グルージャ盛岡編:2015喜怒哀楽

2015年12月24日(木)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
鳴尾直軌監督、志半ばでの退任
東北リーグ時代から4年にわたりチームを指揮した鳴尾直軌監督が今季を持って退任した。来季は古巣であるアルビレックス新潟シンガポールの監督就任が決定。「1年間、環境を変えてひとまわり大きくなって戻ってきたい」とコメント。Jリーグ参入、昨季の明治安田生命J3リーグ5位というクラブにおける栄光の立役者であり、また岩手県出身ということもあり、ファン・サポーターから大きな支持を得ていただけに、驚きと残念な思いが交錯する退任発表となった。
 
■2015私的トピックス
戦術に幅を持たせるための2015シーズン
11位と低迷したが、明るい未来を予感させるシーンもいくつか見られた。その1つが新しい戦術にトライしたこと、そして一定の成果を得られたことだ。従来の縦へ速い展開だけでなく、ポゼッションしながら攻める形も模索。DFから林勇介、谷村憲一らにいい形でボールが入ったときはうまくチャンスにつなげられた展開も多かったことから、その成熟度も来季の盛岡を占う上でのポイントとなりそうだ。新たに就任した神川明彦監督がどのような手腕を発揮するかにも注目したい。
新しい戦術にトライ、谷村憲一らにいい形でボールが入ると機能する場面も多かった

■2015Jリーグトピックス
ライバル・秋田の後半戦の巻き返しは圧巻
明治安田生命J3リーグ第23~36節までの13試合で5連勝を含む7勝6分無敗という、秋田が見せたラストスパートは見事のひとこと。この期間のスコアを振り返ると、特に接戦をものにする勝負強さが際立っている。
今季は歯車が噛み合わなかった盛岡だが、チーム作りや戦い方など参考にできる部分は多いはず。同程度のクラブ規模のチームがここまでやれることに勇気づけられ、同じ東北のチームとしては喜ばしくもあるが、また同時に悔しい思いもさせられたニュースでもあった。

Reported by 高橋拓磨(cross Line)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報