿島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 甲府 vs G大阪 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 横浜M vs 川崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 名古屋 vs 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 神戸 vs 仙台 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 新潟 vs 徳島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 F東京 vs 浦和 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 大宮 vs 鳥栖 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 広島 vs C大阪 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 東京V vs 横浜C 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 松本 vs 山形 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 水戸 vs 愛媛 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 福岡 vs 岐阜 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
実際のtotoを購入

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 121勝152負(第716回時点)

 清水−鹿島は「2」が本命になる。清水は水曜日に天皇杯を戦い、中2日での一戦。一方、鹿島は前節のJリーグから中6日での試合になる。また、今の鹿島はカイオ、柴崎ら若い選手が好調で、W杯による中断期間が明けてから△△△○○○と負け知らず。清水とのアウェイゲームは過去9勝4分け15敗(Jリーグ&ナビスコ杯)と苦手にしているが、今節ばかりは鹿島が有利だ。
 横浜M−川崎の「神奈川ダービー」は、今節の目玉となる一戦だ。現在の順位で判断すると2位の川崎が有利だが、11位の横浜Mも決してチーム状態が悪いわけではない。むしろ、前線にラフィーニャが加わったことで得点力が増している。柔軟な予想が必要で、僅差の攻防になる可能性が高い。「0」で勝負したい。
 J2の福岡−岐阜は好調同士の対戦。どちらもプレーオフ進出となる6位以内を狙える好位置につけ、今節はJ1昇格をかけた「直接対決」になる。有利なのはプシュニク監督の下、2年目のシーズンを迎えてよりチームの完成度が高い福岡だ。「1」が本命になる。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 117勝156負(第716回時点)

首位の浦和は最近8戦負けなしと波に乗る4位FC東京とのアウェー戦を迎える。浦和は当該カードで昨季第25節まで4試合連続で勝利がなかった(3分け1敗)が、今季第11節のホーム戦では1―0で5試合ぶりの勝利を収めた。その白星でチームは4年ぶりに首位に立ち、FC東京に対する悪いイメージを払しょく。浦和はJ1記録の7試合連続完封を達成して以降、3試合白星から見放されたが、前節広島戦で4試合ぶりの完封勝利。累積警告で広島戦を出場停止となったDF那須の復帰も好材料と判断し、浦和のアウェー勝利で「2」とした。柏をホームで迎え撃つ名古屋は新潟からストライカー川又を争奪戦の末に獲得。前節G大阪戦で8試合ぶりの白星と波に乗り勝利の「1」と予想。J2降格圏16位のC大阪は前節川崎F戦で4―5と惜敗したが、5試合ぶりの得点で活気が戻りつつある。アウェー2連敗中の広島から勝利の「2」とした。ホーム5試合連続負けなしのJ2・2位松本は山形から難なく勝ち点3を勝ち取る「1」と予想。

スポーツ報知

スポーツ報知 126勝147負(第716回時点)

 前節、G大阪戦で西野朗監督(59)のJ1通算250勝を達成した名古屋。前節のG大阪が指揮官の古巣相手なら、今節対戦する柏も指揮官の古巣だ。ここは古巣連破で【1】を狙う。名古屋は今節会場となる豊田スタジアムで今季、●●●●●△●と、7戦1分け6敗。新監督就任以来まだ1勝もできていない。だが、名古屋が同会場で一番最近勝ったのが、昨年11月23日。相手は柏(3〇2)だ。また、豊田スでの柏戦は02年から2〇0、1〇0、0△0、3〇2と4戦3勝1分け。この相性の良さは名古屋を後押しする。
 甲府―G大阪は【2】。ともに20日の天皇杯3回戦から中2日での戦いになる。だが、甲府は過去に天皇杯後に中2日もしくは3日でリーグ戦を戦った場合、05年は0●3水戸、10年は1△1札幌、11年は1●6柏、13年は1●2F東京と1分け3敗の勝ちなし。過密日程の今回も勝ち目はないと見て、G大阪で勝負だ。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 112勝161負(第716回時点)

 FC東京と浦和は今週の天皇杯で対照的な結果に終わった。主力選手を休ませ群馬に敗れた浦和に対し、ほぼ主力を出場させたFC東京は松本に勝利した。本来ならばリスクを負ってターンオーバーに出た浦和が勝ってしかるべきだが、チームの勢いを重視してFC東京をマークした。柏―名古屋にも天皇杯の影響が出そうだ。柏は千葉に延長、PKまでもつれ込んだ末に敗れた。約3時間もの激闘を繰り広げたダメージは少なくないだろう。柏を契約解除になり名古屋に加入したレアンドロドミンゲスも高いモチベーションで試合に臨むはずだ。広島は天皇杯が同市内における土砂災害の影響で27日に順延された。心理的な影響が気になる。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 118勝155負(第716回時点)

 今節の注目カードは、FC東京−浦和戦。単独首位に立つ浦和に対し、東京もリーグ中断明け後は6戦負けなしと、両チームとも好調を維持しており、好勝負が期待できそうだ。ただ、直前の公式戦となった20日の天皇杯3回戦では好対照の結果となった。メンバーを大幅に入れ替えた浦和は、J2下位の群馬に不覚を取ったが、東京はほぼベストのメンバーで臨んでJ2で上位の松本を危なげなく下した。中3日での連戦の影響、さらに過去の戦績では東京の7勝5分け13敗と分が悪いのは気がかりだが、今のチーム状態では、東京の方が勢いがある。このカードは「1」を推したい。
 前節2位に浮上した好調の川崎だが、今季の横浜M戦では0−3で完敗している上、日産スタジアムではマリノスにリーグ戦2勝6敗1分けと相性が悪い。このカードは「1」で。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 118勝155負(第716回時点)

 J1リーグ戦通算50試合目の対戦となる清水―鹿島戦は、ホーム清水勝ちの「1」で勝負する。通算対戦成績は清水が23勝5分け21敗と勝ち越し。ホームでは13勝3分け8敗とさらにリードを広げ、ここ最近は○△○△○○と6戦(4勝2分け)負けなしだ。
 今季のリーグ戦順位は鹿島が4位で、清水が13位。昨年も清水のホームでの対戦時は鹿島4位、清水13位だった。にもかかわらず清水が4―3で勝利した。そのときの順位はあまり関係ないのかもしれない。今回も順位とは逆の結果になると見て「1」をマーク。

J's GOAL

J's GOAL編集部 112勝161負(第716回時点)

好調同士の対戦や前節敗れたチーム同士の戦いなど、比較的優越をつけにくい組み合わせが今節は多い。そんな中で、前節までの“流れ”を持っているチームにマークしてみた結果がこうなった。自画自賛ながら、『案外、いい感じ…』と感じている。中でも、強力なFWを獲得した名古屋は、ホームに柏を迎え撃つ。複数チームからオファーがあった川又の加入で、ここから巻き直しを図りたいところだろう。また、首位を走っていた鳥栖が電撃的に監督の契約解除を発表。チームも目下2連敗と少なからず影響が出ているようだ。このような不測の事態も予想に加味すると買い目が変わることもあるだろう。結果的にどんな結果が出るのかは、終わってみないとわからない。J1の優勝争い、J2のプレーオフ圏内の争いも、実力以上の力を出す要素となる。ひょっとしたら、今節は“流れ”よりも“自分の直感”を信じた方が的中するのかもしれない。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません