【2016シーズン始動!】山口:新加入選手記者会見での出席者コメント(1)

2016年1月15日(金)

今年から明治安田生命J2リーグを戦うレノファ山口FCの新加入選手発表会が1月15日、山口市内のホテルで開かれました。
山口は1月15日までに9人の選手を獲得。上野展裕監督は「全員守備、全員攻撃で戦いたい。実質的に真ん中以上は行けると思う」と期待を寄せました。またコーチ陣では山根巌コーチが新しく就任し、田端信成選手については「今のところはコーチと兼任という形で、GKの音頭役となる」(上野監督)としています。
出席した選手などのコメントは次の通り。
シーズンシートの受付はこちらから!
-------------
●上野展裕監督
「みなさんこんにちは。今日はたくさん集まっていただきありがとうございます。コーチ並びに選手の紹介を自分のほうから紹介させていただきます。
まず山根(巌)コーチです。広島にいるときから一緒に選手をやっていまして、金沢では選手兼コーチとして頑張ってもらいました。試合を見る目も選手を見る目も確かですし、選手たちの良き兄貴分として、自分の良き相談相手としても活躍してくれると思います。こう見えてもまだ30代です。やってほしいことは減量です。

望月嶺臣選手です。名古屋グランパスから来てくれまして、野洲高校時代から技術がありパスやアイデアがありクリエイティブな選手です。彼から我々の攻撃の起点となってくれるでしょうし、パスの連係や我々の中心選手として頑張って欲しいと思います。

安藤由翔選手です。だいぶ、我々が最終戦、彼のお陰で苦しみました。得点力があり思い切りのいいシュートを右も左も持っています。鳥取では3-4-3のワイドを務めることが多かったりトップ下もやっていましたが、レノファの中では攻撃的なポジションを担って欲しいと思っています。

福井諒司選手です。たぶん一番のイケメンだと思っていますが、いかがでしょうか。見ての通り、背も体格もあり左足のフィードは本当に素晴らしいです。うまくカーブを掛けたりとか。サイドバックを務めるだけじゃなくて、組み立ての起点として体も良く動きますので守備の中心選手として、また我々レノファのチーム全体の中心としても頑張ってくれると思います。

田端信成選手。最近移籍が決まったGKです。(一森純と村上昌謙の)2人でGKをするのかなと思ったかもしれませんが、今のところコーチと兼任という形で、GKの音頭役として彼にやっていただこうと思います。足もとの技術は確かでして、FC東京の下部組織のときから技術は素晴らしいですし、フィードも、キャッチングも、本当に守備の中心選手として、一森選手も、村上選手も、彼が引っ張っていってくれると思います。

佐川印刷(SP京都)から来てくれました加藤大樹選手です。タイキと自分たちは呼んでいます。タイキと呼んであげてください。レフティーで去年のJFLの中でもたくさん得点を取っていました。びわこ成蹊のときから見ていまして、良いプレーをするのは分かっていましたし、注目して追いかけていました。活動量は多いですし、フィニッシュも正確です。我々の飛び出し役、そこからの守備からも含めて頑張ってくれると思います。

星雄次選手です。覚えていらっしゃる方もいると思いますが、アウェイで町田に勝って『よしこれから』というときに福島に負けたときに、得点した選手です(笑)。あのときは左サイドバックでしたが、前でも、MFとしても、ボランチとしても、トップ下としてもプレーできると思います。去年はサイドバックでも5点取っています。我々の中では攻撃的なMF、ボランチまたはサイドのMFとしても活躍してもらいたいと思います。ユウジって呼んであげてください。

島川俊郎選手です。みなさん覚えていらっしゃると思うんですけど…、秋田でアウェイで3-1で負けたときに彼からパスをたくさん散らされてプレスが効かずに苦労しました。ボランチとしてもそうですが、センターバックとしてもできる素晴らしい選手です。足下の技術があり高さもあり、柏レイソル育ちということもあってビルドアップに優れた選手です。

中山仁斗選手です。(昨季の)初戦ですね。鳥取との初戦に出て途中で足を吊った選手です。よく覚えていらっしゃるかもしれません。最終戦にも出られたら嫌だなと思っていたんですが、本番の練習中で欠場して最終戦を出られなかったです。良かったです。出ていたら危なかったかもしれません。見てのとおりフィジカルに優れ、上背もあり、足もとの技術もあり、シュートも10点以上取っています。上も下も両方でき、得点感覚に優れたFWです。岸田の良きライバルになると思います。

奧山政幸選手です。ユニバーシアード代表の時にボランチとしてプレーしていました。大学ではセンターバックをやっています。サイドバックもできますし、守備的なところはどこでもできるクレバーな選手です。名古屋グランパスのユースの出身で我々のキャプテン・平林(輝良寛)の後輩でもあります。クレバーな守備を統率してくれるいい選手です。将来、今季も含めて守備の中心になっていってほしいと思います」

Q:補強のポイントと、J2での戦い方は?
「まずは守備の強化をしたいと思いまして、5名の守備のできる選手を入れました。J2でどのように戦いたいかというところですが、昨年と同じように一生懸命みんなが動いて全員守備、全員攻撃で戦いたいと思います」

Q:昨季はJ2昇格という目標があったが、今季の目標は決まっているか?
「(自分は)真ん中くらい行けたらいいかなぁと思ってまして、でも、社長は優勝って言ってました(笑)。実質的に真ん中くらいに行けたらいいと思っています。巷では降格争い一番ドベとか聞きましたが、そんなことはないと思います。新しく入ってきてくれた選手が機能して、一生懸命みんなで練習して準備をしていけば、実質、真ん中以上は行けると考えます」

●山根巌コーチ
「今年からコーチになりました山根です。上野さんや選手のサポートを全力でしたいと思います。よろしくお願いします」

●望月嶺臣選手
「名古屋グランパスから加入しましたMFの6番の望月嶺臣です。自分の特徴は監督が全部喋ってくれたんですが、やっぱりパスや技術、アイデアを見て欲しいと思っています。(Jリーグ・アンダー22選抜の選手として)レノファとは対戦したんですが、ファン、サポーターが温かいなという印象を持っています。すごい攻撃的な魅力のあるチームだと思っていますので来られて嬉しいです。これからよろしくお願いします」

Q:新潟に戻った小塚和季の「穴」を埋めてほしいという期待もあるがどう考えているか?
「自分は自分なので、意識しないといったらウソになるが、そこで機能していくことでもっといいチームになれるように頑張ろう、そこで自分の力を最大限に発揮しようと思っています」

Q:山口県内の高校が選手権準決勝で戦ったことがある野洲高校の出身だ。強豪校出身でその点の期待もあると思う。(※第86回高校選手権の準決勝で多々良学園=現・高川学園が野洲と対戦している)
「野洲高校と言っただけですごく技術があるんじゃないかとか、足もとが上手いんじゃないかというように思われるので、そこの期待を損なわないように、期待を上回るようにやりたいなと思います」

●安藤由翔選手
「ガイナーレ鳥取から来ました安藤由翔です。背番号13番です。僕の特徴はドリブルで前に前に行くというところが一番自分のストロングだと思うので、そこを見て欲しいと思います。レノファの勝利のために貢献するのでよろしくお願いします」

Q:ライバルチームへの移籍となったが、その点で思うことはあるか?
「鳥取はJ2ライセンスを持っていなかったのでライバルという意識はあまりなかったですが、得点力もすごいし勢いもあって強いチームに来られたので、自分の持っている力を全力で出していきたいなと思います」

Q:攻撃の中心として何点くらい取りたいか?
「試合数がJ3よりも増えるので、去年鳥取で取れた点数(5得点)よりは多く取りたいと思います」

Q:どのポジションでどういうように決めたいか?
「自分の特徴がドリブル突破のところなのでサイドからでも中央からでもドリブルで突破してシュートを決めたいという気持ちもありますし、レノファの特徴でもあるパスサッカーに順応していい形で点を取りたいなというイメージもあります」

●福井諒司選手
「東京ヴェルディから来ました福井諒司です。DFです。あんまり喋るのは得意ではないので、試合のときにピッチで表現したいと思うので、よろしくお願いします」

Q:山口は失点を減らすことが課題だ。そのためにどういうプレーをしたいか?
「自分の特徴でもあるハードなマークのところをしっかり出して、あとはやはり戦う気持ちというところで相手に負けないということと、自分は年齢的にもこのチームでは上から2番目なので責任感を持ってチームもしっかり支えられる存在になれるように頑張ります」

Q:J2経験も豊富だが、山口はどのくらいの戦いができると思うか?
「まだ分からないですが、おそらくこの自分たちの戦いをできるときもあれば、できないときもあると思うので、自分たちがうまくいかないときとか、そういう試合のときでも勝点を3もしくは1を取っていけるようにやっていければ、いい順位には行けるんじゃないかなと思います。個人の1対1というところで負けないのも絶対に必要だと思いますし、新しい選手も自分を含めてたくさん入っているので、去年までいた選手としっかりチームワークのところを深めていかないといけないかなと思います」

●田端信成選手
「グルージャ盛岡から来ました、16番、GKの田端信成です。僕の特徴はビルドアップとフィードだと思うので後ろからしっかりボールを繋いでレノファの勝利に貢献したいと思います。よろしくお願いします」

●加藤大樹選手
「SP京都から来ました加藤大樹です。MFです。自分の持ち味であるスピードとドリブル突破を生かしてレノファの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。よろしくお願いします」

Q:出身校の立正大淞南は中国地方の有力校だ。今季はどんな形でどういうように攻撃を組み立てたいか?
「立正大淞南は攻撃サッカーでここに当てはまるような部分はあるかなと思います。何点かというのは、出た試合は必ず点を取りたいという気持ちで出場しますし、それを決められるように頑張りたいと思います」

●星雄次選手
「福島ユナイテッドから加入しました背番号19の星雄次です。J2初年度のこの時期にチームに加入できて非常に光栄です。責任感を持ってチームの勝利のために全力でプレーしたいと思います。次はレノファを破るのではなく、レノファを勝利に導くゴールを決めたいと思います」

Q:失点を減らすためにどういうプレーをしたいか?
「チームの特徴としてパスサッカーがあるので、自分たちが主導権を握るという部分を増やすことが大事だと思いますし、あとは1対1で負けないことが大事かなと思います」

●島川俊郎選手
「ブラウブリッツ秋田から来ました島川俊郎です。まずレノファ山口に入ることができて嬉しく思いますし、感謝しかありません。去年、秋田でJ3で山口と対戦したときは本当に一番怖いチームだと思っていました。僕の持ち味は後ろからの組み立てのところ。いいパスを出すところだと思いますので、少しでもチームに貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」

Q:失点を減らすためにどういうプレーをしたいか?
「コーチングのところで周りと喋って話し合って解決していきたいなと思いますし、攻めているときのリスクマネジメントを常に怠らずにやっていきたいと思います」

●中山仁斗選手
「こんにちは。ガイナーレ鳥取から加入しました中山仁斗です。ポジションはFWです。レノファ山口に加入できて本当にうれしく思っています。僕のストロングポイントは左足のシュートとゴール前の迫力と体の強さです。この1年、覚悟を持ってレノファ山口のために全力で頑張りますのでよろしくお願いします」

Q:岸田和人選手との競争についてどう思っているか?
「やはり得点をということで、すごい選手だと思っていますし、それに負けてられないというのもあって、良きライバルであり、良き仲間で1年頑張っていきたいなと思います」

Q:今シーズンの得点の目標は?
「2ケタを目標にして1年やりたいなと思います」

●奧山政幸選手
「早稲田大学から加入しました奧山政幸です。J2元年となるこのレノファ山口に加入することができて嬉しく思います。自分の特徴はボールを奪う力があるところと守備的なポジションはどこでもできることなので、その強みを生かしてレノファの勝利のために貢献したいと思います」

Q:山口の守備にどう貢献したいか?
「自分自身はカバーリングの能力があると思っているので、危険なところをしっかり埋めるような守備をして、失点を減らすことに貢献できたらいいなと思います」

Q:初のプロチーム入り。意気込みは?
「ルーキーということですが、もちろん1年目から試合に絡むことが求められていると思いますし、そういった目標があるのでしっかり試合に出て直接的にチームの勝利に貢献できる選手になれたらいいなと思います」

☆質疑応答はこちらから!

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報