【G大阪 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:古巣を相手に、アデミウソンの覚醒に期待!

2016年4月1日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

「明らかに技術も高いし、独特のリズムも持っている。もちろん、総合的な能力も高い。フィットすれば恐ろしい攻撃力を発揮すると思う」

そんな風にFW宇佐美貴史が話していたのは開幕前のキャンプのこと。今季、ガンバ大阪に加入した新加入選手、FWアデミウソンを指しての言葉だ。

だが、結論から言うと「現時点ではそこまでの驚異的な活躍を示せていない」というのが、大方のアデミウソンに対する評価だろう。事実、ここまでG大阪が戦った公式戦8試合中、彼がピッチに立ったのは4試合。うち先発出場は2試合に留まり、移籍後初ゴールも未だ挙げられずにいる。もっとも、一時期はケガで離脱していたため致し方ない部分もあるが、冒頭の宇佐美の言葉にもあるように、キャンプの時から明らかに『違い』をみせていただけに、「期待はずれ」だと言わざるを得ないのが現状だ。

だが、ここにきて、嬉しい『変化』が。それはアデミウソンのコンディションが明らかに高まっていること。それは長谷川健太監督も太鼓判を押すところで、本人も手応えを語っている。

「正直、ケガから復帰してからは試合感も薄れていたし、以前からの課題だった守備面でのマークの受け渡しなどにおいてもスムーズにやれていなかったが、中断期間で取り戻せたし、試合の中で自分のパフォーマンスを示せるイメージは高まっている(アデミウソン)」

しかも、今節の相手は、彼が昨年在籍した横浜F・マリノス。その横浜FMに対しては「素晴らしい仲間のいる、いい思い出がたくさんあるチーム」だと振り返る一方で、「だけど、僕はいまガンバのユニフォームを着て闘っているからね」とニヤリ。よく知るチーム、選手との対戦を楽しみにしながらも、中断明け最初の試合となるこの一戦で、存在感を見せつけるつもりでいる。

「F・マリノスの選手の特徴やチームのやり方が頭に入っていることを活かして、彼らの苦手としている部分を自分のサッカーで崩したいと思っていますが、相手も僕を良く知っているだけに、そう簡単にはいかないはず。ですが、自分らしいプレーをしっかりと発揮して、ガンバの勝利のために懸命に戦いたい(アデミウソン)」

その決意が『ゴール』へと繋がれば、G大阪にとっても、この横浜FM戦から始まる怒濤の連戦を戦い抜く上で大きな弾みとなりそうだ。

文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 1st 第5節
4月2日(土)19:00KO 吹田S
ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報