【横浜FM vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:おかえり、ミカちゃん。

2016年5月17日(火)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

【写真】3月23日の川崎F戦以来の復帰となる三門雄大。
U-23日本代表の喜田拓也、富樫敬真、前田直輝がトゥーロン国際大会へ、U-19日本代表の遠藤渓太と和田昌士が韓国遠征へ旅立った。若手5人がごっそり抜けるのは嬉しい悲鳴。負傷者も数名いるため、リーグ戦とカップ戦でターンオーバー制を敷く横浜FMは、なかなか苦しい台所事情と言える。
だが、逆に復帰する選手もいる。右足首痛で約1か月離脱していたボランチ・三門雄大だ。今節・福岡戦に出場すれば、3月23日の川崎F戦以来の復帰となる。その背番号6を直撃!

Q:いよいよ復帰戦を迎えそうだが。
「(若手主体の)ヤマザキナビスコカップでの自分の役目は、チームを引っ張っていくこと。テツ君(榎本哲也)とかヒョウ君(兵藤慎剛)とか、僕らがしっかりしたプレーを見せて、なおかつ若手が気持ちよくプレーできる環境をゲームの中で出してあげたいなと思う。それができれば福岡に勝てるはず」

Q:福岡の井原正巳監督と言えば、横浜FMのレジェンドの一人。現役時代を覚えている?
「Jリーグ開幕の93年当時は、正直、ヴェルディが好きだったので、井原さんは嫌な選手だなあと思いながら見てました。98年フランスワールドカップは、小学6年の時だったのでよく覚えてます。98年のワールドカップに出場した人は、もう憧れを通り越している感じ。本当に雲の人というイメージですね(笑)」

Q:ファン・サポーターにメッセージを。
「熊本地震の募金活動をした時に、サポーターの方から『三門君、(復帰を)待っているよ』と声を掛けていただいた。自分がこの試合でどうアピールするかというよりも、サポーターの皆さんに元気な姿を見せて、勝利を一緒に喜ぶのが、自分の中では一番嬉しいこと。それができるようにしっかり準備したい」

いつもどおり快活なトーンで話してくれた、ミカちゃん(三門の愛称)。復帰戦でもいつもどおり、エナジーみなぎる走力を見せてくれるに違いない。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


ヤマザキナビスコカップ 第5節
5月18日(水)19:30KO ニッパツ
横浜F・マリノス vs アビスパ福岡
ニッパツ三ツ沢球技場(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集