【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:名古屋グランパス

2015年10月27日(火)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
2015年を1文字で表すならば、この漢字しか思い当たらない。
序盤から田口泰士やレアンドロ ドミンゲスなど中心選手に負傷が相次ぎ、青木亮太やグスタボなど期待の若手もシーズンを棒に振る重傷を負った。その後も大小様々な負傷が選手たちを襲い、ダニルソンや田鍋陵太など負傷を繰り返す選手も続出。チームの半数近くが負傷者リスト入りという時期がほぼ1年続いたことは、どう考えても異常だった。

負傷者の多さは、チーム作りにも大きく響いた。まず第一に紅白戦ができないので戦術練習ができない。若手を起用しようにも人数不足で練習試合ができず、実戦経験が乏しい状態では信頼して送り出せない。今季の天皇杯の初戦敗退は、そうした試合勘のなさが招いた結果でもある。
あまりにも増えすぎた負傷者は選手起用にも無理を強いることになり、せっかく復帰した野田隆之介や小屋松知哉の再離脱という悲劇の引き金となった。

1年を通じてコンスタントにプレーした若手は、本多勇喜と矢田旭くらい。そのほかは39歳の楢﨑正剛を筆頭に、田中マルクス闘莉王、竹内彬、小川佳純、矢野貴章とベテランたちがチームを支えた。このあたり、負傷とコンディショニングについて若手が学ぶべきことは多いのではないか。

個人的には、2年間をそうした負傷者を抱えてのやりくりのみで終えることになった西野朗監督の契約満了も残念だった。少なくとも負傷者が少ない、真っ当な戦力での采配を見てみたかった。

2015.10.21 Reported by 今井雄一朗

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集