【ニューカマー・レコメンド】チームのためにすべてを出し切る「魂の漢」:馬場賢治(水戸→讃岐)

2016年2月23日(火)

2016シーズン開幕!ニューカマー・レコメンド
----------
(C)J.LEAGUE PHOTOS
魂で戦った。馬場賢治の水戸での2年間を振り返ると、その一言に尽きる。

高い技術力を誇り、絶妙なポジショニングとスペースランでボールを引き出し、攻撃にアクセントを加える。そして、そこから果敢にゴールに狙っていく。それが馬場のプレースタイルであり、この昨季までの2年間、水戸の攻撃をけん引し続けた。

同時に、水戸サポーターの心に焼き付いているのは、とにかくピッチを駆け回り、チームのために戦った姿だろう。試合終了と同時にピッチに倒れこむ婆の姿に何度胸を熱くさせられたことか。

水戸というクラブのために全身全霊をかけて戦った。そんな2年間だった。
特に昨年は馬場抜きでは「J2残留」という結果を勝ち取ることはできなかった。そう言っても過言ではないほど、彼の存在は大きなものだった。序盤から低迷し、苦しい戦いが続いた中、馬場は常に先頭に立ってチームを引っ張った。時にはチームに苦言を呈すこともあったが、それもチームのためを思ってこのこと。そうした姿勢でチームを引き締めたことによって、苦しい状況が続きながらもチームは一体感を失うことなく、戦い続けることができた。それが「J2残留」につながったのだ。

あれだけチームのために戦ってくれたのだから、今後も「水戸の魂」として水戸を引っ張ってくれるもの。そう思っていただけに今回の移籍は驚きだった。ただ、以前から馬場は「いろんな監督のもとでプレーしてみたい」と口にしており、昨季の戦いで水戸での役割を終えたと考え、また新たな挑戦を求めて移籍を決断したのだろう。とにかく今は感謝の思いでいっぱいだ。この2年間の記憶が色褪せることはない。馬場が残していってくれた「魂」を忘れることなく、水戸はこれからも戦い続けなければならない。

そして、「魂の漢(おとこ)」は讃岐でも絶大な存在感を誇ることだろう。水戸でもそうであったように、どんな状況でもすべてを出し尽くす彼の姿勢がチームに大きなものをもたらすに違いない。過去2年間、水戸が1勝も挙げることができなかった讃岐。今季、さらに厄介な相手となりそうだ。

以上

-----------
★カマタマーレ讃岐シーズン開幕戦!★
明治安田生命J1リーグ 第1節
2016年2月28日(日)14:00キックオフ/ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC vs カマタマーレ讃岐
チケット好評発売中!

2016.02.23 Reported by 佐藤拓也

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報