クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第2ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第711回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 京都 vs 福岡 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 浦和 vs 鹿島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 川崎 vs 新潟 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 C大阪 vs 鳥栖 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 広島 vs 甲府 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 清水 vs 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 F東京 vs 仙台 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 大宮 vs 徳島 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 名古屋 vs 横浜M 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 神戸 vs G大阪 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 岡山 vs 栃木 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 千葉 vs 長崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 湘南 vs 富山 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 86勝122負(第709回時点)

 川崎−新潟は「1」が本命。川崎は中断明けの第15節清水戦に2−0、第16節鳥栖戦に1−0と連勝している。しかもどちらもアウェーゲーム。風間監督のもと、素早く正確にパスをつなぐサッカーを指向し、チーム状態がいい。新潟は第15節浦和戦、第16節FC東京戦にいずれも0−1で連敗。川崎が有利で「1」を押さえたい。
 清水−柏はどちらもチーム状態がいまひとつ。ともに中断明けの2試合に勝てていないばかりか第16節で清水はG大阪に0−4、柏は広島に2−5で大敗。守備に不安を抱える同士の対戦で難しい予想になるが、最近2年間は柏の3勝1分け。このデータを信じ「2」で勝負したい。
 J2の千葉−長崎は面白い試合になりそう。千葉は関塚監督になってから天皇杯を含め連勝しているが、何かが大きく変化したわけではない。長崎には過去3敗と相性が悪く、「2」を押さえたい。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 83勝125負(第709回時点)

浦和の快進撃が止まる予感がする。前節の徳島戦で7試合連続無失点のJ1新記録を樹立。だが、その徳島戦では新記録を意識するあまりにリスク覚悟の攻撃や高い位置からのプレスが影を潜めた。前線の選手からはもっとプレスを≠ニいう不満が聞こえ始めた。 相手は4位の鹿島。最近5試合は4勝1分と圧倒しているが、そこに落とし穴がある。浦和には新記録の達成感と十分に攻撃姿勢を見せられなかった反省もある。本来の姿を取り戻そうとすれば、鹿島が得意とするカウンターの餌食になりかねない。
 その他、川崎F、広島の上位陣は無風。2位の鳥栖も柿谷らが抜け、精彩を欠くC大阪戦は「2」。W杯による中断明け後、先制されても驚異の粘りを見せている大宮は後半戦初勝利を挙げそうだ。

スポーツ報知

スポーツ報知 92勝116負(第709回時点)

 7戦勝ち星なしの清水と前節大量5失点の柏。どちらも信用しがたいが、ここは【2】だ。清水のゴトビ監督は2011年に就任以来、苦手としているチームが5つある。C大阪、G大阪、横浜M、川崎、そして今回対戦する柏だ。リーグ戦でこの5チームからは一度も勝っていない。柏以外の4つのチームとは今季すでに対戦し、すべて●。柏とも過去6戦で●●●●△●と1分け5敗で、今回も勝てないだろう。
 7戦連続無失点のJ1新記録を樹立した浦和は信用できる。相手は難敵の鹿島だが、浦和にペトロヴィッチ監督が就任以来4戦4勝。さらに、会場となる埼玉スタジアムでは、ここ5試合すべて1―0の勝利。最少得点で勝てる強さを本拠地で見せるはず。【1】で間違いない。
 広島―甲府は【1】。甲府は2011年から7月は●●●●●●●●△と1分け8敗と9戦勝ちなし。7月に相性が悪く、期待薄だ。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 90勝118負(第709回時点)

Jリーグは今節で折り返し地点を迎える。2試合連続ドローで5試合勝ち星のない13位C大阪はホームで2位鳥栖と対戦する。勢いの差は歴然としており鳥栖優位と見られるが、通算対戦成績では15勝3分け6敗とC大阪が大きくリード。ホーム戦では12戦11勝、09年以降は5連勝と圧倒的だ。昨季の対戦でもMF山口のゴールを皮切りに4得点を奪った戦いぶりは記憶に新しい。相性で分のあるC大阪が浮上のきっかけとする。6位神戸と11位G大阪の阪神ダービー=B昨季はホームで神戸が完勝したものの、アウェーでは復帰したFW宇佐美の2ゴールなどでG大阪が勝利を収めている。通算対戦成績で10勝8分け17敗と負け越している神戸だが、宇佐美を封じることができればおのずと勝機が訪れる。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 86勝122負(第709回時点)

J1再開から2、3試合が経過し、各チームの勢いの差がはっきりと見えてきた。好調を維持しているのは、上位では何と言っても、首位の浦和と3位川崎。リーグ4連勝中の浦和は、J1新記録の7試合連続完封と堅守が光る。徐々に独走態勢を固めてきており、今後も大崩れしそうにない。今節は、再開後に2試合連続ドローの鹿島との対戦となるが、このカードではリーグ戦4連勝を飾っており、相性の面でも不安材料は全くない。このカードは「1」で固そうだ。
下位では、降格圏に沈んでいたG大阪が2連勝。ケガから復帰した宇佐美、新加入のパトリックが好調で、かつての攻撃サッカーを取り戻してきた。11位まで浮上し、さらに上位をうかがう勢いだけに、再開後はもたついている神戸では止められそうにない。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 91勝117負(第709回時点)

 J1最長7試合連続無失点中の浦和の勝利を予想したい。今回の対戦相手となる鹿島とは、J1リーグ戦通算13勝7分け26敗と「ダブルスコア」で負け越しているが、12年以降の4試合に限れば3―1、2―1、3―1、2―1と4連勝中。4戦すべて1点を失っているものの、ここ最近は浦和がリードしている。Jリーグが創設された93年以降の通算対戦成績だけを見ると、浦和の負けを予想したくなるが、ここは最近の傾向を重視してホーム浦和勝ちの「1」にマークする。
 過密日程の中、唯一ホーム2連戦の広島も「1」。

J's GOAL

J's GOAL編集部 87勝121負(第709回時点)

浦和対鹿島は、対鹿島4連勝中の浦和の相性で買いたい。新記録となる7試合連続無失点を記録した守備の堅さも考慮。川崎F対新潟は、等々力での川崎Fの相性の良さに加え、新潟が無得点で連敗している点も判断材料に。ホームで柏と対戦する清水は、攻守において連動性が乏しく難しい試合になりそう。勝点4差での対戦となる岡山対栃木は、ここまでシーズン9引き分けの岡山の粘り強さに加え、ともにプレーオフ圏内をかけた負けたくない試合となることもあり、引き分け予想。湘南対富山は手堅く湘南の勝利予想で。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません