【山形 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:ちょっと気になる建物

2016年4月8日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

今シーズンから、NDソフトスタジアム山形の正面に向かって左手、CゲートとDゲートの間にある建物が登場している。スタジアムグルメのブースが並ぶ中央広場からもよく見える位置にあり、昨シーズンまでと違う光景に気づいたサポーターも多いはず。窓はあるが、一見すると出入り口などは見当たらず、かなり興味をそそられる建物ではある。

この建物、山形のホームゲームではプレスルームとして使用されている。

これまでのプレスルームはスタジアム内部、メインスタンド北側の1階部分に設置されていた。スペースがかなり広いこともあり、パーテーションで仕切られて運営スタッフの控え室と共用だった時期や、記者会見室と一体のレイアウトだった時期もあった。窓の外からスタジアム内部の様子が見えたため、環境としては悪くなかった。

新しいプレスルームの内部はこちら。

広い部屋にテーブルと椅子が整然と並べられ、電源のコンセントも各所に設置されているが、人がいなければいたってシンプルな見た目。写真右手がスタジアム側になり、ここでは完全に視界が遮られたが、グルメブースから「モツ煮込み」などの汁物をプレスルームに運び込む際に、いままでのように段差やぐねぐねのシケインがなくなったのは喜ばしい。

もうひとつ、新しいプレスルームができて変わったことは、スタンドの記者席までの動線だ。これまではスタジアム内部の階段から記者席までほぼ直通だったが、今年はCゲートから出入りすることになった。実際の試合で気づいたのは、試合後、Cゲートを出てプレスルームに向かう際に、スタジアムから帰路につく多くの山形サポーターと対面することになること。ここまでホーム2試合は敗れているため、サポーターの表情も微妙な感じだったが、プレスルームへ戻る際にいい笑顔とたくさん出会いたい。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第7節
4月9日(土)13:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集