【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:AC長野パルセイロ

2015年10月28日(水)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
長野は悩ましいシーズンを送っている。昨季は讃岐とのJ2・J3入れ替え戦で敗れ、改めてJ2昇格を目指して再始動した今季。3年目となる美濃部直彦監督の下、「開幕ダッシュ」を掲げてキャンプに突入した。

しかし不動のエース宇野沢祐次が2月のキャンプ中に右膝後十字靭帯を損傷するなど複数の主力が離脱してチーム作りが遅れ、明治安田生命J3リーグ開幕戦は町田と0-0のドロー発進。J1ライセンス基準を満たす新スタジアムのこけら落としとなった第2節・ホーム開幕戦も相模原に黒星を喫し、スタートダッシュの目論見は崩れた。

その後は2度の5連勝(第3~8節、第10~14節)などで一時は持ち直したものの、首位・山口と対戦した第20節では2-0と先行しながらも後半アディショナルタイムにまさかの2失点で逆転負けを喫した。

それ以降は、J2・J3入れ替え戦圏外の3位が定位置となってしまい、第24節後には美濃部監督が体調不良を理由に辞任。それを受けてコーチから昇格した衛藤元監督は、ハイプレス重視のスタイルをより鮮明に打ち出して立て直しを図った。
その象徴的な存在がMF有永一生。従来はボランチで起用されていたが運動量を買ってトップ下にポジションを上げ、献身的なチェイスや相手守備ライン裏への頻繁な飛び出しなどを要求した。ただ、こうしてチーム全体の重心を前掛かりに設定したものの深刻な得点力不足が解消できずに伸び悩んでいるのが実情だ。2位・町田との勝点差を思うように詰められないまま、残された試合数はあとわずか。もう悩んでいる暇はない。

2015.10.21 Reported by 長谷川遼介

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集