【北九州 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:踏み切ったシステム変更。原一樹、継続とゴールに注力。

2016年6月7日(火)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

【写真】ゴール量産中の原一樹

北九州は前節、柱谷幸一監督就任後としては初めてとなるシステム変更に踏み切った。DFラインと中盤をフラットに並べた4-4-2から、4-3-3へ。この大なたを選手たちはポジティブに受け止め、なんとか苦境脱出に繋げようと意欲的に取り組んでいる。まだ結果は呼び込めていないが、ゴールを量産中の原一樹も「やり続けることが大事だ」と熱を込めた。

 原は前節、寺岡真弘が繋いだ右からのCKに反応。「どれだけマークを外せるかのタイミングがバッチリ合った」とここぞという瞬間を逃さずにゴールネットを揺らした。第8節のC大阪戦で復帰して以降、コンスタントにゴールを重ねてこれがチームトップの6ゴール目となった。

4-3-3のシステムの中では小松塁のシャドーから飛び出したり、前線の攻撃再構築にも積極的に役目を果たす。ただ息を合わせるには時間も掛かり、原は「前線に力を溜めていてほしいというのが狙いだと思う。いいパターンが出てくればはまるが、まだ1回だけなのでそこまでしっくりきているかは分からない。やり続けないといい面も悪い面も出てこないし、1回でいいことが起きるチーム状況ではない」と継続することの必要性を説く。

システム変更という変化は多くの選手にチャンスを与える可能性があり、試合出場機会が少なかった選手たちも練習から積極アピール。池元友樹は「ゴールに向かうプレーを増やさないといけない。自分からアクションを起こしてボールを引き出したい」と話し、市川恵多は「攻撃に厚みが増した。(風間)宏希くんや(花井)聖くんが前に供給しやすくなったと思う」と4-3-3の利点にも言及した。

今節は順位の近い相手との対戦。原一樹は改めてこう宣言した。「点を取れていることはポジティブに捉えているが、勝つためにもう1点取りたい」。ゴールを貪欲に狙う原の意気と、システム変更という作用を融合し試合を動かしたい。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J2リーグ 第17節
6月8日(水)19:00KO 本城
ギラヴァンツ北九州 vs ザスパクサツ群馬

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報