【2016シーズン始動!】横浜FM:新体制発表記者会見での出席者コメント

2016年1月23日(土)

23日、横浜Fマリノスの新体制発表会見が行われました。会見での出席者のコメントは以下の通りです。
2016トリコロールメンバーズ受付中!
-----------
●長谷川亨 代表取締役社長
「みなさん、こんにちは。1月1日付で横浜F・マリノスの社長に就任した長谷川亨です。今日は寒い中ご来場いただきまして、本当にありがとうございます。日頃より横浜F・マリノスに温かいサポートと熱い声援をいただきまして誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
就任してまだ日が浅いので、本日は、横浜F・マリノス復活に向けた大きな方向性、ディレクションについて簡単に説明させて頂きます。
私は35年間、日産自動車の海外部門に勤務し、特にここ15年間は海外で社長業をしてきました。そういう意味で、サッカーはプロでないのですが、社長業はプロ中のプロと自負しております。いくつもの海外の会社をめぐりまして、『組織・経営を強くするためには何をすればよいか』ということには精通しているつもりです。
自動車ビジネスも、サッカービジネスも『お客様とファン・サポーター、ステークホルダーの皆様に、夢と感動と希望をお届けする』という観点では、目標は同じだと思います。従って、組織・経営の強化の方法にも大きな違いはないと考えております。
クラブ内のスタッフと話をし、上記の仮説は正しいと再認識しました。そして当面進めていく方向性は、以下の3点と致しました。
1)コミュニケーションの向上
2)スピードの向上
3)グローバライゼーションの向上
この3点ですが、まずトップチームもバックオフィスも先ずは原点に立ち返り、その方向に向けて取り組んでいくべく、既に動き始めております。
具体的なアクションプランやプログラムは、今後100日間を目途に、さらに方向性やプログラムを具体化し、さらに掘り下げて、まとめていきたいと思っています。
トップチームに投資をし、強い横浜F・マリノスを復活させ、日産スタジアムへの観客を増やし、経営を安定させ、さらにチーム強化に向け再投資をしていく。こういった正しいフットボールビジネスのサイクルを回し、横浜F・マリノスを強化してまいります。
タイトルを取るべく邁進するのも勿論なのですが、『絶えず』優勝争いに名前のあがる3位以内のポジションをめざし、横浜F・マリノスを『魅力ある』チームにしていくべく最善を尽くす所存です。
2016年の横浜F・マリノスにも、ぜひご期待ください」

●エリク モンバエルツ監督
「昨年、我々は自分たちのプレー・アイデンティティーというものを発展させていきました。より速いスピードでプレーしました。コンビネーションからの速いプレーを求めていきました。それが時にはうまくいって高いパフォーマンスを発揮させることができました。ただ、まだ最後のところ、得点に結びつけることが足りませんでした。
今シーズンも方向性は変えずに続けていきます。そして、さらにクオリティーを高めていきたいと思います。
そして、それによって我々のサポーターに、できるだけ多くの喜びを与えたいと思っています」

〈新加入選手 挨拶〉
●前田直輝選手
「東京ヴェルディから松本山雅への期限付き移籍を経て、この横浜F・マリノスに来ました前田直輝です。素晴らしいチームの一員になれたことを嬉しく思っています。やっぱり本番のリオ五輪メンバーには必ず入りたいと思い、そのための成長をするために、F・マリノスを選びました。一日一日努力したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

●金井貢史選手
「ジェフユナイテッド千葉・市原から来た金井貢史です。F・マリノスの勝利のために、僕の持っている力を全て出し切り、勝利に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」

●高橋拓也選手
「Y.S.C.C.横浜から移籍して来ました高橋拓也です。ずっと目標にしていたF・マリノスでプレーできることを誇りに思います。アグレッシブにゴールを守るプレーを見てほしいと思います。応援よろしくお願いします」

●新井一耀選手
「順天堂大学から加入した新井一耀です。ポジションはディフェンダーです。自分はフィードが得意なので、攻撃へのスイッチとなるパスとセットプレーからの得点を期待してください。応援よろしくお願いします」

●富樫敬真選手
「関東学院大学から加入しました富樫敬真です。昨シーズン、特別指定選手として試合に出て1点決めましたが、1点しか取れなくて悔しいという気持ちが強いので、今シーズンはたくさん点を取って、勝利に貢献したいと思います」

●パク ジョンス選手
「はじめまして。私はパク ジョンスです。去年の9月からF・マリノスに合流していまして、今季、正式にF・マリノスと契約することができました。私の得意なプレーはヘディングとパスです。よろしくお願いいたします」

●和田昌士選手
「ユースから昇格しました和田昌士です。まず、小学校からお世話になっているF・マリノスでプロのサッカー選手になることができて、非常に嬉しく思っています。ただ、ここからが本当のスタートなので、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います」

●遠藤渓太選手
「ユースより昇格しました遠藤渓太です。F・マリノスには、小学校2年生からお世話になっていて、自分を育ててくれたスタッフやコーチへの感謝の気持ちを持ってプレーしたいと思います。強い意志と強い覚悟を持って、“俺はやれる”という気持ちを持って頑張っていきたいと思います」

以上

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報