【ニューカマー・レコメンド】愛される男、明神智和:明神智和(G大阪→名古屋)

2016年2月22日(月)

2016シーズン開幕!ニューカマー・レコメンド
----------

(C)J.LEAGUE PHOTOS
ガンバ大阪に在籍した10年間、とにかく仲間にも、ファンにも愛され続けた。

17番を背負い、ガンバ大阪の一員としてピッチに立ったのは06年だ。以来、ずっと唯一無二の存在感で、異彩を放ってきた。ボランチとして、視野の広さや局面におけるボール奪取力を武器に、いの一番に危険を察知しピンチを防ぐ。かつて、ガンバのホームスタジアムではよく「ここにも明神、そこにも明神」のゲーフラを見掛けたが、まさにその通り。日本代表の顔としてボランチに君臨する遠藤保仁が注目を集める一方で、常に『クロコ』的にチームを支えてきたのが彼だった。

その存在感は、14年シーズン前後から少しずつ出番が減っても変わらなかった。例え先発メンバーにならなくとも、試合前のロッカールームでは必ずといっていいほど彼が「さあ、いくぞ」と声を掛け、チームを引き締める。仲間もその声に背中を押され戦い続けた。

ガンバ大阪でのラストシーズン、15年に至っては控えメンバーはおろか、ベンチ外になった試合も多い。だが、どんな時も「チームのために」の精神が崩れることはなく、プロとして自分がやるべきことに気持ちを注ぎ、自分の『サッカー』のために戦い続けながら、かつ、時折、緊張顔の若手にはそっと声を掛けた。
先日行われたパナソニックカップ『ガンバ大阪vs名古屋グランパス』戦の後、この一戦に先発出場したルーキー、DF初瀬亮は、ミックスゾーンで偶然、隣に居合わせた明神を前に、こんな言葉で彼への思いを語っている。
「昨年末、二種登録だった僕に、天皇杯で出場チャンスがくるかもしれないという状況になった時、常にミョウさんが声を掛けてくれました。だから…途中からミョウさんが出てきた時に、こっちを向いてくれるかなと思ってずっと見ていたんですけど…向いてくれませんでした(笑)」
年の差が19才もあるベテラン選手を前に、若い初瀬がそんな風に冗談を言えるのも、明神の人柄があってこそ。先輩後輩の分け隔てなく常に『仲間』を思い遣ってきた明神だからこそだった。

そんな彼に特別な思いを抱くのはサポーターも同じだ。その証拠に、先に書いた名古屋戦のキックオフ前、昨シーズン限りでの引退を決めた山口智への花束贈呈のためにピッチに表れた、赤いユニフォームに身を包んだ明神に、サポーターは大きな『明神コール』繰り返した。その気持ちに、試合後、明神もまた笑顔で応える。
「あんなにたくさんの声援をいただけるなんて思っていなかったので、すごく嬉しかった」
そう、明神は今季、ユニフォームの色を青から赤に変え、名古屋グランパスの一員としてプロ21年目のキャリアをスタートさせている。その姿を見た宇佐美は「僕にとってのミョウさんは青が似合う選手なので、赤のユニフォームがあまりに似合っていなかったのが嬉しかった」と笑い「だけどピッチで17番の背中を見れて、素直に嬉しかった」と大好きな先輩への思いを語っている。

その言葉にもあるように、例え違うチームのユニフォームを着ようとも、彼の背中を追い掛け、何かを感じ、刺激を受けている選手はいまもたくさんいる。そのことこそが、彼が誰からも慕われ、愛される選手であることの、何よりの証拠なのかも知れない。


以上

-----------
★名古屋グランパスシーズン開幕戦!★
明治安田生命J1リーグ 第1節
2016年2月27日(土)14:00キックオフ/ヤマハスタジアム
ジュビロ磐田 vs 名古屋グランパス
チケット完売!

2016.02.22 Reported by 高村美砂

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報