【札幌 vs 京都】 ウォーミングアップコラム:より貪欲に

2016年3月25日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

前節、敵地で清水に快勝した試合の前半34分。セットプレーからのこぼれ球に都倉賢が鋭く反応して無人のゴールに流し込んだ場面。このプレーに触れてみたい。この得点こそが、今季の都倉が増やそうとしている形だからである。

言うまでもなく、こぼれ球にしっかりと詰めている部分は素晴らしい。だが、あの手の得点は「プレゼントゴール」と評されてしまうこともあるし、インパクトがあったり、いつまでも記憶に残る類のものとは違う。それに都倉の得点といえば、それこそ一昨シーズンのJ2ベストゴールに表彰された得点に代表されるような、ダイナミックかつ絵になるものをイメージしてしまいがちだ。だが、今シーズンを前に都倉はこうキッパリと口にしている。「とにかく泥臭いゴールをもっと増やしていきたい」。

オフ期間に神戸時代のチームメイトだった大久保嘉人(川崎F)と食事をしたのがきっかけだったという。

「ヨシトさん(大久保)は、J1であれだけ点を取っているにも関わらず『まだまだ足りない』と口にしていたし、ひとつひとつの口ぶりすべてから得点への渇望を感じさせられた。それがすごく刺激になったし、『僕も形に関係なく、とにかく貪欲に得点を狙っていこう』と思うようになった。ゴール前でこぼれ球を押し込むような得点を今シーズンは増やしていきたい。そう思っています」

実際に都倉は2節の岐阜戦で自身プロ初となるハットトリックを記録しているが、「いままでの自分は2点をとった時点で、気付かないうちに満足感を得てしまっていた。もっと貪欲さを身に着けて、その壁を打ち破りたかった」とも話している。

「今シーズンは得点王を狙う」
そう力強く、貪欲に発する都倉。泥臭さが加わった、2016年版の都倉のゴールを札幌ドームで目にしたい。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
3月26日(土)13:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs 京都サンガF.C.
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報