水戸ホーリーホック編:2015喜怒哀楽

2015年12月24日(木)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
ホーム最終戦、劇的な逆転勝利でJ2残留を決定!
明治安田生命J2リーグ戦序盤から勝ち星に恵まれずに下位に低迷。そして、4年半指揮を執ってきた柱谷哲二前監督が解任になるなど、苦しい戦いが続いた。
それでも、チームは西ヶ谷隆之監督の下、一体感を失わずに戦い抜き、なかなか残留争いから抜け出すことはできなかったものの、ホーム最終戦(第41節・札幌戦)で終了間際に三島康平のヘディングシュートが決まり、J2残留を決める勝利を手にした。その瞬間、ケーズデンキスタジアム水戸はかつてないほどの歓喜に包まれることとなった。
三島康平のゴール後にサポーターと喜びを分かち合う選手たち

■2015私的トピックス
J2で戦えるありがたみを再確認しました
水戸がJリーグに参入してから16年目のシーズン。これほど強く「J2で戦えるありがたみ」を痛感したことはなかったでしょう。
これまではJ2にいて当たり前、降格制度ができた後も運よく残留争いに絡むことはありませんでした。それだけに、これまでは「J1」に上がれない現状を嘆いてばかりいました。しかし、今シーズン、はじめてJ2残留争いに巻き込まれ、自分たちの立ち位置を見つめ直すことができました。少し歯車が狂えば、今いる場所にすらいられなくなってしまう。その危機感を持って、来季に向かわなければなりません。

■2015Jリーグトピックス
J’s GOALの統合、そしてリニューアルオープン
J’s GOALとJリーグ公式サイトの統合は、個人的に大きなニュースでした。J’s GOALはただのメディアではなく、サポーターをはじめ、サッカーを愛する人と思いを共有するコミュニケーションの場として貴重な役割を果たしてきました。その場がなくなってしまうことを心から悲しんだのですが、その後、10月にリニューアルオープンすると聞き、飛びあがるほどに喜んだものです。再び戻ってきた「僕たちの場所」。これからさらに尊いものにしていけるように頑張っていきたいと思います。

Reported by 佐藤拓也

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報