【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:FC琉球

2015年10月29日(木)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
「薩さん」の愛称でサポーターから親しまれる薩川了洋監督が琉球を率いて3シーズン目。毎年オフには選手の入れ替わりが激しい中で、プレースタイルを熟知するかつての教え子を長野から呼び寄せ、戦力を整えた。掲げた目標は、JFL時代から未だ経験のない「シーズン4位以内」。周囲も、今季こそこれを実現できると信じてスタートを切った。

しかし、新チームがフィットするには長い時間が必要だった。開幕戦で黒星スタートを喫し、厳しい船出を強いられたチームは、明治安田生命J3リーグ第3節・J-22選抜戦で今季初勝利を挙げるものの、その後の約1カ月は勝ち星に恵まれず。特に決定力不足が如実に表れていた。

それでも、第2クールに入りると3連勝(第16~18節)を飾るなど、チームの勢いは上昇。長野から加わった新戦力の田中恵太がゴールを量産し、チームにフィットし出した。また、選手のケガや主力選手の移籍もあったものの、システム変更やチーム内競争に勝った朴利基といったルーキーが光り出し、順位は5位まで上昇。目標とする4位まで目前と迫った。

9月以降は一転して、2勝1分4敗と苦境に立たされている。下位チームを相手に勝点を取りこぼす試合が目立ち、上位の山口、町田、長野には今季1勝もできていない。加えてチーム得点王の田中恵がケガで離脱し、復帰の目処もいまだ立っていない状況だ。
しかし今、選手たちは「薩さん」の植え付けた競争力を意識し、新たに生まれたレギュラーポジション獲得に意気込んでいる。リーグ戦終盤に差しかかっているが、これが新たなチームの底上げのきっかけとなるのか。薩川琉球の真髄、その真価が問われる。

2015.10.21 Reported by 仲本兼進

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報