【福島 vs C大23】 ウォーミングアップコラム:チームのため。福島のため。福島県いわき市出身・渡辺匠のかける思い

2016年5月7日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

前節の鹿児島戦は、後半にPKを与え悔しい敗戦を喫した福島。この試合、前半でチームの攻撃の核となる金功青が負傷により交代。代わってピッチに入ったのは今年で34歳を迎えたベテランMF渡辺匠だった。

渡辺は福島県いわき市出身。いわき市のフォーウィンズFC(現在の勿来フォーウィンズ)でプレーし、その後神奈川県の桐光学園高に進学。2000年に川崎へ加入し、以後山形、熊本、松本、横浜FCでプレーし、今季から福島へ加入した。攻撃につながる正確なパスと、堅実な守備が魅力だ。

中学生の時以来、20年ぶりに地元でプレーすることになり、開幕戦秋田戦で先発出場した後は「今年で17年目のシーズンになるが、福島に帰ってきて初めてのゲームということで、自分の中ではあまり意識していないつもりだったが、今までに無い緊張感があったというのが率直な感想」とかなり緊張していたようだ。「言葉にするのは難しいくらい自分の中でいろんな思いがあった。帰って来させてもらったというのが一番自分の中で正しいかな、と思います」プロ17年目で初めて地元のチームで迎えたシーズン。かける思いはひとしおだ。

このところは途中出場が続いているが、栗原圭介監督は第4節栃木戦後、同じくベンチスタートのキャプテン石堂和人とともに、率先して円陣を作ってチームのために戦う姿勢を誉め称えた。福島のため、チームのため。先発出場でも途中出場でも、できることを全うする。そうした姿勢は若手の良き手本である。

今節は若手選手主体のC大阪U-23との対戦。金功青の状態次第では先発出場の可能性もある。技巧派の若手集団を相手に、ベテランの味を見せ、勝利に貢献したい。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第8節
5月8日(日)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs セレッソ大阪U-23
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報