【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:藤枝MYFC

2015年10月30日(金)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
元祖サッカーの街・藤枝を拠点に、未来のJ1昇格を目指す藤枝MYFC。昨季からJリーグに参入して本格的にプロ化を果たし、今季はその挑戦が2年目を迎えている。

その藤枝がもっとも誇れるのは、チーム全体に“ブレ”がないことだ。Jリーグ参入の時点で、藤枝のサッカーはどうあるべきか、チームの伝統としてどんなスタイルを目指していくのかというビジョンを小山淳代表が明確に示し、それを徹底的に追求していくという姿勢は今季もまったく揺るがない。
そのために小山代表が抜擢した大石篤人監督も、「もしバルセロナと戦うとしても、自分たちのサッカーを変えることはない」と断言する。選手たちも同じ志を共有し、天皇杯でJ1勢と戦っても、前からアグレッシブにプレッシャーをかけていく攻撃サッカーを最後まで貫き通した。

もし明治安田生命J3リーグで優勝しても、スタジアム整備等の問題でJ2に上がれないという事情もあるが、だからこそ目先の結果だけにとらわれることなく、ここ数年でチームの基盤をしっかりと作り上げることに全力を注いでいる。
そのためJ3での順位は第35節終了時点で11位と、昨季(11位)と変わらない状況だが、サッカーの質が確実に上がってきていることは間違いない。
どんな相手にも真っ向勝負を挑むので、玉砕するときは派手に玉砕するし、まだまだ初歩的なミスも多い。しかし、夏場の好調時(第20~27節、5勝1分2敗)には上位陣に対しても互角以上の戦いを見せ、天皇杯2回戦では清水エスパルスに0-2のビハインドから大逆転勝ち。清水はほぼBチームだったものの、がっぷり四つに組んでもサッカーの質的に差は感じられず、最終的に4-2というスコアでのジャイアントキリングに“フロック”という言葉は当てはまらなかった。

清水戦の後はリズムを崩しているが、つねに目指すものは明確で、挑み続ける姿勢も変わらない。もちろん来季も変わらないだろうが、来季はそれが結果にも結実し始めることを楽しみにしたい。

2015.10.26 Reported by 井上慎也

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報