【愛媛 vs 徳島】 担当ライター“一問一答”

2015年11月22日(日)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J2リーグ 第42節
11月23日(月)14:00KO ニンスタ
愛媛FC vs 徳島ヴォルティス

★愛媛から徳島へ
Q
愛媛は前節、プレーオフ進出を決めました。そのプレーオフを勝ち抜いてJ1昇格を果たした“先輩”にお聞きしたいのですが、プレーオフを勝ち抜いていく上で最も大事なものは何だと感じましたか?また、1シーズンで降格してしまいましたが、J1で1年間戦ったことでチーム、クラブにもたらした有益なものは何かありましたか?
(愛媛担当:松本隆志)

A
たいそうなことは全く言えませんが、とにかくその時の事実に基づきながら話します。
あの時勝ち抜けたのは、チームが置かれた状況にもブレることなく自分たちの「らしさ」を貫いたからだと思います。実際、今季同様に一昨季も徳島は粘り強く耐える守備を戦いのベースにするチームでしたが、そのスタイルはプレーオフでも全くそのまま。引き分けでもOKの順位アドバンテージがあった準決勝(徳島は4位、対する千葉は5位)は当然としても、得点を奪って勝利するしかなかった京都との決勝(徳島は4位、京都は3位)においてまでそれを変えませんでした。
結果、決勝では早々に勝負を決めようと序盤から前がかりに出てきた京都の攻めに耐えたところからCKで先制、再び押し込まれるも一瞬を突くカウンターで2点目。その後はまた粘りある守りを徹底するという「らしさ」に満ちた戦いで初のJ1昇格を掴み取ったのです。
そうしたことから、プレーオフはリーグと異なり条件などが付く特別なゲームですが、それに左右されず自分たちの「らしさ」を貫くことが何より大事ではないかと個人的には考えています。
それと、1年だったとは言えJ1の舞台で学べたことは非常にたくさんあったと思います。チームのプレー部分で言うと、ディテールにまで一切の妥協なくやらなければ勝てないことを選手たちが改めて強く感じていましたし、クラブとしてはJ1規模のアウェイサポーターの受け入れ方などを勉強することが出来たと言って間違いありません。
そのように、J1の舞台はクラブ全体が成長出来る素晴らしい場所なので、徳島としてもまたそこへ必ず戻らなければならないと言えます。
(徳島担当:松下英樹)


★徳島から愛媛へ
Q
このたびはプレーオフ進出決定おめでとうございます。リーグにも増して厳しい戦いが待っていると思いますが、必ず成功を収めて四国のサッカーを盛り上げてください。
さて本題の質問です。そのプレーオフ進出という成果は、チームのどの部分に成長があったから得られたと思われますか?もちろんひとつだけではないと思いますが、一番に思い付くプレー面でのそれを教えてください。今季開幕戦で激突した時、かなりいい組織になりそうな印象を愛媛さんには受けました。なので、そこからチームがどう成長したのか非常に興味があります。
(徳島担当:松下英樹)

A
まず、プレーオフに向けての激励、ありがとうございます。愛媛にとってはJ2参戦10年目にして初めての昇格へのビッグチャンス。あらゆる面においてタフさを極める戦いになると思いますが、挑戦者らしく思い切って臨んで欲しいと願っています。
質問への返答なのですが、前節、前々節にいただいた質問への下記回答も参考にしていただきつつ、
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00001210/
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00001419/
これらの要素に加えて、もうひとつ躍進の要因を挙げるとすれば“5秒ルール”ではないでしょうか。サッカーにおいて相手チームからボールを最も奪いやすい瞬間は、自チームがボールを奪われた直後だということはセオリーとなりつつありますが、愛媛はそのボールを奪われてから相手が態勢を立て直すまでの5秒間、ボールホルダーに対して徹底的にチェイス、プレッシャーをかけに行きます。ボールを奪い返すという面以外にも、相手の攻撃を遅らせて牽制するという意味も持っていますが、それを90分間の中で恒常的にやり続けるためには豊富な運動量も必要になります。運動量、ハードワークについては上記リンクでも述べているとおりですが、チーム全体の走力アップの目的の根幹にはシーズン当初から取り組んでいたこの“5秒ルール”を徹底してやり続けるという意味も込められていたと思います。いまでも日々のトレーニングでは実戦形式練習時に「5秒!5秒!」という木山隆之監督の声がピッチに響き、選手たちの身に染み込ませるように徹底させています。それらは決して華やかなプレーではありませんが、こうした目に付きにくい隠れた好プレーの積み重ねが戦力で勝るチームとの差を確実に埋め、対等な勝負を可能にしているのではないでしょうか。
(愛媛担当:松本隆志)
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報