大分トリニータ編:2015喜怒哀楽

2015年12月27日(日)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
屈辱のJ3降格
哀しい結末となった2015シーズン。J1を経験したクラブで初めてとなる『J3降格』が決まった。クラブ創設から昇格の歓喜と降格の悲哀のドラマに彩られた大分は、劇的なシチュエーションになればなるほど奇跡を起こしてきた。しかし、今回ばかりは期待する結果に至らなかった。この事実を受け止め、これから訪れる負の流れを最小限に抑えて来季を迎えたい。今いる場所が最下点であれば、あとは昇るだけだ!
J2・J3入れ替え戦、サポーターは第2戦の選手入場時、コレオグラフィーで鼓舞

■2015私的トピックス
来年こそは歓喜を
歓喜に湧く姿を3度も見た。明治安田生命J2リーグ第41節で、J2優勝を決めた大宮、最終節でJ1自動昇格となった磐田、そしてJ2・J3入れ替え戦に勝利しJ2昇格となった町田。大宮戦、磐田戦の試合後に、喜ぶ相手選手、サポーターをぼんやり眺める伊佐耕平のぽつりとこぼした言葉が今も心に残っている。「優勝ってエエな。あんなに喜んでるやん」。さすがに町田戦の後は、悔しさで目を真っ赤にしてロッカールームに引き上げた伊佐だが、来季は歓喜の輪の中心にお祭り男がいるはずだ。

■2015Jリーグトピックス
ホントはウチの選手です!
2015Jリーグアウォーズでベストイレブンに、初選出となった金崎夢生(鹿島)を含め、大分でプロキャリアをスタートした西川周作(浦和)、森重真人(FC東京)の名があった。サポーター心理的に「ホントはウチの選手」の活躍は、暗い話題の多かった大分に希望を与えてくれた。育成クラブの本領発揮である。来季も「ホントはウチの選手」が増えるかもしれないが、移籍した選手の過去に思いを馳せ、現在の活躍を願うとともに自チームの勝利を祝いたいものだ。

Reported by 柚野真也

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集