【神戸 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:“伊丹の星”東隼也がJ1デビュー。次はホーム・デビューを!

2016年5月3日(火)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

前節の柏戦でDF東隼也がJ1デビューを果たした。今季からトップチームに昇格したルーキーは、ほかのアカデミー出身選手とは違う期待も背負っている。ヴィッセル神戸伊丹U15育ちの初のプロ選手で、彼の活躍は“伊丹”のコーチやスタッフだけではなく、そこに通う子供たちの希望でもあるからだ。

柏戦では相馬崇人に変わって左サイドバックで出場した東だが、本職はセンターバック。身体能力の高さがウリで、キャプテンの渡邉千真は「アイツのキレッキレのダンス、ヤバイっしょ(笑)」と、冗談交じりに彼のポテンシャルの高さを表現する。ヴィッセル神戸伊丹U15時代に東を指導した加島進一(アカデミー運営部副部長兼アカデミースカウトグループマネージャー)は、ヴィッセル神戸オフィシャル月刊誌『ヴィッセルスマイル』の取材で、東の第一印象(小学6年時)をこう述べている。「スピードもあるし、強さもある。“ゴリラ”みたいですごいなって。でも、足下は下手やなぁという感じでした(笑)」

柏戦でも、身体能力の高さを証明したシーンがあった。80分頃に柏が鋭いタテパスを前線に入れた際、東が素早く反応してボールを奪ってみせた。92分頃には、相手に囲まれながらもうまく身体を相手に預けながら強引にドリブルで局面を打開した。彼の身体の強さが出たシーンだった。
攻撃面では相馬崇人にまだまだおよばなかったが、守備面ではセンターバックらしい強さを見せた神戸の生え抜き。伊野波雅彦と相馬崇人が警告累積で出場できない今節の磐田戦。しかも、左サイドバックは本職の田中雄大や山口真司も万全ではない状況。前日練習が一般非公開に変更されたため、どんなスタメンを組むのかは予想が難しいが、東のノエスタ・デビューの可能性も充分にありえる。

練習ではセンターバックだけではなく、ボランチやサイドバックに入ることも多々ある。「(将来を考えて)色々なポジションをできるようにしておきたい。その上でセンターバックとして出場できればいいのかなと思うので、ほかのポジションにもどんどんチャレンジしていきたい」と話す“伊丹の星”の挑戦は、これからも続く。

文:白井邦彦(神戸担当)


明治安田生命J1リーグ 1st 第10節
5月4日(水)16:00KO ノエスタ
ヴィッセル神戸 vs ジュビロ磐田
ノエビアスタジアム神戸(ヴィッセル神戸)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (4.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.3)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報