【2016シーズン始動!】北九州:新体制発表会見での出席者コメント(1)

2016年1月9日(土)

北九州の新加入会見が1月9日、北九州市のステーションホテル小倉で開かれ、新加入5選手と新任となる美濃部直彦コーチなどがあいさつしました。5選手のうち3選手は北九州市出身で、今季は地元出身選手が充実することになります。出席者のコメントは次のとおりです。
2016シーズンパスのお申し込みはこちらから!
----------
・新体制発表会見での出席者コメント(2)はこちら!

●原憲一社長
「2016年シーズンを迎えるに当たって、新たに加わっていただいた5人の選手たちに加入した理由や思いを語っていただけると思います。私個人はこの16年にギラヴァンツ北九州に加入していただいた5人の選手には感謝の気持ちでいます。クラブの歴史の中でもそう何度もあることではない新スタジアムを17年から使える状況下で、一つ前のシーズンをどう戦うかと考えたときに5人の選手が必ずや大きな戦力になってくれる。そして北九州のサッカーを愛する方の待望する選手に来ていただけたと思います。そういう選手たちの加入会見ですので、社長の話が長くなってはいけませんのでこのくらいで挨拶に代えさせていただきます」

●柱谷幸一監督
「4シーズン目の監督としての仕事になります。4年目の今シーズンは集大成として結果と内容とフェアプレーを目指していきたいと思います。コーチとして入る美濃部とは京都時代に監督とヘッドコーチという関係で仕事をして、ダントツで優勝して、一緒にJ1に行った仕事をした仲です。それから美濃部本人も徳島や長野で監督しての経験を積んでいますので、大きな力を与えてくれると思っています。京都でもアカデミーでの経験も長くて、ユースの監督もしています。細かな指導が一人一人にできる指導者だと思います。自分自身はチーム全体をしっかりマネジメントしていく中で、細かな指導をしっかり任せられる人が来てくれたと思います。
新加入選手に関してはすべてJリーグからの加入です。昨年は新卒を採りましたが、今回は即戦力として力になってほしいと思います。たまたま長崎から3人ということになりましたが、本当に偶然で、ただトレーニングマッチやJリーグの前半戦を見れば、非常に3人とも力のある選手で、なおかつ我々のプレースタイルに合った選手だと思います。それと池元(池元友樹)が戻ってくれることになりましたが、一昨年15点を取っています。去年は小松塁が18点、原一樹が13点と取っているので、J2の中では力のあるストライカーを3人持てたと思っています。当然、これまでは4-4-2でやってきましたので2トップが基本になりますが、3人が同時に出られる形も模索しながらやっていきたいと思います。
本山雅志はご存知の通り実績がありますし、鹿島という常勝軍団の中で10番を付けてきた選手です。J1を目指していく中で、彼の持っている経験は我々のチームの中では非常に大きな力になっていくと思います。彼自身の力もそうですが周りに与える影響も大きいと思います。
毎回のように言いますが今回もイケメンを揃えましたので、外にいい形で出していただいて、「ギラガール」をしっかりスタジアムにたくさん呼べるようにしたいと思います。石神に関してはふんどし姿にもなりますし、要求に応えられる選手だと思いますので、裸にもなる選手が揃っていますのでよろしくお願いします」

≪柱谷幸一監督 質疑応答≫
Q:選手個人に関してはどういうように捉えているか?
「石神(直哉)に関しては本職の左サイドバックが来てくれたと思っています。一昨年は冨士祐樹がいましたが岐阜に移籍して、昨年は川島大地を中盤から下げて戦いましたが、石神は本来は4バックの左サイドバックだと思います。長崎は3バックの左やワイドのポジションをやっていましたが、彼はうちがやっているような4-4-2の中の4バックの左で力が発揮できると思います。技術があってビルドアップできるのと高さもあるので守備のときのクロス対応でしっかりと跳ね返せる。それが4バックのときの左サイドバックの役割だと思いますので彼の特徴を出せるスタイルだと思います。
池元に関してはプレースタイルはご存知だと思いますが、小松と原と大島とFWが4人揃いましたが、それぞれの組み合わせの中でそれぞれが特徴を出せる選手だと思います。その中で池元本来の技術とスピードをいかしたプレーに期待したいと思います。
花井(聖)は昨年の前半に長崎とやりましたが、10番を付けてボランチの位置にいましたが、正直、我々にとっては長崎との力の差を感じたゲームでした。強いなと思いました。ボールを動かされて回されてコンビネーションを使われたゲームで、彼が中盤でボールを動かしながらゲームを作っていたし点も取られた。右足でも左足でもいいシュートが打てるので我々のスタイルに合っている。ただ長崎も後半戦はトップの選手を使ってダイレクトプレーを入れるように変わってきたので、彼自身の機会は少なくなりましたが、我々の中では彼のテクニックは使えると思っています。
刀根(亮輔)は前半戦はずっとレギュラーで出ていた。最後もうちの試合も出ていました。我々がやるサッカー、ラインコントロールしながらチャレンジ・アンド・カバーを繰り返している中でビルドアップしていこうと言っているので、ディフェンスですがテクニックがあるので力を発揮してくれると思います。ディフェンスラインの中でのリーダーシップにも期待したいなと思います。
本山(雅志)は基本的には中盤のワイドのポジションを考えています。ここ何年間かはケガがあったり、鹿島自身が若手を使っていく中でなかなかフル出場する機会は少なかったですが、もともと我々のチームに来る選手たちは前のチームで出場機会がなかった中で90分フルに戦えるようになってきた。本山自身もチームとしてやらなければいけない守備の部分はハードワークしなければいけないですが、先発として出たら45分であっても45分までやれるところまでやる。そうすれば60分、90分と増やしていけるのでスタートから思い切ってやる。途中から出たら、鹿島でも途中から大きく変えたゲームを何回も見ていますから途中から出たときも力になるプレーをしてくれると思います。
全員がそうですが実際にゲームを何本も見て我々のスタイルに合った選手たちに来てもらったので違和感なく入っていけると思います」

Q:今季の目標は?
「結果と内容とフェアプレーを同時に求めるのは自分のサッカーの理念でもあるので、今シーズンもそこを目指していきたいと思います。
結果に関してはプレーオフ圏内を目指すことで先が見えてくるので、過去2年間はライセンスがなかったので出られませんでしたが、出ることで先に近づいていけると思います。
内容に関してはだんだんと上がってきています。1年目はなかなかいいゲームができなくて、2年目は引き込んだ中でのカウンターが多かったですが5位に入り、去年は内容的にもゲームを支配してビルドアップできたと思います。今年はそれにプラスして積極的に攻撃できるところは攻撃していく。見る人がおもしろいなと思ってもらえるゲームにしていきたいと思います。
フェアプレーに関しても今年もフェアプレー賞が取れるように、フェアでアグレッシブで勝てるようなチームにしていきたいと思います」

Q:具体的な得点数などの目標設定はあるか?
「これから昨年の数字的な部分をしっかり分析して、それを選手たちに見せて、攻撃と守備のところの目標を持ちながらやっていきたいと思います。去年のスタートでは前年の数字を上回ろうという話をしましたが、順位は5位から7位に下がり、得点は増えましたが、失点も増えました。去年以上の得点が取れればいいですが、失点を一昨年くらいの数まで減らせれば勝ちゲームや勝ち点は増えていくと思います。攻撃のクオリティを上げながら、もう一度強い守備にしていくことでプレーオフ圏内に入っていけると思います」

Q:チームの軸になる選手は?
「基本的には全員がスタートラインに立った状態でトレーニングをしていきたいと思います。4年目ですがもう一度フラットに見て、その中で先発の11人と、ベンチに入る7人の18人を考えていきたいですし、選手たちに言っているので先発に入っても、ベンチになってもベンチ外になってもクラブのためにプロとしてできることを最善を尽くしてほしいと思います。どこのポジションに行ってもやってくれると思いますが、スタートラインに立ってポジション争いはしてほしいなと思います」

Q:イケメンを揃えたということだが、顔は選考基準になったのか?
「そうですね、社長もイケメンなのでクラブ全体がイケメンになっていければいいなと思います。我々はチケット販売、入場者数で苦戦している中で、メディアの方に協力していただいて選手たちの顔が外に出て行くことで、若い女性はビジュアル的なところから入ってくる方もいると思うので、イケメンのほうがいいかなと思って(笑)、そういうところも考えながら取っています」

Q:昨季の選手の引き留めと補強について点数を付けると何点になるか?
「結果からいくと100点満点。自分がやれることは全てやれたと思います。選手の人件費、補強費は22チーム中で16番とか15番目くらいでしょう。自分たちの財布には限りがあるのでやれることには限りはありますが、やれることは全てやったと思います。これからまだ他のチームでは選手が出たり入ったりがあるかもしれませんが、年内に全部やりたかったので、シーズンが終わったらすぐに直接会って、自分のスタイルや、やってほしい役割はすごく早いタイミングで話をしにいって、お金では出せない部分の誠意を、一緒にやりたいという誠意を見せに行きました。新スタジアムができてからの先はクラブ自身も新しい収入が増えてきて、新しいやり方ができてくるかもしれません。例えば外国籍選手とかを入れる可能性もあるかもしれませんが、いまの我々では外国籍選手では通訳も必要になります。監督とコーチングスタッフ4人もギリギリの人数です。トレーナーも2人、マネジャーも2人しかいない。他のクラブはすごい数のスタッフがピッチの中にいたりします。そういう中で、持てるお金の中でやれることは最大限やれたんじゃないかなと思います。このメンバーで、このスタッフで1年間乗り切っていい結果をだせるようにしたいと思います」

●野見山篤強化育成本部長
「福岡県飯塚市の出身で、高校まで福岡県でサッカー人として育てていただきました。その後、鹿島アントラーズや日本サッカー協会、アビスパ福岡と経験して、今年から強化育成本部長としてギラヴァンツ北九州にお世話になることになりました。今までの経験を生かしながら現場のところをサポーターできればと思います。柱谷監督のもと全力でファイト溢れ、アグレッシブに戦えるチーム作りをサポートできればと思います。経験もあり実績もある選手たちが加入できたことを嬉しく思います。大いに暴れてくれるものと確信しています」

≪野見山篤強化育成本部長 質疑応答≫
Q:現時点での補強に関する評価は?
「柱谷監督も申しましたが100点満点の補強だったと思います。チームは競争が大前提だと思います。競争のある世界が成長させると思います。そういう意味ではいい補強ができ、いい競争ができるなという期待感でいっぱいです」

Q:来季に向けてのイメージはあるか?
「今年の中においてどういうところをクラブとしてチームとして補強ポイントになるかはやっていきたいですし、現場の監督の意向も聞きながらコミュニケーション良くやっていきたいと思います。目指すパスサッカーができるのは本城のベストピッチがあると思います。本城陸上競技場は2年連続でベストピッチ賞だった。管理されている皆様が大事に大事に我々のプレーのために維持管理されている。そういうピッチの中で柱谷監督が掲げるパスサッカーが展開でき、選手たちが口を揃えるように楽しくて合っているプレースタイルができているので、ベストピッチも合わせて皆様のほうからPRしていただきたいと思います」

●美濃部直彦コーチ
「自分の言いたいことは監督が先に言ったので言うことはないですが、イケメンを揃えたということでしたので、たぶん僕が代表かなと思います。自信を持ってやりたいなと思います。
最初にオファーを頂いたときはちょっと悩みましたが、10年ぶりのコーチ業ですが、監督をやってもコーチをやっても基本的な指導は変わらないので、誘われたときは嬉しく思いました。いろいろなことを聞いていく中で、素晴らしいクラブ、先の目標の高いクラブだと感じましたので、その一員になりたいと引き受けました。すぐに昨年の戦いを見て、いま分析しています。分析してどのようなストロングポイントやウィークポイントがあるかを見つけている段階です。指導に反映して、いい結果が出るようにやっていきたいと思います」

以上

移籍情報