【2016シーズン始動!】水戸:新体制発表会見での出席者コメント

2016年1月17日(日)

水戸ホーリーホックの新体制会見が行われました。会見での出席者のコメントは以下の通りです。
2016シーズンパスポート受付中!
--------------
●沼田邦郎代表取締役:
「みなさん、こんにちは!水戸ホーリーホックの代表をしています沼田でございます。今年1年よろしくお願いします。今年、水戸ホーリーホック、新たなシーズンを迎えることにあたり、日頃よりみなさま方に大変お世話になり、ありがとうございます!そして、昨年の2015年シーズンはみなさまに大変ご心配をおかけしました。6月の監督解任があり、西ヶ谷監督に引き継ぎ、J2残留争いをし、みなさまにご心配をおかけしてしまいました。今年はそういうことがないような布陣を整えさせていただき、今日新体制会見を行わせていただくこととなりました。
そして、この会場にお越しいただきました多くのみなさま、サポーターズクラブを含め、年間パスポートを買っていただいた方をこういう形でお迎えすることができました。本当にありがとうございます。感謝申しあげます。

さて、水戸ホーリーホックは2016年シーズンに向け、選手を大幅に入れ替えさせていただきました。いろいろあると思います。ただ、昨年は我々水戸ホーリーホックだけでなく、10位以下のほとんどのチームが残留争いをしたということがあります。そして、J1経験のあるチームが多くあり、J2としてレベルの高いシーズンだったと思います。今シーズンは清水が落ちてきます。その中で我々水戸ホーリーホックはどういう体制で進めていかないといけないのかということを、考えさせていただきました。我々は若手を育成していくという方針に変わりはありません。いろいろ賛否はあると思いますが、ベテラン選手ももう一度チームを作ってもらえるような選手を加入させ、戦っていくことにしました。戦ってみないと分からないところはあると思います。ただ、西ヶ谷監督のもと、我々も信じて戦っていきたいと思います。万全ではありませんが、みなさまにご協力いただいて、J2の一桁順位、そして優勝目指して頑張っていきたいと思います。今年1年、みなさまの応援が必要であります。そして、多くの方々のご支援が必要であります。さらなる飛躍をするためにみなさまと一緒に戦っていきたいと思いますので、今年1年よろしくお願いします」

●西ヶ谷隆之監督:
「みなさん、こんにちは。今シーズンも監督を務めさせていただくこととなりました西ヶ谷です。まず最初に昨シーズン、本当に苦しいシーズンだった中、多くのサポーターの声援や励ましがチームの原動力となり、私たちの背中を押してくれて、シーズンを終えることができたことをあらためましてお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました!
ストーブリーグで多くの選手が移籍をしました。まず、彼らの今後の活躍を期待、応援したいと思っています。その中、昨日のオリンピックアジア予選で昨季水戸に在籍した鈴木武蔵が得点を取り、チームの勝利に貢献したことも本当にうれしく思っています。そして、ここにホーリーホックのために戦ってくれる選手が集まってくれました。そんな選手と既存の選手、チームスタッフ、クラブスタッフとともに2016年シーズンをしっかり戦っていきたいと思います。今シーズンも熱い応援をよろしくお願いいたします」

《新加入選手挨拶》

●萬代宏樹選手:
「一つでも多くのゴールを決めることが自分の水戸への貢献だと思っているので、応援よろしくお願いします」

●ロメロ・フランク選手:
「自分の持っている力すべてを水戸のために出し切りますので、よろしくお願いします」

●木下高彰選手:
「今シーズン、サポーターのみなさんと多くの喜びを分かち合えるように、水戸のために全力を尽くします。よろしくお願いします」

●佐藤和樹選手:
「はじめての移籍ですが、早くこのチームに慣れ、ここで多くのことを学び、たくさん成長して、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。全力で頑張ります!よろしくお願いします!」

●斎藤翔太選手:
「水戸の勝利のために自分が全力で戦うことが貢献だと思っています。チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」

●湯澤洋介選手:
「僕は栃木県出身ですが、茨城県と栃木県はライバル関係という話がありますが、冷たく当たらず、優しく受け入れてください。よろしくお願いします」

●佐藤祥選手:
「水戸ホーリーホックの勝利のために全力で戦いたいと思います。よろしくお願いします」

●伊藤槙人選手:
「自分のストロングポイントを生かし、水戸の勝利に貢献できるように頑張るので、応援よろしくお願いします」

●兵働昭弘選手:
「今まで経験したことや培ってきたことを信じて、水戸の勝利に貢献できるように頑張っていきます。今シーズン、よろしくお願いします」

●佐藤和弘選手:
「水戸の勝利のために頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします」

《質疑応答》
Q.西ヶ谷監督に質問です。新加入の選手のイメージについて。

●西ヶ谷隆之監督挨拶:
「昨シーズンの中盤からある程度選手が引き抜かれていくというか、移籍するんじゃないかということを想定した中でクラブが次のアクションを起こしてくれていました。その中でセンターラインに関して言えば、軸になる選手を取らないといけないというところで、僕自身関わりのあった兵働選手を電話で口説きにいきました。その中で僕を信じて来てくれたというのが、彼のところではあります。
佐藤和弘選手は大学時代の教え子であるということ。馬場選手が抜けた1.5列目のところでゲームメイクとシュートレンジの広さというチームの足りないところを補ってくれる選手だと思います。金沢では若干走れなくなっていたところがあったので、もう一つ選手としてスケールアップするために俺のところでやってみないかという話をしてアプローチしました。その前の日に金沢の新ユニフォーム記者会見に出ていたので、どうなのかなと思いましたが(笑)、そこは彼が男気を出してきてくれたというところで、感謝しています。
フランクに関して言えば、みなさんご存知のとおり、山形に行って、J1に昇格して、昨季はJ1で戦いました。その中で彼は多くの経験をしました。今回は新潟からの期限付きという形ではありますが、彼が水戸を出てからの経験やJ1選手としてのプライドや経験をこのチームを落としてほしいと思います。得点に関して、まだ少ないと思うので、ゴール前のところに磨きをかければ、もっと上のレベルを目指せる選手になると思っています。
萬代選手はフィニッシュのところ。三島の高さもありますが、もう一人のFWで探していたところでありました。(鈴木)雄斗の移籍もあり、彼の代わりになるというか、プラスになるものを持っていますし、ここ数シーズン彼自身悔しい思いをしてきたところがあると思うので、その悔しさをここで晴らして、結果を出して、また上を目指していってもらいたいと思い、お願いして来てもらいました。
木下に関して言えば、高校時代からセンターバックとして将来を嘱望されていた選手でした。ジュビロという高い壁の中でけがもあり、結果を出すことができませんでした。試合経験というところで、彼のストロングポイントをゲームの中で呼び覚まし、DFリーダーになることで彼の成長が見えてくるところがあると思います。将来性も含めて、獲得に踏み切りました。
(佐藤)和樹に関して言えば、(田中)雄大が左利きのサイドバックというのは、日本の中では貴重なので、目をつけられていたところもあり、シーズン途中から引き抜かれることを想定していました。和樹は中学時代から知っていて、昨シーズン、実は期限付き移籍で獲得しようと考えていたところがありました。実現はしなかったのですが、今回縁があって来てくれた。左利きを生かしたサイドバック。上下動もできる選手。あとは経験のところ。シーズンを通してどう戦っていくのか。フィジカルコンディションも含めて、しっかりやっていければ、本当にJ1を目指せる選手になると思っています。ウチで鍛えて、彼がチームの力になってくれればと思っています。
(斎藤)翔太は若い頃から代表を経験しています。浦和というクラブの中で出場機会に恵まれなかったのですが、ウチにはないドリブル突破という武器を持っていて、アクセントをつけられる選手でもあります。そこをしっかり出して、彼自身チームの競争の中でどう加わっていくのか楽しみなところがあります。
(湯澤)洋介はウチのチームに足りなかったスピードとドリブルの仕掛けというところで、いち早く注目していました。栃木さんがああいう形になって、すぐにオファーを出しました。彼自身、先ほど言っていたように、栃木から水戸に来ることに関して、チーム愛というところに関して、すごく悩んでいたところもありましたが、そこを説得して、今回来てくれることとなりました。なので、本当に温かく迎えてあげてください(笑)。彼自身も内気で内向的なところもありますが、本当に爆発的なものを持っている。そこを期待してもらいたいとおもます。
(佐藤)祥はボランチもサイドバックも両方できる選手。ボール奪取に関して、すごくいいものを持っている。あとは攻撃のところを試合経験を含めて身につけていければ、間違いなく戦力になると思います。ウチに関して言えば、内田や石神に匹敵するボール奪取能力を持っていて、一人でボールを奪う能力がある。そこはチームの武器になると思っています。
(伊藤)槙人に関して言えば、トライアウトのところで僕らが見て獲得を決めました。千葉というJ1昇格を義務付けられたクラブの中でなかなか出場チャンスはありませんでしたが、身体能力の高さや練習に対する姿勢に関して、(鈴木)隆行からお墨付きがついています。若い選手なので、経験はありませんが、このクラブは若い選手を鍛えて経験をさせて、成長させることによってチームが成長していくクラブ。彼に関しても将来性に期待を込めて、獲得を決めました。

僕自身、昨シーズン終盤から多くの選手が引き抜かれることが想定できていたので、監督を引き受けるか迷った部分がありました。でも、覚悟を決めて、こういうクラブなので誠意と情熱を持って選手にアプローチしたところ、これだけの選手が呼応して水戸に来てくれました。ここからは僕らスタッフが彼らをいかにマネジメントしていくかというところだと思っていますので、選手たちは僕たちを信じてやってくれると思いますし、僕らも選手たちを信じて戦っていきたいと思います。どんなサッカーをするかはまだチームを作り始めたばかりなのでわかりませんが、みなさんの期待に応えられるようなサッカーをしていきたいと思います」

以上

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集