【ニューカマー・レコメンド】人当たりも考え方も大人な守備職人。さらなる飛躍に期待!:田森大己(京都→岐阜)

2016年2月23日(火)

2016シーズン開幕!ニューカマー・レコメンド
----------
(C)J.LEAGUE PHOTOS
「守備職人」と呼びたくなるほど、中央の守備を巧みにこなしてくれるユーティリティープレーヤー。そして、人間性も◎。地元テレビの中継では各選手がアップになる時に選手の一言紹介のフレーズが出るのですが、田森の紹介フレーズが「奪っていいとも!」である。当然「田森」と、あの大御所タレントの番組をかけている訳ですが、そのことについてインタビューを受けると、本人は「それ、人から聞きましたけど、何ですかそれ」みたいな返答で、気にしているけど笑顔も見せて大人の対応を見せていた。人当たりもソフトで、若手が攻撃に出たその後ろで汗をかく。本当にいい奴です。

京都加入は2012年の大木武体制時代。本音を言えば、アンカーだった秋本倫孝のバックアッパーという意味合いだった。でも、そこから、監督が代わり状況が変わる中で中盤の守備からセンターバックまでこなす様になる。特筆すべきはかなり高いレベルでそれをこなしてくれたということ。センターバックが欠ければ、その役割をきちんとこなし。ボランチが不足すれば、その役割を見事に果たすのだ。

プレーぶりは「やるべきことをやる」という感じ。こぼれ球の処理、ボールを奪ってからの一つ目のプレー。相手のロングボールにどう対処するかなど、地味ながら、そつなくプレーする。後は、声を出すこともできる。相手のゴールキックなどで、声を張り上げ集中を促したり、「当たり前を当たり前」に出来る選手です。

ただ、それらのプレーが、試合を決めるだけの完璧さがあるか、という点ではまだ磨くべき部分もある。昨季の終盤にインタビューの中で、京都が攻撃した後の相手カウンターの起点を潰しに行く点で、「前々から言われていて分かっているつもりでも、出来ていない」と明かしていた。自分の甘い点も理解し、向き合っているが、それを克服する難しさも分かっている、という感じだった。

その辺りで、厳しく、選手への要求も高いラモス瑠偉監督の下で、田森自身、また一皮むけるのではないか、そんな期待もある。どうぞ、岐阜サポーターの皆さま、田森のこと、暖かく迎えてやって下さい。

以上

-----------
★FC岐阜シーズン開幕戦!★
明治安田生命J2リーグ 第1節
2016年2月27日(土)14:00キックオフ/正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬 vs FC岐阜
チケット好評発売中!

2016.02.23 Reported by 武田賢宗

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報