【湘南 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:「過去最強」から2年

2016年5月7日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

「過去最強の湘南」を志して臨んだ2014年、彼らは果たして、Jリーグ記録を更新する開幕14連勝や史上最速のJ1昇格、クラブ初のリーグ制覇など、数々の記録を記憶とともに残した。

現在FC東京でプレーするGK秋元陽太とDF丸山祐市もその一員だった。期限付き移籍で加入していた丸山は昨季チームに復帰し、秋元は今季より完全移籍で加わった。

今節の彼らとの再会を前に、曺貴裁監督はこんなふうに語った。
「マルは自分のチームに戻り、陽太は移籍しましたが、選手が評価されて行くことはサッカー界では当たり前のこと。アイツらのストロングやいいところを今年も出して、さらに成長してもらいたいなという気持ちです」

迎える湘南は目下2連勝中だ。開幕から続いていたリーグ戦未勝利を払拭した第9節横浜FM戦をあらためて思う。「5年間のなかでもいちばんエネルギーがあった試合」と、タクトを握った2012年からの道のりを踏まえ、曺監督がそう評したように、かの試合では選手一人ひとりの魂がプレーに、ピッチに迸り、観る者に勝敗を超えた何がしかを届けた。

選手もまた、たしかな感触を得たようだ。自分自身のやるべきことに対し、吹っ切れたように思うと、くだんのマリノス戦を終えてそう語ったのは長谷川アーリアジャスールだった。ひと足遅れて湘南に加わった長谷川然り、現在ライトグリーンに身を包む選手たちは皆エネルギー全開の戦いのなかでチームとして大切にするスタイルをまっとうしながら、それぞれに自身を発揮した。

ところで、指揮官が語った秋元と丸山に関するくだりには続きがある。
「――さらに成長してもらいたいなという気持ちです。一方で、湘南すごく強くなったなとアイツらが感じるような試合をしたいし、そうならなければいけないなと思います」

再会と言っても、それはかつてと変わらぬ顔合わせを意味しない。「過去最強」から2年、新たな仲間とともにさらなる深化に向き合う湘南と、チームを移って成長を続ける彼らとの一期一会を余さず追いかけたい。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 1st 第11節
5月8日(日)16:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs FC東京
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.9)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報