【鳥栖 vs 仙台】 担当ライター“一問一答”

2015年11月6日(金)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J1リーグ 2nd 第16節
11月7日(土)14:00KO ベアスタ
サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台

★鳥栖から仙台へ
Q
仙台とは、勝負つかずの試合が多いような気がしますが、実際にはJ1では鳥栖が3勝3分1敗とやや勝っています。J2では14勝2分18敗とやや仙台に負けていますが、今節鳥栖が勝利することで通算戦績が五分に近づき来シーズン以降がもっと面白くなると思います。今節は勝った方が年間順位で上位になる試合となりますが、J1での対戦成績通りに、また来シーズンのためにも鳥栖の勝利ということでいかがでしょうか?また、鳥栖のホーム最終戦ですし、4月以来のホーム戦勝利を多くの方に見ていただきたいと思います。仙台としてもそう思いませんか?
あと、1stステージで0-5で敗れた屈辱も晴らさせてください。(悲痛な叫び)
(鳥栖担当:サカクラゲン)

A
すべてお断りいたします。

……だけだと、何ですので、もう少し。
サカクラさん、過去の成績で言ったら、2012年以降のJ1での対戦において鳥栖はホームの仙台戦で負けたことがない(鳥栖の2勝1分)のですから、こっちだって勝ちたいですよ。そもそも過去は過去。これからの成績はまた別です。今の結果は自ら掴み取るものなのです。来シーズンも大事ですが、その前に天皇杯4回戦に向けた勢いを得るためにも、勝利が必要なのはお互い様ですよサカクラさん。これから来場しようとする方々はそんな安い喧嘩を買うよりも、この試合の当日券(1000~5500円)を買って場内の雰囲気を盛り上げた方がいいですよ。僕は取材で入るのでスタジアムで中央軒様のかしわめし(700円)や馬郡蒲鉾様のミンチ天(200円)を買おうかと思います。

えーと、何の話でしたっけ。そうだ勝負の話だ。仙台は確かに1st第15節で5-0と勝っているのですが、それも、過去は過去、です。今節を前に渡邉晋監督は現在の鳥栖について「システムもメンバーも変わっているので、あの時とは全く違う相手と考えて臨みます。出る選手によって戦い方も増えています」として気を引き締めており、油断はありません。

前節の仙台はセカンドボールをなかなか拾えず3失点してしまったので、選手同士の距離や出足の鋭さ、何より一対一の強さを修正して鳥栖に乗りこみます。攻撃ではハモン ロペスが2試合連続得点と好調で「勝つことだけしか考えていません」と意気込んでいます。若い山本大貴も10月31日の練習試合で調子を上げて「さらに味方と動きのタイミングを合わせてチャンスをものにしたい」と貪欲です。

ホームで勝てない苦しさは、仙台も今季にホームで5勝しかできなかったのである程度は分かります。でも、繰り返しますが、今の勝負はまた別。あくまでも勝点3を取るために、仙台は鳥栖戦に臨みます。
(仙台担当:板垣晴朗)


★仙台から鳥栖へ
Q
鳥栖は前節が8試合ぶりの複数得点だったと知り、意外に思いました。見事な逆転勝利でしたが、攻撃面での課題は解決された印象でしょうか?
(仙台担当:板垣晴朗)

A
ご質問ありがとうございます。ですが『攻撃面での課題が解決…』とは何のことでしょうか。まさか、2nd第10節からの5試合で1得点しか取れなかったことを課題と感じられたのではないでしょうね。もし、このことであれば視点を変える必要があります。

それは、この5試合で失点は2しか喫しておらず、4分1敗で勝点4を上積みすることができたと鳥栖のサポーターは感じています。この時期の森下仁志監督も「チャンスは多くできている。あとは決めるだけ」とおっしゃっていました。この5試合の前の試合であった第9節の神戸戦では、クラブのJ1昇格後のリーグ最多失点に並ぶ7失点を喫した試合でした。それからの5試合ですので『守備での課題が修正された』のであり、『攻撃面での課題が…』ではないのです。

たしかに今シーズンは勝ちきれない試合が多く、予想外の残留争いも経験させていただきました。それは、『堅守の鳥栖』を出すことができずに苦戦したからで、攻撃の課題があったからではありません。もともと鳥栖はシュート数も得点も多くはありません。少ないチャンスを決めて、全員で守って勝ってきたチームです。

だから、あの5試合はある意味鳥栖らしく戦ってきたのであり、2nd第15節の松本戦はPKで先制されましたが、その後の猛攻をしっかりと守り切って2回のチャンスで決めて勝った試合だったのです。今節も仙台の猛攻を受けることになりそうですが、復活した『堅守の鳥栖』で無失点でしのぎ、高橋義希選手(前仙台所属)のミドルシュートで勝つ予定です。

今季のホーム最終戦ですし、4月12日以降、ホームでのリーグ戦では勝利がありません。遠路はるばる来ていただいて申し訳ないのですが、満員のベストアメニティスタジアムで歓喜する鳥栖サポーターを見ていただくことになりそうです。

追伸
先日、ベストアメニティスタジアムでU-22日本代表と鳥栖がトレーニングマッチを行いました。U-22を率いられている手倉森誠監督は試合後に「鳥栖に勝ったのは久しぶりだ…」とおっしゃっていました。(*^。^*)
(鳥栖担当:サカクラゲン)
駅前不動産スタジアム(サガン鳥栖)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.8)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (4.2)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報