ベガルタ仙台編:2015喜怒哀楽

2015年12月24日(木)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
新加入選手・六反勇治がレギュラー獲得。日本代表にも選出される
今季仙台に加入した六反勇治は、序盤戦に先発出場の機会をつかみ、明治安田J1リーグ戦32試合に出場。5月からは日本代表にも呼ばれることとなった。「仙台がなかなか勝てない時期でも、チームとして戦う姿勢が評価され、その中からたまたま選ばれたのでは」と本人は謙虚だが、今後は国際Aマッチ出場も期待される。そして彼は「もっと仙台が強くなって、多くの選手が選ばれるようになってほしい」とチームでの活躍を誓っている。

■2015私的トピックス
組織作りは難しい!大幅入れ替えの仙台の挑戦
とにかく、大きく選手が入れ替わった中で組織を作るというのは難しいということを痛感させられた。仙台は全員守備・全員攻撃のスタイルなので、十数人も出入りした状態からベースを作ることだけでも大変なことだ。しかも渡邉晋監督は「これまでの“堅守速攻”だけでは立ちゆかなくなってしまう」と、さらに攻撃性を高めた戦い方を上積みすることにも挑戦した。成績的には苦しんだが、今年に蒔いた種が来年に花開くことを期待したい。

■2015Jリーグトピックス
2ステージ制に始まる日程の変化。担当クラブは…
やはり明治安田生命J1リーグの2ステージ制導入と、それにともなう日程の変化が大きい。明治安田生命Jリーグチャンピオンシップに出場したチームは、どこもリーグ戦ですばらしい戦いをした。そのような中で、担当チームが1stステージ7位、2ndステージ16位と、リーグの中でもギャップの大きな成績を出してしまったことは残念だった。
また、今季は仙台など4クラブが2ndステージ第15節(10月24・25日)に、例年よりも早くホーム最終戦を迎えた。だからこそホームゲームではもっと勝ちたかったところ(今季の明治安田生命J1リーグでは、ホームでわずか5勝)。

Reported by 板垣晴朗

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報