クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2014第1ターン優勝:浦和

    2014第1ターン優勝浦和

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第4ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第724回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 横浜M vs 甲府 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 広島 vs 神戸 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 F東京 vs 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 大宮 vs 清水 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 G大阪 vs 鳥栖 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 名古屋 vs 新潟 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 川崎 vs 仙台 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 C大阪 vs 浦和 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 徳島 vs 鹿島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 岡山 vs 水戸 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 大分 vs 長崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 山形 vs 讃岐 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 磐田 vs 愛媛 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 161勝190負(第723回時点)

 大宮−清水は残留を争う両社の対戦で、どちらも勝ち点3が欲しい。激しい戦いになるのは必至で、好勝負が期待できる。有利なのは清水だ。現在3連敗中でチーム状態はよくないが、大宮には過去12勝7分け4敗(Jリーグ&ナビスコ杯)と大きく勝ち越している。攻撃陣に大前、ノバコビッチ、高木俊ら決定力のある選手をそろえ、本来は下位にいるチームではない。そろそろ連敗を止めると判断し、「2」で臨みたい。G大阪−鳥栖は「1」が本命になる。W杯による中断が明けてからG大阪は絶好調で、7〜9月はナビスコ杯も合わせ10勝2分け1敗だ。宇佐美、阿部、パトリックを中心とする攻撃陣が好調で、前節の清水戦にも3−0で快勝した。同時に失点も少なく、4試合連続で無失点勝利を収めている。G大阪が有利だ。
 湘南の昇格が決定したJ2は大分−長崎の九州ダービーに注目したい。大分は現在6位でプレーオフ進出圏内におり、田坂監督の下、粘り強い戦いを続けている。前節の横浜FC戦も敗色濃厚の中、後半ロスタイムに若狭が同点ゴールを奪って1−1で引き分けた。大分には勢いがある。「1」で勝負したい。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 144勝207負(第723回時点)

 G大阪が盤石の強さを示している。W杯による中断からリーグ再開後は8つの完封勝利を含む9勝1分け1敗。その11試合で25得点5失点と攻守とも完璧なだけに主将の遠藤も「相手にウチとは当たりたくないと思わせられている」と自信を口にする。 それでも鳥栖戦は真価を問われる戦いになりそうだ。4月のナビスコ杯で初勝利を挙げたものの、過去のリーグ戦では3戦3敗と相性が悪い。リーグ再開後は下位クラブとの戦いが多く、4位以内のチームと当たるのも初めてとなる。それだけにガンバの勝ちで鉄板とは言いにくいものの、鳥栖は監督の電撃交代後は2勝1分け4敗と失速した感があるだけに「1」でいく。 波乱があるとすればJ2の磐田―愛媛戦か。前節の水戸戦に完敗し、湘南のJ1最速昇格をアシストした形の磐田には少なからずショックがあるはず。主力にベテランが多く、中4日での連戦もマイナス要素。愛媛は昨季G大阪を下して今季も湘南に黒星をつけた実績がある。大物食いの可能性は十分とみて強気に「2」をマークする。

スポーツ報知

スポーツ報知 159勝192負(第723回時点)

 アギーレ・ジャパン候補は3トップの両翼争いがヒートアップしている。欧州で活躍している選手もいるが、J1では前節ともにゴールを挙げ、両翼での日本代表選出の可能性がある選手が在籍するチーム同士の対戦。F東京―柏に注目が集まる。前節1ゴールのF東京FW武藤、同2ゴールの柏FW工藤。ともに好調なストライカーがいるが、ここは【1】だ。F東京は現在リーグ戦で、5月10日の徳島戦から△〇△〇〇〇△〇△△△△〇と13戦(6勝7分け)連続負けなし中。しかもそのうち9戦が無失点で、絶好調と言っていい。対する柏は、敵地では5月6日の鳥栖戦から●●●●△△●●と8戦(2分け6敗)勝ちなし中。さらに今季の敵地は無失点の試合が3月23日の徳島との1戦だけ。敵地で失点が多いだけに、今回も好調のF東京は抑えられない。
 ホームで神戸にここ10戦7勝3分けの広島は【1】でいいだろう。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 139勝212負(第723回時点)

9位広島は7位神戸をホームに迎える。ナビスコ杯も含めた通算対戦成績は16勝7分け8敗で、直近の対戦でも4試合負けなし(3勝1分け)と広島が大きくリード。特筆すべきはホームでの対戦成績で、10勝3分け2敗という数字はもちろん、99年4月に敗れて以来、15年間無敗という抜群の相性を誇る。広島優位は動かない。残留争いに直面する16位C大阪は首位浦和と顔を合わせる。5月の対戦では0―1ながら内容では完敗。ポポビッチ監督の最後の試合となった。6試合負けなし4連勝の浦和に対して、右膝負傷でMF山口が離脱中のC大阪は、リーグ戦2連敗と明るい兆しが見えない。浦和勝利で手堅く。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 154勝197負(第723回時点)

予想が難しいのはJ1では横浜M−甲府、大宮−清水、J2では岡山−水戸、大分−長崎の4カード。J1の2カードは過去の対戦データ上、常に引き分けの可能性を秘め、今季もともに決め手らしい決め手を欠く中、決着してもロースコア傾向がある。2点予想ならば、ホームの勝ち及び引き分けとしたいところだが、高額配当を狙い、ともにドロー予想とした。J2の2カードも同様のスタンス。現在の順位を考えれば、ホームチームの勝利が妥当なのだろうが、岡山は今季、アウェーで1−0勝利、大分もアウェーで引き分けと大きな力の差はないように思える。前々回のように、1等当選で10万円余りじゃ、toto党としては寂しい。そんな配当はノーサンキュー(と言えないもう一人の自分もいますが…)ということで、波乱含みとしました。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 149勝202負(第723回時点)

 広島―神戸戦は、ホーム広島勝ちの「1」。過去のJ1リーグ戦通算対戦成績は広島が13勝6分け8敗とリード。広島のホームでは8勝3分け2敗とさらにリードを広げ、00年からは7勝3分けの10戦負けなしだ。攻守の要となるMF青山の復調も明るい材料だ。
 名古屋―新潟戦も、ホーム名古屋勝ちの「1」。ホームでの対戦は06年から7勝1分けとJ1リーグ戦8戦負けなし中。今季8月に新潟から加入したFW川又も好調で、移籍後のチームは4勝2分けの6戦負けなし。古巣の新潟相手に健在ぶりを示す。

J's GOAL

J's GOAL編集部 147勝204負(第723回時点)

3連戦の疲れが出る節だと推測して、お互い決定力不足で引き分けと予想した試合が6試合。C大阪対浦和、徳島対鹿島を引き分けにするのには勇気が必要だが勝負してみる。C大阪はU-19代表で抜ける前の南野がやりそうだし、ダヴィのいない鹿島を徳島が抑えそうな気がする。ただ、自分で買うときは浦和の勝ちと鹿島の勝ちも入れてダブルで買う。ある程度自信を持って、世間の予想と違うところをマークできるのは横浜FM対甲府の「2」。神戸に勝った甲府の内容が良かっただけに、世間の予想を裏切る「2」は充分ありと判断。シングルなら「1」でもいいが、ダブルで買うなら「2」は外せない。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません