【2016シーズン始動!】FC東京:新体制発表記者会見での出席者コメント(2)

2016年1月14日(木)

本日行われたFC東京の新体制発表会での出席者のコメントは以下の通りです。
2016シーズンホームゲーム年間チケット受付中!
-------------
城福浩監督の会見コメントはこちら!

●ハ デソン選手

「初めましてハ デソンです。昨年は、北京国安でプレーしていましたが、今年からFC東京でプレーすることになりました。2014年ブラジルワールドカップでは代表としてプレーしていました。パスの能力を見ていただきたいと思いますし、守備でも相手の芽をつみ取るプレーを得意としています。ニックネームはハビと呼んで下さい」

●柳貴博選手
「U-18から昇格した柳貴博です。ポジションはDFで、身体の強さを生かした一対一の強さを見てほしいです。ニックネームは特にないんですが、“やっち”で。早くチームになれてチームに貢献していきたいです」

●阿部拓馬選手
「はじめまして。甲府から加入した阿部拓馬です。FWからオフェンシブなポジションなら、どこでもやります。ドリブルやパスで裏を取ったり、状況を打開するようなプレーを心掛けているので見てほしいと思います。ニックネームは名前の拓馬と呼んでもらえたらうれしいです」

●秋元陽太選手
「湘南ベルマーレから来ましたGK秋元陽太です。特長はシュートストップ。一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします。ニックネームは、あき、か、ようたでお願いします。」

●水沼宏太選手
「サガン鳥栖からきました水沼宏太です。ポジションはMFで、運動量を持ったプレーとチャンスメーク、クロスシュート、パス、シュートで得点に絡むところを見てもらいたいと思います。一日でも早く仲間に入りたいと思います。ホームゲームで終わった後に、一日でも早くシャーをやりたいと思います。今年一番最初にやりたいと思っているのでよろしくお願いします」

●駒野友一選手
「ジュビロ磐田から来ました駒野友一です。ポジションは両サイドバックです。得意なプレーは、自分のクロスからたくさんのゴールシーンをつくることです。ニックネームはコマと呼ばれています。チームスローガンである頂点、チャンピオンになるためにここにきました」

【質疑応答】

Q:FC東京に加入の決め手は。
●ハ デソン選手
「小学校からJリーグでやりたいと思っていました。本当は20代前半で加入したかったが、いろんなチームを経験してそれをこのクラブに還元したいと思っています。アジアのMFは世界でも水準は低いと言われていますが、Jリーグはトップにあると思っています。そこでしっかりとプレーできると確信しています。プロとして11年目ですが、ずっとJリーグに来たいという思いを口にしてきました。ここに加入できて大変光栄に思っています。長くなりますが、14年に誠剛さんと代表でやっていたので、そのときも日頃からJリーグに行きたいと話してきた。自分がここに居るのは誠剛さんのおかげだと思います。名門に加入できて光栄です、全部の大会で良い結果を残したいと思います」

●柳貴博選手
「ジュニアユースから関わってきて、小学校のときも味スタでFC東京の試合を見ていた。そのピッチに立てるチャンスがきたことをうれしく思います。少しでも早くピッチに立てるように日々努力したいと思っています」

●阿部拓馬選手
「FC東京という伝統あるクラブで自分がやってきたサッカーがどれだけできるか試してみたいと、挑戦したかったので加入を決めました」

●秋元陽太選手
「明確な目標である頂点を目指すということに対して、FC東京と自分自身もチャレンジしたいという思いが芽生えてきたので、FC東京というクラブに決めました」

●水沼宏太選手
「優勝するために、このクラブに誘って頂きました。僕自身も刺激がほしくて、とにかく高みを目指すために、たくさんの人たちの前でプレーできるという刺激を自分の力変えて、どんどん上に行きたい。そういう思いでこのクラブに決めました」

●駒野友一選手
「このチームなら必ず優勝できると思い、選びました。そして昨年まで対戦相手として味スタに来ていましたが、サポーター、ファンの一体感がスゴイと思っていました。今度は味方になってもらい、試合をしたいと思い、ここに決めました」

以上

移籍情報