【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:グルージャ盛岡

2015年10月30日(金)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
「無骨」。
昨季までの盛岡の戦いを一言で表現するならば、この言葉が一番しっくりくる。体を張ったプレーと徹底したカウンターを武器に戦い、5位というサプライズを提供。今季はこれに「繋ぎ」というエッセンスを加え、昨季果たせなかった上位チームからの勝ち星を目指した。

しかし、試合内容としては互角以上に戦い、新システム・新戦術ともにある程度機能したものの、勝負強さはなりを潜め、明治安田生命J3リーグ開幕から11戦未勝利(4分7敗)と振るわず。初勝利後も勝点の積み上げに苦心した。
ただ、後半戦に突入する頃から、ようやく結果と内容がリンクしてきた感がある。長野(第17節)・町田(第23節)などからも勝利を奪い、上位からの勝ち星という目標もクリアして見せた。その試みはシーズン序盤に採用した3バックへの変更、そして中盤以降に多く見られたGKも含めたDFラインでの横あるいは後ろへのパスの頻度を見ても顕著に現れている。さらにシーズン途中で加入した選手も、強さよりも巧さに特長を持つ選手が多い。

鳴尾直軌監督は、開幕時から「今季の戦いをクラブの未来へ繋ぐものにしたい」と話し、まだまだ理想像までは距離があるものの、形になってきたこの戦い方に選手も強い手応えを感じている。改善すべきはゴールを決めるべき時間帯で決め切る力。前線だけでなく、チーム全体でゴールへの道筋を改めて共有する必要があるだろう。これまでロングボール一本槍だった盛岡が目指す「繋ぎ」という幅。1本1本のパスが、クラブの未来に繋がっている。

2015.10.26 Reported by 高橋拓磨(cross Line)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集