【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:レノファ山口FC

2015年10月29日(木)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
「ウェルカム 維新劇場」。
ホームスタジアム・維新百年記念公園陸上競技場の入口にサポーターが掲げているフラッグにはそう書いてある。めくるめくレノファ劇場への入口だ。

Jリーグ参入初年度の山口が今季、明治安田生命J3リーグを席巻している。開幕戦で鳥取を2-1で破ると、第2節以降は首位をキープ。1トップの岸田和人は1試合平均約1ゴールという驚異的な決定力でゴールを量産し、2列目からゲームを揺さぶる福満隆貴は第31節・YS横浜戦と第32節・相模原戦の2試合連続でハットトリックを決めた。 こうした得点劇と選手たちの戦う姿勢を目撃しようと、劇場の客席は回を重ねるたびに埋まっていき、平均入場者数はJFL時代からほぼ倍増。J2クラブライセンスも交付され、2015年の快進撃(劇)は最高のフィナーレを迎えようとしている。

チームの総合力も高まっている。就任2年目の上野展裕監督がハードな練習を通して教え込む上野イズムが浸透。山口は前線4選手で70点以上を叩き出しているが、シュートに至るまでの組み立ても美しく、小塚和季、庄司悦大のダブルボランチから流動的にゲームメイクする。守っては守護神の一森純を中心とした守備陣がピンチをはね返し、着実に勝点差、得失点差を広げてきた。

下部リーグでのいわば下積み時代を経て、今季ようやく維新公園が劇場と化した。ただ、まだJリーグという演目は封切られたばかり。さらなる高みを目指して、舞台上の役者たる選手たちや監督、エールを送る観劇客たるサポーターが一体となり、レノファ劇場を続けていく。

2015.10.21 Reported by 上田真之介

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報