【愛媛 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:“ファイター”となった小島秀仁がチームの戦う旗印になる

2016年6月11日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------


「自分が成長した姿を見せられれば嬉しい」(小島秀仁)
古巣でもある今節の対戦相手・徳島に対し、タフさを増した姿を見せることが勝利へ近づく一歩となる。ただ、今節は単なる小島の古巣戦ではない。愛媛と徳島、両チームのプライドが激突する絶対に負けられない戦い“四国ダービー”を迎える。
「前半からガンガン行って、疲れたら別の選手に代われば良いこと。愛媛はセーブしながらやるようなチームじゃない。どれだけ強い気持ちを保てるか」。そう小島が話すように今節においては技術的な面よりも戦う姿勢がより求められる。両チームともに[3-4-2-1]のシステムを採用したミラーゲームになるため、1対1の局面は必然的に多くなる。球際の争いは激しいものになるはずだが、そこで必要になるのは小手先の技術ではなく、戦う気持ちの強さだ。

そんな戦う姿勢を見せるという点において小島はチームの旗印になるつもりだ。かつては攻撃面でのセンスばかりが注目された小島だが、昨季夏に愛媛に加入し、必然的にチーム全員の守備とハードワークが求められる中、小島はそれに見事に順応。日増しにタフさを増すことで、いつしか彼は“ファイター”になっていた。今季はチームの副キャプテンにも任命され、強い責任感も芽生え、心身ともに充実のときを迎えようとしている。
古巣・徳島の前に立ちはだかる大きな壁として小島が躍動すれば、その時チームはポジティブな成果を得ているはずだ。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
6月12日(日)19:00KO ニンスタ
愛媛FC vs 徳島ヴォルティス
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集