長谷川 健太監督(G大阪)【2016シーズン開幕!あなたのクラブの監督をご紹介!】

2016年2月25日(木)

開幕を迎えるにあたり、あなたが愛するクラブの監督のキャラクターをより詳しく知ってもらうために、J's GOAL担当ライターがご紹介!!
----------
(C)J.LEAGUE PHOTOS

長谷川健太

■生年月日:1965年6月25日
■出身地:静岡県

■指導歴
2000年~2004年 常葉学園浜松大学 サッカー部監督
2005年~2010年 清水エスパルス監督
2013年~ ガンバ大阪監督

キャラクター

 
熱血漢    クール
非常に
やや
普通
やや
非常に
一言メモ
選手同様に『勝負』に対して常に熱く向き合う熱血漢。昨年のAFCチャンピオンズリーグ準決勝、FCソウル戦ではアディショナルタイムにおけるドラマチックな決勝点に、喜びのあまりピッチに足を踏み入れ退席処分になる一幕も。そんな監督の熱さを選手たちも大歓迎。「ルールはあるけど、一緒に喜んでもらえて嬉しかった」と振り返った。

選手との対話

 
引き出す    伝える
非常に
やや
普通
やや
非常に
一言メモ
「清水時代は選手とグラウンドで会話したり、個別に声をかけることはなかった」と振り返るのは清水時代に共に仕事をしたDF岩下敬輔。だが最近は、選手と個別に話をする姿も。起用法や自身の考えについて選手に伝えたり、キャプテンを呼んで話し込む姿もよく見掛けるようになった。

戦い方のベース

 
スタイルを貫く
(初志貫徹)
    型にはまらない
(変幻自在)
非常に
やや
普通
やや
非常に
一言メモ
守備に関しては規律の徹底を求め、スタイルを変えることは殆どないが、攻撃に関しては状況に応じて、また起用選手に応じて、システムを変えることも。昨年のシーズン終盤も攻撃陣に停滞が見られるや、前線の形を変え、個の能力を引き出した。

Jリーグのファン・サポーターにも知って頂きたい監督のエピソード
『選手との対話』に通ずる話だが、以前、長谷川健太監督に「選手とコミュニケーションをとる上で気をつけていることは?」という質問をぶつけたことがある。返ってきたのは「タイミングと言葉のチョイス」という二つ。更に、自身の現役時代の経験を踏まえ、こんな風に言葉を続けた。「このタイミングで話をされたら、ムカつくだろうというタイミングでは絶対に話さないようにしています」。練習中は時に大きな声を張り上げることもある監督だが、それも含めて、選手に掛ける言葉の殆どは氏の中で吟味してのこと。そのことに代表されるように、常に細部にまで気を配りチームをコントロールしている。

2016.02.25 Reported by 高村美砂

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集