クラブサポーター対抗totoリーグ 2014

クラブサポーター対抗totoリーグ

totoリーグ優勝賞品一覧(サポーターの皆様の努力によりクラブへ贈呈された賞品です)

  • 2014第1ターン優勝:浦和

    2014第1ターン優勝浦和

  • 2013第4ターン優勝:清水

    2013第4ターン優勝清水

  • 2013第3ターン優勝:新潟

    2013第3ターン優勝新潟

  • 2013第2ターン優勝:仙台

    2013第2ターン優勝仙台

  • 2013第1ターン優勝:広島

    2013第1ターン優勝広島

  • 2013第1ターン優勝:大宮

    2013第1ターン優勝大宮

  • 2012年間優勝:広島

    2012年間優勝広島

  • 2012年間優勝他:広島

    2012年間優勝他広島

  • 2012年間優勝他:仙台

    2012年間優勝他仙台

  • 2012第2ターン優勝:F東京

    2012第2ターン優勝F東京

  • 2012第1ターン優勝:浦和

    2012第1ターン優勝浦和

  • 2011年間優勝:仙台

    2011年間優勝仙台

  • 2011年間優勝:鳥取

    2011年間優勝鳥取

  • 2011第4ターン優勝:新潟

    2011第4ターン優勝新潟

  • 2011第4ターン優勝:熊本

    2011第4ターン優勝熊本

  • 2011第3ターン優勝:札幌

    2011第3ターン優勝札幌

  • 2011第3ターン優勝:仙台

    2011第3ターン優勝仙台

  • 2011第3ターン優勝:千葉

    2011第3ターン優勝千葉

  • 2011第3ターン優勝:神戸

    2011第3ターン優勝神戸

  • 2011第3ターン優勝:名古屋

    2011第3ターン優勝名古屋

  • 2011第2ターン優勝:浦和

    2011第2ターン優勝浦和

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:鳥取

    2011第2ターン優勝鳥取

  • 2011第2ターン優勝:C大阪

    2011第2ターン優勝C大阪

  • 2011第1ターン優勝:柏

    2011第1ターン優勝

  • 2011第1ターン優勝:名古屋

    2011第1ターン優勝名古屋

  • 2010年間優勝:新潟

    2010年間優勝新潟

第4ターンプレゼント

スポーツ新聞6社予想

主要スポーツ新聞6社(サンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ(中日スポーツ)、日刊スポーツ)にJ's GOAL編集部を加えた7通りのtoto予想を一挙に掲載! 最も的中するスポーツ新聞はどこだ!?

toto第728回の予想
予想 サンケイスポーツサンケイスポーツ スポーツニッポンスポーツニッポン スポーツ報知スポーツ報知 デイリースポーツデイリースポーツ 東京中日スポーツ東京中日スポーツ(中日スポーツ) 日刊スポーツ日刊スポーツ J's GOAL編集部J's GOAL編集部
1 徳島 vs 神戸 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
2 鹿島 vs 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
3 G大阪 vs 川崎 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
4 横浜M vs 清水 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
5 新潟 vs 甲府 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
6 鳥栖 vs C大阪 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
7 仙台 vs 浦和 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
8 広島 vs 名古屋 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
9 大宮 vs F東京 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
10 横浜C vs 栃木 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
11 京都 vs 松本 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
12 富山 vs 札幌 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2
13 岡山 vs 山形 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2 1 0 2

サンケイスポーツ

サンケイスポーツ 173勝217負(第727回時点)

横浜M−清水は現在の順位で判断すると勝ち点37で10位の横浜Mが有利だ。しかし、横浜Mはシーズン途中に獲得したラフィーニャが負傷しており、最近5試合で1得点と得点力が低下している。一方、勝ち点28で16位の清水は残留争いの渦中にいる。最近5試合に1勝4敗とチーム状態も悪い。しかし、その1勝が前節のC大阪戦だった。また、11日に開催された天皇杯の名古屋戦にも勝っている。清水に分がある一戦だ。「2」で対応したい。
 新潟−甲府は「1」が本命になる。新潟は8月に獲得したラファエルシルバがチームにフィットし、前節の川崎戦ではJリーグ初ゴールを奪っている。2連勝中でチーム状態もいい。この試合での波乱はない。
 鳥栖−C大阪も「1」を押さえたい。C大阪は15日に天皇杯を戦っており、中3日での試合になる。肉体的に厳しいで、苦戦が予想される。鳥栖が有利だ。
 J2の岡山−山形は過去の対戦成績をみると、岡山の5勝となっている。今季第10節の対戦も清水、妹尾の得点でアウェーゲームながら2−0で完勝している。相性から判断すると、圧倒的に岡山が有利だ。「1」が本命になる。

スポーツニッポン

スポーツニッポン 159勝231負(第727回時点)

J1は残り7節で首位浦和は2位に勝ち点7差。だが、8年ぶりのVへ鬼門となるのが今節のアウェー仙台戦だ。浦和は当該カードはホームでは7勝4分けと負けなしだが、アウェーでは3勝3分け2敗。特に仙台がJ1復帰後の10年以降、浦和は敵地で△●●△と4年連続未勝利。最近の浦和は敵地のC大阪戦でカウンターからの一発で黒星。前節のホーム徳島戦でも相手のワンチャンスを決められて一時は0―1の劣勢。日本代表GK西川を中心に堅守を誇る浦和を打ち負かす弱者の兵法≠ヘ確実に存在する。前節でFC東京をホームで撃破した仙台に期待したい。横浜は清水戦6連勝中もホームでは8勝5分け13敗と苦戦。前節C大阪戦で勝利を収め連敗を4で止めた清水が敵地で勝ち点3を持ち帰ると考え「2」とした。悲願のJ1昇格を目指す松本は9月こそ未勝利も10月の2試合で連勝。対京都は2勝3分けで、勝利は両方ともアウェーで得たもの。JFL時代から終盤に粘り強さを発揮する松本が敵地戦を制する「2」と予想した。

スポーツ報知

スポーツ報知 171勝219負(第727回時点)

 13位・仙台と首位・浦和の一戦は番狂わせが起こる。つまり【1】だ。そのヒントは5日に仙台がホームでF東京を1―0で下した一戦にある。実は、仙台はホームで1―0で勝つと、次のホームゲームは一度も負けていない(J1に限る)。02年から〇〇〇〇〇△〇△と、8戦で6勝2分けだ。しかも8戦中7戦で3得点以上を挙げている。今季の最近7戦はマルチ得点がないが、大爆発の予感がする。前節はそれまで14戦負けなしと絶好調だったF東京に完封勝利。ホームで1―0のサインを見逃してはいけない。
 ナビスコ杯準決勝から3連戦目となるG大阪―川崎は【2】。川崎は公式戦で同じチームと3連戦したことは99年の鹿島(〇△●)、05年のC大阪(〇〇△)に次いで通算3チーム目。今回は〇●と来ているが、試合を重ねるごとに成績は落ちてきている。2戦トータルでナビスコ杯では敗れた川崎のリベンジに期待。

デイリースポーツ

デイリースポーツ 154勝236負(第727回時点)

 注目の一戦は、ナビスコ杯・準々決勝と同カードとなった川崎―G大阪だ。ナビ杯ではともに1勝1敗ながら、2戦合計でG大阪が5―4と壮絶な打ち合いの末に4強入り。だが、第2戦で意地を見せたように、アウェーでも川崎の勝負強さは無視できない。川崎が優位とみる。 負ければ他チームの結果次第でJ2降格が決まる徳島は、本拠地に神戸を迎える。残留は厳しい情勢だが、ホームのファンの前で情けない試合は見せられない。引き分けで勝負だ。 J2での注目は横浜FC―栃木。昨年の同カードでは、キングこと三浦知良がゴールを決めて話題をさらった。三浦はベンチスタートが濃厚だが、途中出場の一発を期待して、横浜FCの勝利と読む。

東京中日スポーツ(中日スポーツ)

東京中日スポーツ(中日スポーツ) 167勝223負(第727回時点)

条件がそろえば、J2降格が決まってしまう徳島ですが、ホーム開催とはいえ、賞金圏ぎりぎり、今後の戦いによってはACL出場権ゲットも視野に入る神戸相手では分が悪い。その他は原則、順位上位を勝ちとしましたが、横浜Mと清水の一戦はやや難解。J2降格が現実味を帯びてきている清水の方が動機付けがあるが、決め手に欠け、引き分け癖があるのも事実。敵地戦という意味でも割り引いて、ドローあたりが適当かと思います。J2に至っては、松本山雅以外はもう勘でしかありません。ここ数節の最下位・富山の奮闘を考えると、波乱があるとすれば、ここかとも思いますが、そういうときに限って「順当」(何をもって順当か、最近はよく分かりませんが…)だったりするので、ここは成績上位の札幌勝利を素直に選択。結果、ホーム、アウェーの勝利が5ずつとバランス重視の予想としました。

日刊スポーツ

日刊スポーツ 162勝228負(第727回時点)

 2位G大阪と4位川崎Fの上位対決は、ホームのG大阪勝利を予想する。G大阪は川崎Fに00年の初対戦からホームの万博ではリーグ戦通算9試合で7勝2分けと1度も負けたことがない。今季はナビスコ杯と天皇杯ともに勝ち進み、国内3冠を狙える勢いも、10月はすでに4試合をこなす過密日程となっている。だが、直近15日の天皇杯大宮戦はFW宇佐美、MF遠藤ら主力を温存。コンディション面の心配はしなくてよさそう。初対戦からのホーム連続負けなし記録を10試合に伸ばすと見て「1」を塗りつぶす。

J's GOAL

J's GOAL編集部 157勝233負(第727回時点)

 大一番と言えるのが、G大阪対川崎F。どちらも優勝・ACLを目指すには絶対に負けられない。ここ最近の戦績からいえば、やはり6連勝中のG大阪が優位か。ただ、G大阪のような攻撃的なチームに対しては、川崎Fのパスワークが美しく生きる。どちらに転んでもおかしくないカードだが、引き分けはおそらくあるまい。点をとりあい、決着はつくと見る。J2での大一番は、やはり岡山対山形だろう。プレーオフ圏内を争う直接対決。前節、群馬に敗れた岡山は、現在5試合連続して勝利なし。一方の山形は長崎に逆転勝利で5試合3勝1分1敗。勢いの差は明白だが、岡山には対山形戦5戦全勝という相性のよさがある。さらにいえば、ホームでの岡山はめっぽう強く、第8節の北九州戦で敗れて以降、14試合不敗。確かに今のチーム状態は厳しいが、相性などの非論理的な要素は、勝負にとっては意外と重要だ。

※本記事は担当各紙によって提供されており、J'sGOALでは本文の編集は行っておりません