【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:鹿島アントラーズ

2015年10月28日(水)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
今季ここまでを思い返すと、様々な「弐」が見られるシーズンだった。
まず2人の監督が鹿島を率いた。明治安田生命J1リーグ1stステージで低迷し、2ndステージでの巻き返しを期待されたが、新潟・清水・松本という下位3チームとの対戦で1勝1分1敗という苦しいスタートを切ってしまう。そこでクラブは、トニーニョ セレーゾから石井正忠へ、シーズン途中での監督交代を決断した。途中解任は、長いクラブの歴史のなかでも2回目のこと。さらに、日本人監督が就任したのも、宮本征勝さん以来2人目という珍しい監督人事が見られた。

不安のなかで始まった石井体制だったが、球際の激しさや高い位置からボールを奪いに行く伝統的な鹿島のスタイルを随所で取り戻し、さらにフォーメーションも4-2-3-1から4-4-2へ回帰。久しぶりにFW2人が横並びで戦う布陣を採用する。
すると、第4節からの2ndステージを一気に盛り返し、広島と激しい優勝争いを演じるまでにV字回復するしぶとさを見せた。さらに、ヤマザキナビスコカップでも3年ぶりの決勝進出を果たす。

とはいえ、思い起こせば2ndステージに強いのは、2シーズン制だったころの鹿島の必勝パターン。2ndステージを制した勢いそのままに、チャンピオンシップでも強さを発揮してきたのが過去の鹿島だった。今季も、17冠目のタイトル獲得に向けて余念がない。天皇杯は3回戦で敗退してしまったが、明治安田生命J1リーグと、ヤマザキナビスコカップの2つのタイトルが獲得できれば最高のシーズンになるだろう。

2015.10.21 Reported by 田中滋

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集