【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:Y.S.C.C.横浜

2015年10月29日(木)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
この字には2つの意味がある。
まずはチームのスタイルについて。絶対的な得点源に欠けるYS横浜にとって、いかにゴールへの距離を縮めることができるかが今季のテーマだった。そこで重要となったのが、ディフェンスラインの位置と攻守の境目をなくすこと。基礎技術や戦う姿勢といったサッカーの原理・原則を積み上げた昨季から、今季はよりアグレッシブなサッカーを志し、守備と攻撃を切り離さずより果敢にゴールを目指した。

だが、序盤戦こそ重心を下げた戦いで勝点を積み上げたものの、ディフェンスラインを高く保って得点力向上にトライした中盤戦は連敗がちに。明治安田生命J3リーグ第3クールに入ってJ参入後初のホーム連勝(第28、30節)を果たすなど理想的なゲーム運びができる回数は増えてきたが、良い守備から良い攻撃へとつなげる“YSスタイル”の形成はいまだ道半ばだ。

もう1つは、成長、ブレイクスルーの“境界線”という意味。
J3初年度の昨季は最下位に終わり、有馬賢二監督2年目の今季は、目の前の一戦一戦に対する勝負や結果へのこだわりも求められた。そうした中だったにも関わらず、今季は手ごたえのあったゲームをことごとく落としてしまった。

ターニングポイントを挙げるとすれば、第9節・山口戦、第21節・長野戦、第34節・盛岡戦。すべてスコアは0-1で敗れたゲームだ。“たられば”はサッカーにおいて禁物だが、もしこれらのゲームをモノにしていれば、順位はもちろん、チームや選手たちの成長曲線も大きく変わっていたかもしれない。

それでも、選手たちは課題を一つひとつクリアして着実に戦える集団へと変化している。あとは勝利という成功体験を積み重ね、自らの力によって“境界線”を突き抜けることで、次なるステップへの道は拓けるに違いない。

2015.10.21 Reported by 安藤航平

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報