【千葉 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:特別な対戦に挑む小池純輝の思いと近藤直也の挑戦状

2016年3月12日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------


写真:小池純輝選手(千葉)


写真:近藤直也選手(千葉)

横浜FCとの対戦でまず注目されるのが、2014年から2シーズン横浜FCに在籍した小池純輝だ。古巣との対戦について記者に聞かれるとこう話した。
「2年間自分が在籍していたチームで応援してくれていた方もたくさん増えてきていたので。その中で(千葉へ)移籍となって、当然、開幕からもそうですけど、みんな気にしてくれているとは思うので。移籍を選択して千葉でサッカーをしているので、成長した姿とかそういうチャレンジする姿勢というのは見せたいなとは思っています」
横浜FC戦ではサイドの攻防がポイントの1つになりそうだが、小池がスピードをと運動量を生かしてスペースを突くことができるかどうかがカギになる。ゴール前にスペースを作り、そこで小池にパスを受けさせるには相手の守備を左右に揺さぶることが必要だ。
「スペースがあったほうがやっぱり走りやすいですし、(ボールを)蹴る側もそこに蹴りやすいと思うので。あとはクロスに入って行きたいなという気持ちがあって、意識して中には入ってはいるんですけど、そこで点を取れれば自信にはなると思います」

そして、対横浜FCというよりも横浜FCの守護神である南雄太に特別な思いを持って挑むのが、ともに柏でプレーしていた近藤直也だ。千葉は開幕から2試合連続で相手に先制点を奪われているだけに、DFの近藤としては「相手にゴールを奪われてからスイッチが入っていい形ができてというのだと遅いと思うので、いい流れの時にしっかり点を取って、相手が攻めてきたところでしっかりカウンター攻撃で追加点を奪うという流れが理想だと思います。まず後ろとしてはしっかり(失点を)ゼロで抑えたい」と話したが、記者に「南選手から点を取りたいという気持ちはありますか」と聞かれると、ニヤリと笑ってこう答えた。
「取りたいです。(南選手が)熊本にいた時の対戦では取りましたからね。取ってやりましたから、今回もぜひ」
千葉のセットプレーでは攻撃陣だけでなくゴールを狙う近藤にも注目してほしい。

文:赤沼圭子(千葉担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月13日(日)15:00KO フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 vs 横浜FC

フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.5)
アクセス (4.4)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報