【福島 vs 琉球】 担当ライター“一問一答”

2015年11月14日(土)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J3リーグ 第38節
11月15日(日)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs FC琉球

★福島から琉球へ
Q
ここ数試合、さまざまな選手の得点で派手な試合となっていますが、福島が一番警戒すべき選手を教えてください。
(福島担当:杉山孝)

A
本当に11月は2試合で7得点と派手な展開でしたね。しかし秋田戦で3点、相模原戦で4点を取っても勝利の美酒に酔えず…得点以上に勝点が今一番欲しいです。

ここ2試合における琉球の得点源は、チームが誇る二人のサイドアタッカーの活躍によるものです。左サイドからドリブルを仕掛けチャンスを作る小幡純平選手が1ゴール1アシスト、相手に的を絞らせない意外性のある岩渕良太選手が2ゴール2アシスト。特に岩渕選手はシーズンを通してボランチ、トップ下、右サイドバック、右ウイングバックと様々なポジションで起用されながらチームの中軸を担い、右サイドハーフの田中恵太選手がケガで戦線離脱を余儀なくされた際はそのポジションに入り、全く違和感を感じさせない高い順応性で攻撃陣を牽引していました。が、前節の相模原戦で岩渕選手はイエローカード2枚で退場処分を受けてしまい、2試合の出場停止で福島戦には出られません。これは本当に痛いです。

なので、岩渕選手の抜けたポジションに誰が入るのかが福島戦での最大のポイントとなります。琉球の攻撃は、チャンスだけでなくゴールも生み出す選手が右サイドハーフに入ることで一気に活性化されます。この選手こそが最も警戒すべき選手になるでしょう。
では、そのポジションに入る選手は一体誰になるのか。
当日のスタメン発表を待ちましょう!
(琉球担当:仲本兼進)


★琉球から福島へ
Q
J-22戦で3試合ぶりに勝ち、良い流れを保ちながらホーム最終戦を迎える福島との対戦。私の記憶が確かならば、これまで琉球は福島を相手に一度も勝ったことがなく…逆に福島はホーム最終戦の向け勝利への気運が高まっているかもしれません(汗)。齋藤恵太というニューヒーローも誕生した福島にあえて伺います。弱点があれば教えて下さい!
(琉球担当:仲本兼進)

A
前節はJ-22相手に3得点で勝利しましたが、決して盤石の強さ、というわけではありません。とはいえ、終盤に入りチーム力が高まっているのも事実だと思います。

目に見える強さ、というものではないのと同様、「弱点」と言われても特段「ここ」というものはないのですが…。強いて言えば、選手が真面目すぎるように感じられるところ、でしょうか。

課題だった、試合への入り方の悪さは改善されました。齋藤恵太のスピードを生かして、シンプルに裏を狙うプレーもうまく使えるようになりました。栗原圭介監督に求められることができるようになっているのですが、もしかしたら、言われたことに忠実すぎることがあるのかな、という気もします。

今、チームが求めているのはトップ5でシーズンを終えることです。現在6位の福島としては、ぜひとも勝利を重ねていきたいところです。しかも今週末はホーム最終戦ですから…。その勝利への意識が強すぎて、動きやプレーの選択での「硬さ」につながらなければいいな、と思っています。
(福島担当:杉山孝)
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (2.8)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報