【京都 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:GW連戦最終章!昇格ライバル千葉を相手に、3連勝を見据えるのみ。

2016年5月6日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

【写真】堀米勇輝選手(第6節ホーム山形戦で貴重な追加点を奪い勝利に貢献)

連休連戦締めくくる、最後の相手は難敵・千葉。狙うは当然、三連勝。ここで叩いて勢いに。いざこの試合、何が何でも負けられないっ!

第10節のC大阪戦、そして前節の清水に勝利したのは今季を占う上でとてつもなく大きい。ライバルの足止めと同時に京都が「昇格候補相手に通用する」ことを示してみせたのだ。石丸清隆監督は囲み取材ごとに、冷静に、どんな相手でも通用することはある程度想像できていたこと匂わせていた。だが、肝心の選手たちが、それを実感できているのは非常に大きい。

何が出来ているのか。様々なことがあるが、例えば、前節、清水戦で有田光希がスーパーゴールを決めたが、これは堀米勇輝のパスの貢献度も大きい。有田は試合後に「相手が(堀米に)行っていたので、スペースがあった」と口にした。堀米のボールにサイドバックがアプローチに動いたことで、スペースが出来た。そのスペースを使うことで有田は、直ぐにセンターバックとの勝負に持ち込めた。「相手を動かし」「状況(相手)を観る)」を、自然と実践できた証でもある。

もし、サイドバック(相手)が動いていなかったら……。連勝している京都を相手に、今節の千葉がしっかりした守備から入ることは容易に想像できる。ただ「守備から入るからプレスに来ない」とは簡単に言えない。プレスで京都のパスワーク遮断を狙うかも知れないからだ。

J2第12節、互いの意図や方向性が固まりつつある時期、京都の方向性を迷いなく出し、力を出し切れるか、注目の一戦となる。

文:武田賢宗(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月7日(土)16:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs ジェフユナイテッド千葉
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報