【京都 vs 愛媛】 担当ライター“一問一答”

2015年11月7日(土)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J2リーグ 第40節
11月8日(日)13:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs 愛媛FC

★京都から愛媛へ
Q
J1昇格プレーオフへ、躍進続ける愛媛さんへ質問です。強さの秘密は何でしょうか? 木山隆之監督からの言葉をキーワードに、愛媛の強さの秘密を教えて下さい。(と同時に、弱点も教えて欲しいなぁ…)
(京都担当:武田賢宗)

A
「選手らと一緒になって周りの人たちの評価を覆していけたら、こんなに楽しいことはない」。これは今季開幕前に木山隆之監督が語った言葉なのですが、この言葉にこそ今季の愛媛躍進の理由が隠されていると思います。ご存知のとおり、愛媛は今季開幕前にクラブの不適切な会計処理が発覚し、チームの船出はとても厳しいものになりました。そんな状況で木山監督が語ったのが前述した言葉。苦しい状況を嘆くのではなく、それを覆すことをモチベーションに変えて前向きに戦ってきました。この問題以外にも、シーズンを戦う上で様々な壁が目の前に立ちはだかりました。そのときは打ちのめされても、その失敗を糧にして再び立ち上がることで試合を重ねるごとにタフに成長していったのではないかと感じています。勝負に強くこだわり、逞しいメンタルを養っていくという部分での木山監督の貢献度は計り知れないほどに大きいと思います。
チームにタフなメンタルをもたらしたのが木山監督であれば、プレー面においての礎を築いたのは昨季までの2シーズンで愛媛を率いた石丸清隆監督と言えるのかもしれません。今季の愛媛は昨季の主力がほぼチームに残り、システムも同じ[3-4-2-1]を踏襲。チームのサッカースタイルに若干の方向性の違いはあれど、ボールをつなぐことにこだわるという部分では理想のサッカーを追い求めた“石丸・愛媛”のベースは確実に今季の愛媛に生きていると思います。また、昨季はチームの成績こそ出なかったものの、選手個々の成長が目覚ましい1年でした。昨季、一昨季に石丸監督とともに戦った中で、そのサッカーに楽しさ、手応えを感じ、石丸監督を信望していた選手は少なくありません。河原和寿などはその代表格で、「マルさん(石丸監督)に出会ってサッカーがまた楽しくなった」と話し、その才能を再び開花させてくれた恩人としていまも深く慕っています。
そんな石丸監督のかつての教え子たちはさらに成長した姿を見せようと今節、激しく立ち向かっていくと思います。弱点に関しては…おそらく石丸監督がよく知っているはずなので、直接聞いてみてはいかがでしょうか?(笑)
(愛媛担当:松本隆志)


★愛媛から京都へ
Q
京都には原川力、伊藤優汰、有田光希、田森大己の4選手に加え、石丸清隆監督、平井直人GKコーチと愛媛ゆかりの選手やスタッフが多いですが、今節では古巣戦とあって愛媛のことを意識している感じはありますか?
(愛媛担当:松本隆志)

A
ご質問、ありがとうございます。石丸清隆監督(前愛媛監督)は、古巣との対戦だから気持ち的に何かあるか、について「それはないですね」と、いつも穏やかな口調ではっきりと返答。「相手が『やってやろう』という感じで来ることはあるかも知れないが」としていました。伊藤や原川らの反応も合わせると、古巣との戦い以上に「こちらは残留争いで、愛媛はJ1昇格プレーオフ進出狙っていて、互いに負けられない」という構図の方を、意識しているという感じでした。
原川は「(自分にとって)ホームチームが増えた気持ちですし、みんな知っているし仲も良いし楽しみです」としながらも、この構図を口にして「シビアな戦いになる」と気を引き締めていましたし、伊藤も同じく、でした。
くだけたところでは、伊藤が気になる相手として児玉剛を挙げ「癖は分かっているので、ダマさんがそれを直していなければ……」と自分なりの対戦イメージはあるようでした。特産の多い愛媛で美味しかったものの思い出について原川に聞くと、海が近くてお鮨が美味しく「よく食べに行っていた」とのことで、好きなネタは「タコ」。「食感がある方が好きなんで」。あの吸いつく様なボールタッチはきっとタコの影響で……とは誰も言ってませんが、愛媛話は色々とあるようでした。と、こんな感じですが、回答になっていますでしょうか。
(京都担当:武田賢宗)
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集