【大分 vs 磐田】 担当ライター“一問一答”

2015年11月22日(日)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J2リーグ 第42節
11月23日(月)14:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs ジュビロ磐田

★大分から磐田へ
Q
今季もですが、大分はホーム戦で大分に在籍していた『元トリニータ選手』に得点を許しています。7節福岡戦の末吉隼也にはじまり、39節金沢戦の作田裕次まで6人(強化指定選手だった田代有三含め)。今節は”デカモリシ”に恩返し弾を何発決められるのかと戦々恐々としています。自動昇格に向けて調子が上向きだと聞いています。デカモリシの調子はいかがですか?
(大分担当:柚野真也)

A
森島選手は、08年から13年まで大分にプレー。磐田では『デカ』の愛称で親しまれています。今節、古巣・大分との対戦、そして、大分銀行ドームでの一戦について、「ここで大分と対戦することは運命だと思っている。“歓迎”されることはないと思うけど、懐かしい」と話していました。

今節は先発濃厚。左足の負傷でここ2試合を欠場しているジェイの復帰が、微妙な状況であるためです(※試合前日の時点で別メニュー)。「ジェイがどうなるかわからないし、しっかり準備していきたい」と引き締まった表情で話していました。

“調子”という点では…、試合前日恒例となっているリラックスゲーム(※レクリエーション的な要素を含んだゲーム形式のメニュー)で、決勝ゴールを決めていました!

J1自動昇格を懸けた大一番を前に「やれることは全てしよう」との思いから、前節終了後のオフを利用して出身地・兵庫県へ帰省し、親族のお墓参りをしてきたそうです。

「チームの雰囲気がいいし、負ける要素はない」と意気込む同選手。
古巣対決を前に、準備万端です!
(磐田担当:南間健治)


★磐田から大分へ
Q
入れ替え戦へ回る可能性が高い大分としては、今節どこが焦点となりますか?
(磐田担当:南間健治)

A
磐田戦の結果で順位が変わることがほぼない状況。ですが、入れ替え戦へ向け勢いと自信を生み出すためにも、いい内容と結果を残す戦いが求められる試合となる! はずでしたが、試合を前に『青野社長辞任』の情報が一部のメディアで報じられました。青野浩志社長は「今は特に否定も肯定もしません」と言うに留まり、水を差してしまった感は否めません。

田坂和昭前監督が「選手、スタッフを含めクラブが、ひとつになれなかった」と語り、志半ばでチームを去ったときの言葉が、今となっては身にしみます。なぜ、ひとつになれなかったのか? その問題は入れ替え戦を終えて突き詰めなければいけない問題となりそうですが、「今は試合に集中すること」と高松大樹選手が話したように、「チームがひとつになって戦うこと」ができるかが、今節の焦点です。

「ひとつになる」。よく聞くフレーズですが、チームに忠誠心を持ち、全員が同じ方向を向いて勝利を目指す。ピッチに出た11人だけでなく、先発組以外の選手、スタッフ、フロント、トリニータに関わる全ての人が、一心不乱に試合に挑むとなると極めて困難なミッションということです。しかし、ひとつになることができれば、多少の困難も乗り越えることができるはず。入れ替え戦に向けて、大きなテーマとなりそうです。
(大分担当:柚野真也)
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報