【山形 vs C大阪】ウォーミングアップコラム:山田拓巳が示す「あきらめないプレー」

2016年3月19日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める企画です!ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

ディエゴが前半で2得点を挙げた前節・徳島戦。その2点目をアシストしたのは右ウィングバックの山田拓巳だった。ペナルティーエリア内には大黒将志とディエゴ、そして川西翔太が入っていたが、相手はいち早くゴール前に入っていった大黒に引きつけられ、ディエゴがフリーになっていた。

チームは開幕直前に加入した大黒との連係を進めているが、石﨑信弘監督は「周りの選手も大黒の動きを随分理解できてきている。ただ反対に、今度は大黒ばかりを見過ぎている。そこをバランスよくやっていければ」と課題を挙げている。この場面では大黒をうまくおとりに使ったことになるが、殊勲の山田は「あまり中を見る余裕がなかった。単純にディエゴがすごく呼んでたので、その声を信じて蹴っただけ」と“たまたま”感を強調するばかりか、「あれでディエゴに合わなかったらカウンターで、監督にまた怒られてました」と、そうならずに済んで良かったという安堵の表情を浮かべていた。

そのアシストシーンからほんの数秒巻き戻し、佐藤優平からの浮き球を相手の背後で受けようとしたときのシーン。佐藤のパスは少し短く、相手に手前でカットされる可能性もあったが、山田の体はためらうことなくボールを奪いに行く反応を示した。「ディフェンスも下がりながらで難しい体勢だと思うんですよね。なので、あきらめないで、ファウルしない程度に競り合いにいけば拾えるかなと」。この判断が功を奏し、対応した相手2人が転倒したことで、結果的にアシストできる状況に持ち込めた。

あきらめずに競りにいった隠れたファインプレーの背景を、山田自身はこう振り返る。「自分もうまい選手じゃないので、そういうところで頑張ったりとか、味方のミスをミスにしないように、すぐあきらめないでやっています。それを味方がどう感じているかわからないですけど、僕が逆の立場だったらそれですごい助かるし、そういう助け合いは大事だと思います」

未勝利のまま、山形が3連勝のC大阪を迎えるホーム開幕戦。「あきらめないプレー」を積み重ねた先に、最高の結果が待っている。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月20日(日)13:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs セレッソ大阪
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集