【相模原 vs F東23】 ウォーミングアップコラム:背番号14の出来が、チームの行方のカギを握る

2016年3月12日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

「かなりいい状態。今まで何年もやってきたが、その中でも一番いい状態で出来ている」
開幕を直前に控えた練習後、岩渕良太に仕上がり状態を聞くと、このように返ってきた。

さらに、昨季も薩川了洋監督の下でプレーしており、やりたいサッカーを理解していると思うが、という問いに対しては、「中心となってやっていかないといけないと思う。戦術的な部分もそうだけど、メンタル的にというか、チームを引っ張るという意味でも、責任をもちながらやりたい」と力強い言葉で続けた。

今季の相模原は、細かいテンポでパスをつなぎ、両サイドバックも積極的にオーバーラップする、攻撃的なサッカーを志向している。そこで重要になるのが、ボランチに入る岩渕だ。チームの心臓部を担う彼が攻撃を組み立てられるかがポイントになる。
左サイドバックの保崎淳も「現代のサッカーはボランチ次第。強いチームには必ず良いボランチがいる。ガンバや鹿島を見ていてもそう思う。だからこそ、ボランチを信じて、5回でも、10回でも(サイドを)駆け上がる。俺は疲れてナンボ。そのうちの1本でもパスが出てくればいい」と話す。
このように、味方もボランチの重要性を話しており、岩渕のパフォーマンスが、開幕戦、そして、今季のチームの行方のカギを握ると言っても過言ではない。

そして最後に岩渕は、開幕戦の相手である“FC東京”についても、「すごく思い入れのあるチームというか、大好きなチーム。下部組織時代のチームではあるが、楽しみ。知っているスタッフも多くいるので、成長した姿を見せられればなと思う」と話し、“古巣”との対戦を楽しみにしている様子でもあった。

チケットの売り上げも好調で、7000人以上の集客を見込んでいる。この数は昨季の開幕戦の倍近くの数であり、この試合の注目度の高さが窺える。ぜひとも、相模原サポーターはもちろん、FC東京サポーターの方も、ピッチ上でタクトを振るう「背番号14」に注目してもらいたい。

文:須賀大輔(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第1節
3月13日(日)13:00KO ギオンス
SC相模原 vs FC東京U-23
相模原ギオンスタジアム(SC相模原)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.5)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (4.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報