【千葉 vs 徳島】ウォーミングアップコラム:リーグ戦初ゴールは誰がどんな形で取るのか!?

2016年2月27日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

井出遥也選手(千葉)
過去に例を見ないほどの大幅な選手の入れ替えを行ない、千葉のファンやサポーター以外の人々の注目も集めた今季の千葉。これまでスカパー! ニューイヤーカップやちばぎんカップで全勝という結果を残したが、J2リーグでの戦いはそれらとは違うことを選手も関塚隆監督を始めコーチングスタッフもよくわかっている。J1昇格を逃してきた要因の中でも特に大きな問題だったのが、シュートの決定率の低さによる得点力不足。それだけに、選手たちが昨季までの対戦イメージから「守備が堅い」と感じる徳島を相手にどのような攻撃を仕掛け、誰がどんな形でリーグ戦初ゴールを取るのかは注目ポイントだ。

ちなみに、昨季のリーグ戦初ゴールが生まれたのは長崎との対戦で1-0の勝利を収めた開幕戦で、得点者は井出遥也だった。今季のプレシーズンマッチの初戦だったスカパー! ニューイヤーカップ第1戦・熊本戦(2-1の勝利)でも初ゴールを取ったのは井出。右サイドのスペースに飛び出した船山貴之のクロスに対して、ややファーサイド寄りに走りこんでヘディングで合わせたものだった。井出は高橋悠太ゼネラルマネージャーから「二桁得点はノルマとして欲しい」と言われていることもあり、「自分が活躍してチームをJ1に昇格させられるようにしたい」と二桁得点を目標にしている。

また、スカパー! ニューイヤーカップ(3試合で8得点)の得点は流れの中からがほとんどだったが、逆に3-0の勝利を収めたちばぎんカップは全得点がセットプレーから。前述の4試合での井出以外の得点者は、関塚監督から「15得点を期待している」と言われたエウトン、「点は取れるだけ取りたい」という船山、小池純輝、菅嶋弘希、町田也真人、吉田眞紀人、イ ジュヨン。リーグ戦初ゴール得点者はこの中から生まれるのか、それとも他の選手か。そして、どんな形からゴールが生まれるのか。楽しみに待ちたい瞬間だ。

文:赤沼圭子(千葉担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月28日(日)16:00KO フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 vs 徳島ヴォルティス
フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.5)
アクセス (4.3)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報